"bokuttenani - ぼくってなに" هيا بِنَا الى الاحلامات

que sais-je
“僕らしくなくても僕は僕なんだ 君らしくなくても君は君なんだ” 【ハイロウズのNo.1】

フィルター、色眼鏡、言葉、目に見える世界、秩序

2019-10-20 11:17:45 | mundus - world - 世界
「かーねるーびーねるばーねるーくーねるーこーねるかーねるー」
これは私が子供の時にオリンピックで金メダルを取ったのカールルイスのインタビュー物真似していた時の「言葉」です。


============================
鍋は鍋(料理の道具)にしか見えないし、靴は靴(履いて歩くもの)にしか見えないし、植木鉢は植木鉢 にしか見えないし、じゃがいもをみたらビタミンCがどうとか芽に毒があるとかちゃんと茹でないと固くて気持ち悪いとか、そんなことしか思い浮かばない。何も知らなかった頃には戻れない。自分の中に知識と情報がたくさんたまって、秩序やシステムや論理や法則は全部、外の世界じゃなくて、自分の中に構築されていく。構築されればされるほど、見える世界はどんどん窮屈で、お決まりで、当たり前で、全てが「なにかの目的のための決まった用途を持った道具」みたいに見えてくる。

それはつまらないし、つまらないじゃなくて迷惑なので。だって、自分の価値観やシステムを適用して、物事や他者を評価して、避難したり断罪するなんて最悪じゃないですか。だけど、忙しくなったり色んなプレッシャー(そんなの妄想かもしれないのに)に押されたりして、余裕がなくなると、「もう面倒くさいから俺のルールでいいや。俺の価値観でいいや!えいや!」ってなっちゃうんだなー私は。ごめんなさい。

ので、頭を空っぽにして、心を空っぽにしたら、赤ん坊のような心で物事を感じることができるでしょうか?

フィルター
色眼鏡
先入観
固定観念



言語は面白いよね。日本語でも外国語でも、それを理解できなかったときに聞いていたものは、もう聞けないのかなー。その響きはどんなだったっけ?


「かーねるーびーねるばーねるーくーねるーこーねるかーねるー」

これは私が子供の時にオリンピックで金メダルを取ったのカールルイスのインタビュー物真似していた時の「言葉」です。もはや擬音語ですね。英語だけど、ただの「音」しかなかった頃。それでも、人間の喉から出てくる音なのでやっぱり雨音や風の音とは違う。
コメント   この記事についてブログを書く
« 表現への情熱 ー 文字と言葉 | トップ | 言葉と心:表面と内面:表れ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

mundus - world - 世界」カテゴリの最新記事