くまおのメモ帳どこだ

小さなことからこつこつと落書き。

やりすぎ油

2018年05月30日 | 取り寄せ

わしの考えは

音は衝撃、パワーが使われているのだから抵抗になってるんじゃないのか?と。

チェーンの音ね、だからぬるっとして音が消えるほどいい。とおもうよね

セラミックスピードの実験では、音がしようがそれでも抵抗は減ったそうだよ。

黒ゴマタンタンメンチャーシューまし

コメント

筋肉2

2018年05月29日 | 日記

運動すればきっと治るんじゃないかと

こぐ筋肉とは違うところがひどく痛い、脛のわきふくらはぎだ。


つらいので短く

二日目がピーク、ここから回復するんだろ?あえて破壊を重ねるといいのだろうか

 

 

コメント

筋肉1

2018年05月28日 | ロードバイク

虹の湖翌日、ひどい筋肉痛。というかけがだなこりゃ

それでも動いた方が治り速いかなとシクロで朝散歩

振動が痛い

見つめ合う

我慢できず買ってしまった、ご飯代わりにすれば大丈夫だろう。

コメント

2018虹の湖デュアスロン

2018年05月27日 | レース

 何年振りかで出場だ、最初はとにかくTTをやりたくて出たわけだな。

そして今回もTTをメインに出るのだ、当時距離30㎞1時間切りも珍しかったのでが出場者のレベルも上がり1時間切りが当たり前となっている様子。

例年蔵王と被ってて出れなかったのだけれど今年はずれてくれたので出れる、人気の大会で募集増やして80名だけどすぐ埋まってしまうのだ。

今回の装備

若干手抜き感、ステム下げるのが面倒なのでそのままにバーを、サドルはUCIとか関係ないので実験的にノーマルサドルをがっつり前目にセット。

まっ平サドルだと穴が下がるので若干沿ってるやつ、座面が広いので前後に移動ができる。これで使う筋肉を変更できるんじゃないかと期待。

フロントはこんな時の御器所、のぼり基調折り返して下り基調30㎞だ。

ゼッケンはサドル下がいいよ、ここにつけるとバタついてひざザクっと切れるから。痛い

 第一ラン5㎞バイク30㎞第2ラン3㎞だ、けど第2ランは高低差100mのゲキサカ上り下りだ。ひざ壊れる

幸いわしはタイムトライアル部門のみエントリーなので関係ない(そんなものはない)

駐車スペースは狭いがさほど苦労しない、皆協調して止める。にもつを置いてくま母子は2㎞ほど離れた道の駅虹の湖へ。

結構な遊び場があるのでここで時間稼ぎするのだ。結果的に15分ほどで飽きたようだが…

ローラーが渋くて滑らないらしいよ、油さしに行こうかな

 一緒に遊ぶ子がほかにいればもっといたかな

 レース

ラン練習はもちろんやっていない、やっといた方がケガしなくていいのはもちろんではあるが。

アップも時間的になしだったがランがアップだ、のんびり行こう。

スタート!!!なぜか2列目startのやる気、先頭集団ぎみでいくが・・・ちょっとやばいかな?

と、くまこに『はやすぎ!』と言われ我に返る、確かにこのペースで行けるわけない。

トップ集団から降りて足の合う人を探しつつ進む、確かに越されてく人らがわしよりラン速い人ばかりだった。前にいすぎたな

ダメージにならないくらいのペースで行く、折り返して残り上り200mというところでトップのバイクとすれ違う。よくて3分差ってところか

八戸の高校生の様子、この感じなら追いつくかな?

理想はランで40位くらい~バイクで越しまくり1位で帰ってきてびっくりだ~貯金を切り崩しながら歩いて入賞だ。バイクパート1位は必須

第一ランは平坦5㎞29:20!38位!

で、バイクを行く。KRHRさんもボランティアで誘導インしててくれた、ここは1位で帰ってきてびっくりさせたいところ。

ちょいゆる追い風だろうか、時間的に十和田湖へ向かう車のほうが多い。いいぞもっと来い

時間無くて動画はなしだ。途中チーム員A氏を抜く、まだまだだな。

折り返しまであと3分ほどというところでトップとすれ違う、むむ!行けるんじゃ?

