福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

みんなの広場の水曜日

2018年09月20日 | すいようカフェ


みんなの広場は千葉市緑区おゆみ野3丁目の河野ビルの1階にあります。
みんなの広場は曜日ごとに活動内容が異なります。
みんなの広場の水曜日は、朝から夕方まで多世代の居場所となります。

11時から3時まではランチ会をはさんだカフェというかサロンで、主に平均年齢が高めのみなさんが集まり、午後3時半から夕暮れまでは小学生を中心とした子どもたちが集まります。

前者を「すいようカフェ」といい、後者を「みんなのおもちゃ箱」と名付けて知る人ぞ知る、知らない人は全く知らない場となっています。

先週のみんなのおもちゃ箱では、子どもたちがせっせとメッセージを書いて、ランチョンマットを20枚も作っていました。
それは、すいようカフェのジジババへの敬意の表れであり、敬老の日のプレゼントなのです。
 

今日はもちろん、いつものお盆を取りやめて子どもたちが作成したランチョンマットを使いました。
2枚重ねになっていて、1枚めくるとメッセージが書いてあります。
  

本日の賄いのクリームシチュー、茄子のチーズ焼き、ブロッコリーとベーコン炒め、ゴーヤのお浸し風、グリーンサラダを載せて楽しい昼食の時間となりました。

みなさんどのような反応をされるかな?と思っていたら想像以上に喜んで、メッセージに目を細め、丁寧にたたんで持ち帰られました。
その様子を写真におさめて、みんなのおもちゃ箱の学生さんや子どもたちに見せました。

すいようカフェとみんなおもちゃ箱との入れ替わりの短い時間ですが、高齢者と若者が袖すり合う時間があります。
最近はこの少しの時間に、
「ありがとね」「これ使ってね」「あれはいいねえ」
という短い言葉のやり取りが行われ、その一瞬に暖かくて優しい空気がみんなの広場に流れます。

多世代の居場所って、必ずしもごちゃごちゃと混じることが良いわけではなく、お互いの存在を認識できて一緒にいなくても尊重できる、ということが大切ではないだろうか?と考えるようになりました。

今日もありがとう。

コメント

参加者が場を創るすいようカフェ

2018年08月29日 | すいようカフェ


すいようカフェを毎週水曜日に開催して3年になります。
ここはこの3年間で、私がボランティア活動と超高齢社会に向かう課題を学ぶ場となっています。

これまで来てくださっている方々の中には、変わらず元気な方、施設に入所された方、病気と付き合いながらマイペースで来ている方、お亡くなりになった方、そして、一人二人と初めて顔を出される方などがあります。

8月は15日をお休みにしました。
その1週前の8月8日は台風の影響で強風と雨のため、「残念だけど行くことができない」とお休みも何人かありました。
したがって、先週の22日は久々の再開の場ともなりました。
加えて、泉谷中学校出身で現在活躍中の経済アナリストさんや、訪問看護ステーションから理学療法士さん2名がトレーニングに来てくださったので、充実したカフェになりました。

お茶だけではなくランチが必要な人は、賄いご飯(500円)を一緒にいただきます。
この日は混ぜご飯定食でした。
 

全体で行う脳トレや体操があり、全員で共有する話題があり、その一方で少人数で分かち合う話題があり、これからやってみたいことがあり、そして季節の花がある。
すいようカフェは、そんな場に3年かかって育ちました。
  

昨年、千葉市の地域支え合い型通所支援事業団体の登録をしましたが、あんしんケアセンターとの連携も暗中模索で、こちらは何かと課題山積です。
そのことについては、改めて記事にしたいと思います。

さて。
本日8月29日は、すいようカフェです。
毎回、参加者によって場が創られていきますので、今日は何が起きるか、わくわくドキドキしながら行ってまいります。


コメント

みんなの広場の花アルバム

2018年05月24日 | すいようカフェ


毎週水曜日。
みんなの広場は、まかないランチを食べながら語り合い、思考がやわらかくなる(はずの)すいようカフェです。
午前11時頃からみなさんお越しになりますが、それまでに店主に課されたミッションがございます。

