福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

脳トレボランティア大作戦@すいようカフェ

2018年02月28日 | すいようカフェ


私は、「脳トレ」という言葉はあまり好きではないので滅多に使わないのですが、今日はみんなが
「のーとれだ!これこそ、脳トレだ!」
と、あまりにも嬉しそうにボランティアをしてくれるので、こういうのは良いかもしれない・・・と思った次第です。

今日は水曜日。
いつものようにすいようカフェでした。
桃の節句を控えて、まかないランチはチラシずしです。
美味しくいただきました。サツマイモの甘辛煮とネギのぬた、お吸い物もついて大満足です。
 

このあと、ゆるゆるといつものように話をしたり、今日2月最終日の28日はRDDという「世界希少・難治性疾患の日」で、支援のための就労施設で焼いたクッキーはいかが?
などと、午後の緩やかな時間を過ごしていました。
  

そこに届いた「さくらさくさくウォークラリー」のチラシ18000枚!
これを自治会単位に仕分けして袋詰めするという壮大な作業が降ってわきました。

常連のすいようカフェのメンバー、初参加のメンバー、そしてまさにこのためにフラリと顔を出してくれたようなことぶき大学のお姉さまがた・・・。
20枚ずつの束を作ることになり、みんなで一斉に作業を始めました。
黙々と数える者もいれば、隣の人に話しかけて邪魔する者あり。
小学校の教室と変わらない光景です。

1枚、2枚、3枚・・・と数えながら手を動かす。
これぞまさに脳トレだ!
それも、自分のためだけではなく世の中の役に立つ脳トレだ!
ということで、あっという間に60以上の自治会に配布するチラシが袋に詰められて、みんなの広場の自慢の棚に並びました。
 

さくらさくさくウォークラリーのお手伝いが、こんな風に出来るなんて驚きです。
当日のボランティアにも手が上がりました。

なんだか嬉しいなあ、心強いなあ・・・と、病み上がりの店主は感無量でございます。
ありがとうございました。

コメント

ことぶき大学 活動団体交流広場

2018年02月20日 | 地域福祉


千葉寺にあるハーモニープラザで、今日は千葉市のことぶき大学の講座「活動団体交流広場」にお邪魔しました。

この会は、ことぶき大学の学生さん(170名)に千葉市内各地で取り組んでいる活動を知っていただき、今後ボランティアなどで関われるところがあれば、参加するよう促すことが主目的ですが、さまざまな取り組みがあること自体を知る事が出来る貴重な機会でもあります。
何と今年初めてのチャレンジなのだそうです。

私は、お知らせブースをいただいて、すいようカフェを中心としたみんなの広場の取り組みについて説明をしました。
 

近くに住んでいて気になっていたんだよとか、どんなボランティアができるの?とか、たくさんの取り組みがあるのね、など意見交換をしながら説明をたくさん聞いていただきました。

学生のみなさんの積極的な質問に、そういえば熊谷市長になってからことぶき大学の見直しで物議をかもしたことを思い出しました。
元気でやる気いっぱいのみなさんが、卒業後はボランティアとして地域に出たり、さらなる学びの場を求めて彷徨ったりとさまざまですが、こんなに活気のあるのは頼もしいことです。

お手伝いに来てくださる、まずはお茶を飲みに行ってみるなど嬉しい約束をいたしました。

そして、個人的にはこんなすいようカフェのような場が、千葉市内にぽつぽつと増えていくといいなあと願っています。

コメント

キンッキンに冷えた日 走ったよ~!

