福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

子どもの手で場がグレードアップ みんなのおもちゃばこ

2017年11月08日 | こどもの参画


この黒板アートは、先週の「みんなのおもちゃばこ」終了後に子どもたちがササッと描いた絵です。
「来週のすいようカフェの看板に使わせて!」
とお願いしたら、すいようカフェ と書き加えてくれました。

水曜日のみんなの広場では、すいようカフェ終了後の3時30分から5時まで、「子ども工作教室みんなのおもちゃばこ」を開催しています。
淑徳大学の学生さんと試行錯誤をしながら工作教室にたどり着き、今では毎回楽しく作品を作っています。

今日は、前もって大人が準備した木の幹に、子どもたちが思い思いに葉をつけて秋色になりました。

  

色を縫ったり、ラミネートに挑戦したりと子どもたちは夢中です。

  

子どもたちが帰った後は、次回の作品研究です。
私も加えていただき、さまざまなアイディアに耳を傾けるのはとても楽しいひと時です。

さて。
来週は「本物の落ち葉」を使って作品を作ることになりました。
私は落ち葉集めを協力します。
この1週間、遊歩道を歩き回って落ち葉を拾います♪

来週「みんなのおもちゃばこ」に参加するお友だちも、お気に入りの落ち葉を見つけたら持ってきてくださいね。
お待ちしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 諦めたらおしまい | トップ | 地域支え合い型通所支援事業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

こどもの参画」カテゴリの最新記事