bon appétit

風景とかの写真、趣味のこととか何気ない日々の出来事ばかいとるばい★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金鱗湖 ①

2016-06-12 | 観光・名所 ━ 大分県
所在地: 大分県由布市(Map: 33.266663, 131.369141)

駐車場: あり




この鳥居は、佛山寺の鳥居だったそうで、廃仏毀釈の折、佛山寺の鳥居を金鱗湖に移したのだとか・・・

地震の影響なのか鳥居が壊れてしまってた。











面積は0.8ヘクタール、周囲約400メートル、水深は約2メートル。

池底から温泉と清水が湧き出ているとともに、5つの河川が流入しており、その中には約30℃の温泉水が流れる河川もある。
その温度差のために秋から冬にかけての早朝には池面から霧が立ち上る幻想的な光景が見られる。
また、その霧が、由布院盆地名物の朝霧の源であるとも言われる。
この景色はお盆に霧が乗ってるように見えることから「霧盆」と呼ばれ、湯布院を代表する風物となっている。

この池は、由布岳の麓にあることからかつては「岳下(たけもと)の池」、「岳ん下ん池」と呼ばれていたが、1884年(明治17年)に儒学者の毛利空桑が、魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたと伝えられている。
また、由布院盆地は古くは大きな湖であり、金鱗湖はその名残であるとの言い伝えがある。
かつては数倍の広さがあったが、数度の地震による山崩れで埋没したために、現在のように狭く浅くなったとも言われる。

この池には、フナ、コイ、ハヤのほか、外来魚のティラピア、グッピー等が生息している。
また、この池付近の水路には、絶滅危惧I類(環境省レッドリスト)に指定されている貝類のオンセンミズゴマツボが生息している。
wikipediaより)

Comment   この記事についてブログを書く
« 蝉が鳴き始めました | TOP | 金鱗湖 ② »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。