座敷わらし犬とうさぎガーデン

ガーデニング・手作りリース・菜園・季節の花・座敷わらし犬の毎日・犬連れ旅・お散歩

クリスマスリースの作り方(2)応用編

2011-11-23 14:42:33 | 手作りリース

 

雨はお昼になってようやく上がりましたが、
曇り空さぎガーデン南の庭です

クリスマスホーリーの実が色づいています。
まだ真っ赤にはなっていないので、
お天気の良い日にまたご紹介します。

今日は先日ご紹介した
「クリスマスリースの作り方(1)基本編」
続きです。
基本の作り方をもとにして
もう少し複雑なもの(でも、そんなに難しくは
ありません)をご紹介します。

用意したのはうさぎガーデンブルーアイス
葉と木の実です。
左から、ローズヒップナンキンハゼの実、
ヤシャブシシャリンバイです。

この手袋は、ホームセンターなどで売っている
「選果用」の手袋です。下が手のひら側。
上は手の甲の側で、甲の部分が少し薄くなって
いて伸びるので細かい作業がしやすいです。
木の枝や葉を扱うのでどうしても手が荒れたり、
ヤニなどでべたべたになってやりにくいので、
うさぎはいつもこの手袋を使って作っています。
軍手は網目がひっかかってしまうので、
適しません。

左のようなブルーアイスの葉を右側のように
下の方を少し落して束ねやすくします。
葉は、(1)でご説明したように
基本的には何でもよいのです。

前回は一種類の葉っぱのみで束を作りましたが、
今回はそれに、木の実を混ぜて束を作ります。

混ぜ方は、一種類だけでもいいし、
全部の木の実を混ぜてもかまいません。

作るリースの大きさや、集めた木の実の量、
またリースのデザインなどによって
自分の好みのひと束を作ってくださいね。

あとは、前回の(1)でご紹介した作り方と
全く同じです。
木の実を混ぜた束を順番に前のワイヤーを
巻いたところを隠すように
リース台につけていきます。

うさぎは、全体のバランスを見ながら、
作りながら適当に木の実を混ぜていきますが、
初めての方は、たとえば、ヤシャブシの
入ったものを巻きつけたら、次はナンキンハゼ
の入ったものと、いうふうに、ご自分で順番を
決めてつけていったほうが、バランス良く
できるかもしれません。

(1)の基本の作り方に木の実を
混ぜるとこんな感じになります。
この、モサモサした感じもそれはそれで自然で
よいのですが、今日はここで歪みを直したり、
余分な葉をカットして形を少し整えます。

すっきりした感じになりました。
ブルーアイスなどのコニファー類
葉が弾力があって、少々形を手直ししたり
しても折れにくくリースにおすすめの素材です。
特にブルーアイスは形がふんわりできますので、
初めての方向きです。

これで出来上がりではありません。
続きをご紹介する前に・・・

 

 提げ手の付け方

リース作りによく使うワイヤー。
フラワーアレンジメントなどに使うワイヤーで
手芸品店などにあります。
番号が大きいものほど細くなっています。
うさぎは提げ手には22番か24番くらいの
ものを使っています。
あまり太いものは硬くて曲げにくいです。
葉っぱがついているとわかりにくいので、
何もつけていないリース台を使って
ご説明します。

しっかり動かないように、
上のようにワイヤーをねじって・・

ねじったところを倒して広げます。

出来上がり。
先につけておいてもよいのですが、リースが
出来上がってから全体のバランスを見て
つける場所を決めた方がよいです。
その理由はまたあとで出てきます。

 後付けの飾りの付け方

松ぼっくりは、松かさの部分にワイヤーを
巻きつけて後ろでしっかり結びます。
30番くらいの細いワイヤーでないと
結ぶことができません。

左から、金柑、姫りんご、シャリンバイ、
松ぼっくりです。金柑と姫りんごは
少し太いワイヤーを使っています。

このようにリース台の後ろ側で結んだり、
太いワイヤーはねじって留めつけます。
葉の間に指を通して隙間を探り、リース台に
緩まないようにしっかりとりつけます。

上から見たところ。

金柑のように小さくてリースの葉の中に
埋もれてしまうようなものは、ワイヤーを
ねじって少し立ち上げます。



他のパーツとおおよその高さを揃えると
出来上がりがきれいです。

 

