古物商  showa 土花亭

          効率性や利便性だけで埋め尽くされた今の時代。少しだけ時計の針をゆっくりと進めてみませんか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

精工舎コロナ系プラコメットの修理再生

2021年06月16日 | 時計

最近、精工舎のプラ系の「コメット」が高騰しているようで、日本初のテレビCMに登場した「フラワー」に至っては

「¥5万円」以上の高値をつけているようです。精工舎コメットフラワー(ピンク系)/昭和26年

今回はその「フラワー」より後に登場した多分、精工舎のコメットでは最小となる「プラコメット」が不動状態で入庫。

早速、修理再生作業に入る。。。

運よくゼンマイは切れておらず髭の状態も良好のため、清掃と調整と注油で蘇ってくれた。

以前にもご紹介した「精工舎コロナ系プラコメット 移植手術」「精工舎コロナ系プラコメット/昭和30年代・販売」の

色違い、「グリーン」の可愛いプラコメット。

ほぼムーブメントの大きさしかない時計。各ゼンマイ巻きやノブ類はオリジナルを保っています。

横からは曲面ガラスがよく分かるデザイン。

基本的に精工舎のプラコメットについては「非売品」扱いとなります。

精工舎コロナ系プラコメット(グリーン)/昭和30年代: 「非売品」

 

  ←ランキングへどうぞ♪


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« コカ・コーラ チェーン付ミニボトル | トップ | ナショナル・デジタルクロック ラジオ RC-70... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時計」カテゴリの最新記事