"bokuttenani - ぼくってなに" هيا بنا إلى الاحلامات

"判断留保"
“僕らしくなくても僕は僕なんだ 君らしくなくても君は君なんだ” 【ハイロウズのNo.1】

言葉の壁、わからないもの・わからないことへの苛立ち

2020-02-05 03:33:46 | homo - 人間
自分がこんなに怒りっぽくて、気の小さい人間だとは。

ヨルダンの障害児施設で活動中。
サッカーをしている時のこと、生徒が少し乱暴すぎると感じたので、一旦落ち着かせようとして、手を引いた。
ちょっと、激しすぎるとおれは思ったから。
そしたら、生徒が怒ってしまった。

言葉で言っても伝わらず(言いたいことも十分に表現できてさえいない)
生徒が言ってることも完全には理解できず。
生徒はすごい怒っていて、それに対して、おれは何を怒っているのかも完全に理解できていないのに、
自分が激昂してしまった。

日ごろの色んなイライラを全て、その一人の生徒の振る舞いに対して、発散してしまった気もする。
道端で投げかけられる言葉や、郵便局で「コロナ」保菌者扱いされたり、
同僚にさえ、「あなたは日本人か中国人か?」ってもう、一年以上一緒に働いているのに聞かれたり
タクシーの運転手に毎日毎日絡まれたり、

ちょっと、いやかなり、もっと、寛容にならなければ
寛容になりたい
広い心、必要

反応しない心
落ち着いた心
気にしない心





言いたいことを表現しきれない
相手の言ってることがわからない
こいつは、結構な重大なことで、
「わからない」ということがネガティブな気持ちを増幅してしまう
「わからない」ものを「わからない」ままにせずに、ネガティブな方向に妄想して暴走させてしまう。
自分の感情が暴走。



大人同士の、国家同士の喧嘩もこんな風に起こってんじゃないかとか、思う。
相手の思いがわからないと、
お互いの思いを理解し合わないと、
理解できなくても、尊重し合わないと

大変だ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「いまじん 想像する」 言... | トップ | 判断しないこと・思考を一旦... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

homo - 人間」カテゴリの最新記事