折り返して、今年はチェーントラブルもなく。プーリーもおれず

アウターで走りきれたので成長はしてたようだ。

下り基調の復路をぶっ飛ばす、ふくらはぎがぴきっと来そうな気もしたが何とか。

あと何人いるかわからないが3人か?直線で一人見えたくらいで終了、トランじっしょんには3名か。さすがに越しきれなかったな

せめてランで2分差くらいで走れれば可能性はあるな、1位は高校生ぶっちぎりだな。

で、終われないので仕方ないランに行く。人目のあるところでは走るふりはする。

下り、ひどい下りでひざ壊れる。というか靭帯切れてるので走ると半月板が逝く、下りはまだましだがのぼりのほうがひざ下が前にずれるのでよくない。

歩く、早歩き。

しかし4位か…少し欲も出る。このまま行けたらなぁ、せめてジョグする。きつい

6位まで落ちたところであきらめて歩く、後ろからナゼロソキャプが迫る『あるぐな~』と聞こえる。

・・・・ねたてきに・・・・勝っておきたい、あの人の性格的にここで負ければなお一層トレーニングに励むことだろう。

走りたくないし走れないが頑張って逃げる、10mも走ると足がひどい、走って歩いての繰り返しで結果的にあおる感じになってしまった。

無事先着!よし満足

リザルトは驚きの・・・・年代別5位!年代別があったか!うれしいような微妙なような!

狙ってたバイクは53:57、よし。い

いか悪いかいまいちだが2位の高校生が56:36だから年齢機材考慮してもいい方だろう。ラン捨ててるけど

第二ランは過去30分を記録した気もする、今回は24:52で49位だ

ランを捨てて優勝するにはバイクで1位に13分つければ夢じゃないということだな。

バイクパート140㎞ならなぁ

 賞状かっぱらってった、何もしてないくせに。見てもいない

今年は黒石の高校生らがボランティアで参加してくれてた、ありがたいこと。スタッフもしっかりで相変わらず良い大会。

来年も予定さえ合えば出たいところだ、今はもう走りたくないがね。筋肉断裂だ 

さて・・・前はこの後このまま十和田湖行って自走で帰るなんてやったりしたが、くまたろうもいるし彼は今日暇だったろうからな。なにするか

とりあえず飯、ここいいんだよね。外で食うのがいい、中で食うより味、満足感が3割アップする

 どの品も味よし、サラダも家で食うよりだいぶおいしく食える。おいしいのか雰囲気がそうさせるのか、ドレッシングのおいしさはマジおいしい

ただし!!!これが問題だ、ピザが大人向け、子供で食える子はいいが食えなかった場合の逃げ道カレーだ。

だが!辛い、苦手な人はまず食えないだろうな。わしは好きだがそれでも結構残るからさだ、もちろんくまたろうは微妙

スパイスもちょいこだわりの変わった感じにしててわしはいいのだが、何しろ大多数は既成のルー添加物たっぷりが基本だろうからこだわりのカレーを理解できる子はなかなか

だから・・・バーモントでいいと思うんだ。または岩木屋だ

もっと食いたかったんだがくまたろうの残したカレーが結構な重荷になってきつくなってしまった、持ってきた食品すべてがおいしいよ。

 さて、これで帰るのもな。

白鳥のところでコーシーを飲んで杯を食うのもいいな。アップルパイ甘さ控えめならいいんだが

風もなくすごくいい感じだ・・・のるか・・・

わしも人生で2回目かなというくらい、3人で乗れるんだけどくまこは桟橋歩いて白鳥に近づいただけでアウト。きもいと

わしも若干あったが行くしかない、くまたろうはやる気だ。

乗る、案外いい感じ。波もないので揺られる程度だ、くまたろうは足も届かないのでわしのリカバリーに良い・・・くない、結構重い。

これKSY君のような筋肉マン二人いて4000Wだしたらウイリーしないかな、漫画みたいに。

 雰囲気を味わう、そよ風でいい感じ

 死んだ魚をひろっては湖に返すを繰り返していたよ

 帰ろう、また乗りたいと駄々こねるが案外高いの。また今度な

ある意味祝勝ビール、苦いだけの思い出だったが修正だ凄くよかった。ヴァイツェンがいいのかな

コメント

クマが出るらしい

2018年05月23日 | ロードバイク

まともにくまを見たことはほぼない、走り去る一瞬は見たことあるけど。

タケノコ出てるから競争激しいのだろうな。

ゲット

コメント (2)