2018年02月19日 | 歴史


おゆみ野四季の道駅伝大会が無事に終了し、我に返ったらまるっと一日が経過していました。
当日の結果は、既に四季の道駅伝のホームページにアップされています。

みんな頑張ったんだね。
大人のみなさんも40人近く走ってくださったのですね。

日曜日は好天。風はないけれど冷たい空気に心底身体が冷えるような日でした。

そんな中で主催者のみなさん、そしてトン汁隊は早朝から準備をしていました。
100食の大鍋を10個作るのですから、この寒さの中、お湯が沸くのにも時間がかかります。

大きな五徳と、カセットコンロを総動員しててきぱき!
ところが、私は体調を崩していて段取りと前日準備で力尽きていました。
   

トン汁準備がうまく回っていることを確認すると、もう帰った方がいいよ!
と言われたにも関わらず、生け垣に座って様子を眺めていました。

実行委員のみなさんが集まり、選手たちも集まり、ウォーミングアップが始まり・・・そして開会式へ。
 

この光景を眺めているのが好きなのです。

案の定、冷え切った身体は効かなくなり、早々に帰宅して
「ほら!だから言わんこっちゃない!」
と、米寿に好き放題言われる人になりました。

そしてようやく少し元気になり、パソコンに立ち向かう気力が出ました。

そうだ、トン汁足りたかな?

コメント

第9回おゆみ野四季の道駅伝大会

2018年02月17日 | 四季の道駅伝



おゆみ野の梅の便りが聞こえ始めたので、ぶらりと冬の道を歩いてみたら、紅梅が燃えるように満開です。
暖かさもあり、春を感じる午前中でした。

明日、2月18日はおゆみ野四季の道駅伝大会です。
四季の道に立っている看板にお気づきのことと思いますが、3校の中学校の美術部が毎年思い思いに作成して、中継点やスタート&ゴール地点に立てています。
これらは冬の道にあるおゆみ野南中学校の美術部作です。

   

車のみなさんにもこんな風に実行委員会のみなさんから、お願いの看板が1か月近く前から設置されました。
 

地域の人たちの「子どもたちに四季の道で駅伝を経験させ続けたい」という思いが、この駅伝大会のあちらこちらに溢れています。

今日は午前中からスポーツ振興会のみなさんや走路担当の方々によって準備が整いました。
明日の参加チームの詳細は、こちらのおゆみ野地区スポーツ振興会が作成している四季の道駅伝大会のHPをご覧ください。

明日は早朝から保護者会のみなさんが受付をしたり、大学生や高校生が誘導を手伝ってくれます。
おなじみの千葉市消防局の有志のみなさんにもご協力をいただきます。

私は今年もトン汁を作ります。
今日の午後は、1000食分の材料を切りました。
  

スポーツ振興会から差し入れられたどら焼きの甘さが体に染み入ります。
 

さあ!みなさん
明日は四季の道の沿道で、子どもたちに声援を送ってください。
有吉中学校前を9時30分にスタートして、春の道を通過し、おゆみ野駅から冬の道を駆け抜けて秋の道ゴールののりくら公園(夏の道)を目指します。
11時半には全員が走り終わる予定です。

ここで、声援された!
子どもたちの思い出の中にそんなシーンが残る街であり続けたいですね。

 
 
コメント

石の上にも三年のみんなの広場

2018年02月08日 | 居場所づくり


2015年6月に、みんなの広場という居場所を持ち、ここをどんな風にしたら街に優しい居場所になるだろうか?
と、試行錯誤を続けてきました。

ほんとうにゆっくり、一人ずつに理解をしていただき、一つずつ活動が生まれ出たように感じています。

2年半が経過して、ようやく「みんなの広場とはこういうところです」というお知らせチラシを作ることが出来ました。

うそ偽りや誇大広告過大評価はありません(つもりです)。
現在行われていることを、正直に並べてみました。


何かを実現したい。
誰かを幸せにしたい。
そう思って動いている人たちって素晴らしいなあ、と感じます。

もちろん、みんなの広場だけではありません。
その他にも、たくさんたくさん、いーっぱい、素敵な活動をしている方々を見ています。

個人で。
チームで。
既存組織で。

形態はどうでもいいと思います。
いざという時に、助け合う信頼関係さえあれば。

引き続き、地道に歩いていこうと思います。
こうしていられることに、ただただ感謝です。


コメント (2)