"bokuttenani - ぼくってなに" هيا بنا إلى الاحلامات

"判断留保"
“僕らしくなくても僕は僕なんだ 君らしくなくても君は君なんだ” 【ハイロウズのNo.1】

目は文字を解するためでなく 耳は言葉を解するためでなく

2020-01-28 17:09:48 | biota

目は、視覚は、文字を解釈するためじゃない
耳は、聴覚は、言葉を理解するためじゃない
手は、文字を綴ったり楽器を奏でたりするだけではないし、
鼻や舌は、料理や紅茶の香りを楽しむだけでもない

人の体験や思考を通過した後の二次的、三次的な情報
手っ取り早い知識をすぐに求めてしまうけど
音楽とか言語とか
科学とか心理学とか

だけどもっと原始的な体験がある
思考が入り込む前の
知識が入り込む前の

言葉にすると「光」とか「あったかさ」とか「心地良さ」とか
「痛み」とか「気持ち悪い」とか・・・・・・なっちゃうけど

それらを言葉や知識のフィルターを通さないで感じたらもっと素敵
感覚や体験を、生物学的な意味合いの中や人間的な物語の中で感じなくてもいいんだ

世界は言葉になる前の
言葉を知る前の
もっと「原始的な体験」から始まっている
自分の、自分だけの ほんもの の体験から
生を始めたい
コメント   この記事についてブログを書く
« いきものたちの世界と人間た... | トップ | 「いまじん 想像する」 言... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

biota」カテゴリの最新記事