それではここで、もうひとつ、庭の
ブルーアイスとクリスマスホーリーで作った
リースをご紹介します。

ブルーアイスの葉だけの束を二つつけて・・・

次は、それと同じくらいの量の
クリスマスホーリーをワイヤーで巻いて
留めつけます。

材料があまりたくさんない時は
これだけでもいいんです。
ちょっとリボンを仮置きしてみました。↓

これだけでも十分素敵なクリスマスリースです。

 

さて、続きを作ります。

ヤシャブシを入れた束もつけてみると
こんな感じに↓



あれっ、なんかバランスが悪いですね。 
いえ、いいんです。
先ほどご紹介したやり方で
姫りんごリボンをつけると・・・



いかがでしょうか?可愛くなったでしょう。 
もっと華やかにしたければこれにさらに
もう少し小さめの姫りんごや松ぼっくりなどを
プラスします。

作っているうちに感覚が鈍ってずれてきたり、
自然のものを使うのでどうしても均等には
できない部分ができてしまいます。
後付けのパーツや提げ手やリボンは、
そのような部分につけます。
つまり、ボロ隠しにもなると言うわけです(笑)
また、あとからワイヤーをかけますので
補強にもなります。

同じようにして先ほどのブルーアイスと
木の実のリースに松ぼっくりをプラスすると・・・

ずいぶん賑やかになりました。
既成のオーナメントなどを使わなくても
自然のものだけでもこんなに華やかになります。

このようにして、基本のものと後付けとを
組み合わせれば、自分の好きなデザインの
リースを作ることができます。
皆さんもどうぞ個性的なリースを
作ってみてくださいね。

 

 リボンによって変わる印象

最後はリボンで決まります。

上ふたつは、お馴染みの感じのクリスマスカラーのリボン。

このちょっと和風の感じのリボン(輸入品の
ようですが)をつければお正月のリースにも
なりそう。

でも、うさぎはこのモスグリーンにゴールドの
ストライプのシックなリボンが気に入ったので、
これをつけてみます。

出来上がりです。
いかがでしょうか?

 

 

長くなってしまったので、リボンの作り方
    については、「リボンの作り方」
  「クリスマスリースのリボンの作り方」などで、
   ネット検索するといろいろ出てきますので、
   そちらを参考になさってくださいね。

他に細かい部分などでご不明の点など
    ありましたら、どうぞご遠慮なく
    おたずねください。
    ブログでご説明するのは難しいですが、
    できる限り載せていきたいと思います。

 

ランキングに参加 
赤い矢印の下の画像をクリックお願いします★
           

こちらもクリックお願いします★
             
         
また明日も遊びに来てくださいね~   

★クリスマスリース、ユーカリ 、
  ローズマリー、唐辛子、月桂樹、
  ミモザ、アナベルなど庭の植物で作る
  リースと可愛い小物は
  カテゴリー「手作りリース」
  ご紹介しています。 


コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋のお散歩 | トップ | トホホの鹿屋紫 »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (mitsueba-ba2)
2011-11-23 15:30:29
豪華なリースが、出来上がりましたね♪
どれも素敵です!
葉っぱや実やリボンで随分変わりますね!!

我が家のクリスマスホーリー、随分実が赤くなって来ました。
去年は、鳥に全部食べられました(笑)

明日は、ドライのリースの一日講習へ行って来ます。
八ヶ岳のドライフラワーを使って作るそうです♪
楽しみです。
Unknown (るな)
2011-11-23 20:26:06
自分で作る様子を写真に撮って、
それを説明するの、
思っているよりずっと大変ですよね。
ていねいな説明、とても分かりやすかったです。
ありがとうございます。
ワイヤーの説明も。
うさぎさん、
リースってどうしてこんなに心ひかれるのでしょうね。
不思議だけど、ついつい見とれてしまいます。
Unknown (チーちゃん)
2011-11-24 10:22:00
こんにちは♪
毎年、うさぎさんが作られるリースを
楽しみにしているんです。
ステキですね~
お疲れ様♪ (etuko)
2011-11-24 11:10:07
うさぎさんがどんなにリース作りが好きなのかよ~く伝わりました(笑)
私もグリーンのリボンが良いと思います(*^-^*)
以前 京都に15年ほど住んでいて、その頃京都市植物園に散策がてら木の実を拾いに行ったものです。植物園は木の実の穴場ですよ♪珍しい木がたくさんあってその木の実もなかなかお目に掛れないものばかり。石川に越して来るときたくさん採って来ました。だから私の作るリースはドライがメインなのかもしれません
あの頃は庭も無くて(お金はもちろん無い 今も無い!) お宝が落ちている植物園は大のお気に入りでした♥