それは、シェフの庭に咲く花々をいただき、室内に飾ることです。
今の店主に出来る、ささやかなおもてなしです。

この日(5月22日)は、今季新顔の蛍袋、再登場は柏葉紫陽花、忍冬、紅花下野、源平下野、曙風露草、クレマチス、赤花夕化粧、小判草、昼咲月見草のみなさまです。

テーブルや飾り棚にこんな風に設えました。
  

こんな日々を繰り返しいたら、とても嬉しいことがありました。
なかなか名前が覚えられない花々を、アルバム風にまとめていただいたのです。
これはとても便利です。
しかも、みんなの広場バージョンです。
   

大きくプリントアウトして、みんなの広場を訪れるみなさんに見ていただこうと思います。
ありがとうございました。

コメント

人も花も明るく集う場づくりめざす

2018年04月19日 | すいようカフェ


4月18日は水曜日。
水曜日と言えば、みんなの広場は「すいようカフェ」でランチ会と語り合いが定番です。

ところが!
本日のすいようカフェはいつもと違っていました。
まずは、テーブルのレイアウトが違う。

そして、テレビの取材が入る。
 

みんなの広場を拠点にしているプロジェクト結さんの取り組みがNHKのEテレで取り上げられることになり、すいようカフェが取材現場と化しました。
いつもはワイワイ自由気ままにお話ししていますが、取材中はお話しのボリュームダウンを要求され、みなさんヒソヒソ話です。
静かにしているのはちょっと辛いけれど、取材の様子は興味深く拝見しました。

取材を終えて、いつもより遅めのランチタイム。
メニューはどっさりと差し入れしていただいた旬の筍をふんだんに使い、春のお膳です。
 

食事後は、久々の勉強会。
関東財務局の調査官に来ていただき、仮想通貨の現状についてお勉強です。
 

法定通貨とは異なり、手に取って感じることのできない仮想通貨です。
取引所の現状や金融庁の取り組みについてはざっくりと理解しましたが、どんな人がどんな時に必要としていて、どうしてそういうものが誕生したのかが、今一つ理解できなくて質問が飛び交う、とても活発な勉強会でした(^^;

最後に、いつもお世話になっている訪問看護ステーションの理学療法士さん(今やすいようカフェのアイドル)が、新任の看護士さんをお連れになり、紹介してくださいました。
心強い助っ人が、また一人増えました。

そんなわけで、平成30年度も多様な方々がワイワイと集まり、それぞれが面白そうなことを展開していくみんなの広場となりそうです。
コメント

春の散歩が待ち遠しい すいようカフェ

2018年03月07日 | すいようカフェ


3月になったみんなの広場。

年度末ともなると、ここを拠り所としてくださっている団体の活動の様子が手に取るようにうかがわれ、みんなの広場の室内も雑然としてまいります。
そんな中で、今日もすいようカフェは賑やかでした。

みんなが手にしているのは、埋蔵文化財調査センターが作成した遺跡マップです。
これから暖かくなるとお散歩の季節です。
「へぇ~!おゆみ野にはこんなに大きな貝塚があったんだね。」
「消滅した遺跡って書いてあるよ、なるほど、あそこだね~。」
「この道沿いは面白そうだねえ。」
などとマップをながめながら、話がはずみます。

4月1日に開催されるさくらさくさくウォークラリーも想定しながら(先週チラシ仕分けのボランティアをしたばかり)、行きたいところを吟味中です。
こぼれる笑顔をながめるのが嬉しい時間です。

背後にある段ボール箱の山は、大切な預かりもの。
3月31日に開催する「おゆみ野カフェこどものまちCBT」のために、子どもたちが準備してきた物です。
こんな貴重なものを、みんなの広場に託してもらえるとは、光栄この上ありません。

壁に下がっているのは、袋物、そして帽子です。
 
いずれも使わなくなった帯を再生させたものです。
4月からは、これらのリメイクの講習会も始まります。

そして、このかわいらしいうさぎさん。
 

「子ども工作教室みんなのおもちゃばこ」の本日の作品です。
顔を押し下げて手をはなすと、びょ~ン!と飛びます。
最近は、作るだけでなく「作って遊ぶ」ことにも力を入れているようで、思わず子どもの作品を借りて遊んでしまうのは他でもない大人です。

コメント