座敷わらし犬とうさぎガーデン

カテゴリー『不思議な出会い』・・・で結ばれた三人?の毎日を写真と共に綴ります。うさぎの趣味の庭作りや家庭菜園もご紹介。

身近な植物でリースを作る<草のリース>

2014-06-28 06:55:14 | 手作りリース

梅雨に入って雨の日が増え、野の草たちも
一気に茂り始めました。
庭の雑草もですけどね~
いつも素敵な野の草のリースを
ご紹介いただいているブログのお友達、
norikoさんからまた、お写真を
送っていただきました。

左からカモガヤノゲイヌムギ
ヒロハウシノケグサだそうです。

この草たちを使って素敵なリースを
作ってくださいました。

リースの材料がないとお嘆きの方、
雨が上がったら野原に行ってみませんか。
どこにでもあるこんな野の草たちでも
リースは作ることができます。 

norikoさんのリースはこちらの過去記事でも
ご紹介しています。

「野の草をリースに<nirokoさんのリース>」 

「雨のうさぎガーデンと猫じゃらしのリース」 

 

                     ◆ ◆ ◆
 

以前、norikoさんに、カヤツリグサでも
リースが作れると教えていただいていましたので、
先日、お散歩に行った時に採ってきました。 

何か他の植物も合わせたいと思って、
うさぎガーデンで材料を探します。

今の時期はローズマリーの緑が
生き生きとしていてきれいですが、
乾燥するとどちらも茶色になってしまうので、
何か色の違う葉はないかと・・・ 

シロタエギク

サントリナ・グレイ

カレープラント 左はダルマギク

ブルーアイスは使いやすいけど、やっぱり・・・

草には草のほうがいいかなと・・・  
タイムとも合わせてみました。
実際にそばに置いてみると感じが
よくわかります。楽しい時間です。

いろいろ迷って選んだのは結局・・・

使い慣れているサントリナでした。

シランの実も入れることにしました。
ちょうどこれくらいのまだ緑が
残っている頃が採り時です。
後になると、虫が入っていることが多くなります。
上が白花、下が赤花シランの実。ドライにします。
赤花(ピンク)と白花では茎の色が
こんなに違うのですね。
何年も植えているのに今頃気づきました。 

 

                         ◆ ◆ ◆

 

どれを合わせるか散々迷ったうさぎですが、
えいっ、全部使っちゃえ!と・・・
(思われたかどうかはわかりませんが)
種類の違うたくさんのお庭の植物を使って、
同じくブログのお友達、すみれママさんは、
こんな素敵なリースを作られました。

すみれママさん作

一番上には最初の写真のカモガヤも見えます。
ラムズイヤーオレガノケントビューティー
ラベンダー、サントリナなど、
いろいろな植物が使われていますよ。何種類あるかな?
ガーデニングがますます楽しくなるリースですね。

               

          ◆ ◆ ◆

 

うさぎの作ったリースはこちらです。                     

すぐに作らなかったので、葉先が黄色くなって
しまっていましたが、そのうちみんな茶色に
なるので、そのまま作りました。
サントリナ、シランの実、
ヤシャブシの実を入れています。

ひゅっと伸びた長い葉を目立たせたリースですが、
もっと実を主役にしたものも作りたいと
もう一個作り始めたのですが、残念、
数が足りなくなりました。
2、3日 放っておいた間にかなり傷んでしまって
使えないものがだいぶあったものですから。
水につけておいたのがいけなかったみたいで、
そのままドライでおいておいたほうが
よかったようです。
また採ってきて作りたいと思います。

もし、作られる時は、花穂が茶色になる前の
できるだけ緑色のもので作ってくださいね。 
5月にご紹介した「ギシギシのリース」も、
緑色のは大丈夫でしたが、採った時にすでに変色
していたものは、後でボロボロ落ちてしまいました。

 

リースの作り方と、
その他のいろいろなうさぎのリースは
カテゴリー「手作りリース」でご紹介しています。

 

今日は素朴な野の草と庭の植物で作った
リースをご紹介しました。
市販の豪華なリースとはまた違った良さ、
楽しさ
を感じていただければ幸いです。

※ norikoさん、すみれママさん、
           ありがとうございました。 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