うさぎさん、リースの横にマイルドセブンを置いて下さい♪大きさが分かるように… 大笑い
ありがとうございます。 (幸)
2011-11-24 16:35:42
とても丁寧に紹介していただき私の様な初心者にも何だか作れそうな気がしてきました^^

ブルーアイス、とても美しい木なのですね。初めて見た様な気がしますが・・クリスマスの寄せ植えに使ってました。  ← 大きさが30cmしかありませんので使えませんね^^;
これって地植えにしたら大きくなるのかな・・?

周りを見渡しますと、杉、檜、松しかありませんTT
10日間くらいは飾りたいと思っていますが、葉がばらけたり変色したりしないのか・・・本日杉の葉をカットし調べてみる事にしました^^

木の実がいっぱいのリース、素敵ですね~^^v リボンも明るい色、渋い色どちらを使っても合いますね。 こうして拝見するとリボンってとても大事だと分かります。。 

周りを見渡しても木の実なしTT ドングリなら売るほどあるのですが・・
でもね、クリスマスホーリーは我が家にもあるのですぅ~♪♪ クリスマスホーリーだけでリースを作ろうかなぁなどと考えていたところです^^ ← これも何日くらい葉&実が持つのかお調べ中。。

今週中は何かと用事が入っており毎日ぱたぱたしています。来週になったら試作品を作ってみようかなと^^ 分からない点が出て来ましたらまたご相談させてくださいね。宜しくお願いしま~す。
Unknown (con_leche)
2011-11-24 17:00:02
ステキなリースができましたね。
リボンで、かわいらしくもシックな雰囲気にもなって、ホントにセンスのいいリースだと思います。これがぜーんぶ自然のもので、しかも大半がご自分の家の庭の出身って、すごいことですよね。

手先のまるで駄目なconは、ため息をついて
拝見しておりまーす。(笑)


かわいい~ゴージャス (きつね)
2011-11-24 17:57:40
こんなリースが玄関ドアにかかっていたら
すてきでしょうねぇ~^^(我が家はその前に掃除・・^^;)

来月には元気になっていたいきつね。今年の目標の閉めはクリスマスリースです。

できるかな~できるかなぁ~♪

この歌知っていたらお年がばれます。^m^

カタツムリの歩みのごとききつねでございます。片付け繰る前に汚れる我が家。。。
なんでじゃ???(TT)
家政婦さんがほしいと切に願うこのごろです。

しょうちゃん。お久しぶり~今日ももふっとかわかぁ~^^
見てないところから全部堪能してきたしてきたきつねです^^
Unknown (にあ)
2011-11-24 22:36:26
うわあ・・・

丁寧にありがとうございます
作ってみたいなあ♪
★(mitsueba-ba2) さんへ★ (うさぎ)
2011-11-25 11:49:36
クリスマスホーリー二は鳥がよくやってきますね。もう少し寒くなってエサが少なくなってくるとうちにも大きな鳥(名前がわかりません)が毎日のように来ます。

八ヶ岳ですか。いいですね。お花のドライは家ではきれいにできないし、このあたりではドライになるようなお花もなかなか手に入らないんですよ。
リースできたらぜひブログでアップしてくださいね。
★ (るな) さんへ★ (うさぎ)
2011-11-25 11:58:10
いつも深く考えずに何となく作っているので、
説明は難しいですね。
作ってしまってから、あっ、ここのところは、これではきっと初めての人にはわからないとか気付いて、また、ほどいて写真を撮り直したり・・・。
るなさんも体調が大丈夫なら作ってみてくださいね。

小さな輪っかの中に森や野原や畑や・・それに作る人の思いなんかも閉じ込めていくからかも。
リース作りは編み物なんかにも少し似ている気がします(私はほとんどできませんが)。
思いと書きましたが、精神状態がよくないときれいにできなかったりします。何も考えずに淡々と植物の取り合わせだけを考えながら作っていった時の方がよいものができるような気がするんですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

手作りリース」カテゴリの最新記事