福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

老後どんな風に住みますか? 対話会報告

2014年07月25日 | 市政
7月18日に対話会を開催しました。
関心のあるテーマなのでしょうか、参加者が大勢で大賑わい。


密なやりとりができませんでしたが課題はいっぱい出てきました。

初めに、高齢者の施設について自立度と経済力度で分類し、自宅以外の住処を抑えました。
具体的な内容について参加者自身からレクチャーなどもありましたが、ほとんどの参加者は自立であることから、施設の話はここまで。
それよりも関心は、
「施設以外の地域資源がどこにどのようにあるのか」
ということでした。

見守り体制はどうなっている?
介護や看護を依頼できる場は?
このように集って気軽に悩みを話せる場は?
往診してくれるお医者さんは?
最期は自分の希望で決めたいが、家族やその周りの親戚の意思次第で変わってしまうのでは?
家をシェアする住まい方については世代間で考え方が違うのでは?
今後はシェアハウスの活用が進むのではないか?
地域で福祉活動をしている小さなグループを市は信用しないのか?
社会福祉協議会がもっと地域で活動をしている人たちに開かれた場にならないか?
etcetc.

おまけに、
「貴女はその年齢の女性議員にしては高齢者施設のことあまり知らないねえ。でも、正直だねえ。」
という、わたくしへのコメントまでいただきました。
変わりゆく介護保険制度も含めて、もうチョット勉強しておきますので、またやりましょう!

午後は、シニアクラブのみなさんとともに、訪問看護ステーションの職員さんからお話を伺いました。


宿題も増え、充実した一日でしたが、さて、どんな風にフィードバックしようかな_φ(・_・
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« まちづくり通信で議会報告 | トップ | 千葉市の未来をつなぐ議会(... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ledonegm10@gmail.com (ledo)
2016-12-10 12:06:26
宿題も増え、充実した一日でしたが、さて、どんな風にフィードバックしようかな_φ

コメントを投稿

市政」カテゴリの最新記事