雨上がりのうさぎガーデンでは、
ゼフィランサスが咲いています。

乾燥の後に雨が降って球根が潤うと
花をわっと咲かせる傾向があるので、
レインリリーとも呼ばれるそうです。
ヒガンバナ科、タマスダレ属の多年草。
これはサフランモドキという園芸種で
ないかと思いますが、江戸時代末期から
明治時代初期に渡来して、
あちこちで野生化
しているそうです。
あ、そうそう、
これもそんな道端苗でした。

レインリリーの名前の通り、
ほんとにいつも雨の後に咲く不思議なお花です。

 

 < 今日のちゃん >

姿が見えないと思ったら、
座布団4段重ねの上にいました。
照明が暗くて設定がうまくいかず、
なんども カメラを向けたものですから、
ちょっとご機嫌斜めのちゃんです。                    

 

ランキングに参加 応援お願いします!

   
 
    
 にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ       

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 赤くてもブラックベリー | トップ | ハイテンション »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (mitsueba-ba2)
2014-06-28 15:26:31
野に咲く草で自然なリースが出来ましたね!
誰でも作ろうと思えば作れますね。

ゼフィランサス、ピンクも有るんですね!
我が家は白です。

正ちゃん、座布団4段重ねの上でしたか!
ここでお昼寝したのかな?

Unknown (noriko)
2014-06-28 20:39:55
いや~何だかお恥ずかしいですが、ありがとうございます。
すみれママさん、うさぎさんのリースどちらも素敵ですね!
お二人のリースに比べたら私のリースなんて超初心者で恥ずかしいです。

ラムズイヤーのリース私も作りたくて頑張って育ててます!

こらからまた草がボーボー(笑)伸びてくるので楽しみですね!
Unknown (すみれママ)
2014-06-28 23:26:55
私のリースも載せていただいてありがとうございます。恥ずかしいですけれど…。
norikoさんとうさぎさんのリース、このような自然の動きがあるのは私も好きで、玄関ドアに飾りたくなりますね。
どちらもとてもステキです。
私も動きのあるリースを作ってみようと思います。

レインリリーのこのピンク、とてもかわいい色です!
ピンク花とシルバーリーフの組み合わせが大好きなことに私は今ごろ気づきました~。

殿、寝心地はいかがでしょうかー?

★ (mitsueba-ba2)さんへ★ (うさぎ)
2014-06-29 11:01:37
まあ、そうなんですが、実際に作られる方は少ないと思います。
やはり地味?ですし、きっと草をたくさん集めるのがめんどうだと思われると思います(笑)
以前、材料が私が作っているリースのように、たくさん手に入らないというコメントをいただいたのが、こういうものをご紹介するようになったきっかけなんですけど。

昔は白がほとんどだったような・・・。このピンクは最近道端でよく見かけます。

こういうふわふわの上で寝るのが好きなんですよ。
★ (noriko)さんへ★ (うさぎ)
2014-06-29 11:08:27
いつも素敵なものを紹介してくださってありがとうございます。
超初心者だなんてそんなことないですよ。
norikoさんのリースがきっかけで名も知らない野の草にも目を向けるようになり、お散歩の楽しみが増えました。
野草の名前もずいぶん教えていただきましたよね。

ラムズイヤーは、今のところまだ大丈夫なんですが、こちらではこれから先、夏場にダメになることが多いです。そちらの気候のほうが合っているかもしれません。

草は敷地の外でだけ伸びてほしいです(笑)
★ (すみれママ)さんへ★ (うさぎ)
2014-06-29 11:26:50
すみれママさんらしい素敵な作品だと感心しました。私などは普通、これだけの種類を使おうという発想がまずなく、また、それらをこんなにうまくまとめることもできません。色合いもいいですよね。やっぱりセンスがいいんですよ~

いつも詰めて作ってしまうので、もっと「動き」のあるものを作りたいと思っているのですが、難しいですね。
つい、内職のように(笑)黙々と繰り返してしまいます。なので、すみれママさんの自由で個性的な作品にはいつも心動かされます。

ガーデニングではピンクは子供の色?のように敬遠されているような気がしますが、シルバーと合わせるとそうでもないですよね。って、意図してそうしたんではなくて、偶然ですけど(笑)

うちのお殿様は、ほんとに手がかからないお殿様なんですが、それよりその家来のほうが手がかかって大変なんですよ~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

手作りリース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事