福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

野菜のキャラ立ち

2017年11月28日 | 食育


11月26日の日曜日
みんなの広場で開催された、金平糖さん主催の食の講座に参加しました。

講座の前半は、安全な食材や有機農法について消費者として知っておきたい知識を得る講座。
後半は、講師のゆーちゃんが作っている「ゆーちゃんふぁーむ」の野菜の試食タイムです。

私が参加したのは、前半の後半から(^^;
それでも、
生きていることを人任せにしない
プロデューサーでありコンシューマーでもあるプロシューマ―という役割を担える人が必要
これって正しいの?と常に疑い、自分で調べる癖をつける
など、胸に響く言葉を浴びました。

準備されていたのは、人参、赤大根、ほうれん草、水菜のサラダ。
  

ふかしたさつまいもと里芋、ごぼうのスープです。
  

これまで、水菜には味がないと思っていましたが、ゆーちゃんふぁーむの水菜は味も香りもしっかりついています。
もちろん他の野菜も同様で、大根の辛味やニンジンの香り、ほうれん草の濃い緑・・・と、どの野菜もしっかり味があります。

キャラ立ちした野菜たちです。

手間暇がかかりますから、大量生産が出来なくて商業ベースに乗せるのは大変なことですが、小規模でも質の良いものを私たちがしっかり選び、食べ続けていくことが大切だと感じました。

次回の金平糖さんの食の講座は2018年2月10日(土)10時からです。
テーマは、「ケアフード」と「家での看取り」
これもまた、大切なテーマですね。

関心のある方はお問合せ下さいね。

コメント

あくまき

2017年08月09日 | 食育


南九州地方の季節の伝統的な和菓子「あくまき」
もち米を灰汁で煮込んだものだそうですが、その独特の食感とさっぱりした味が好きです。
きな粉をたっぷりかけていただきます。


今年も、知人の手作りが届きました。
愛知以西の文化に馴染みのない母がとても珍しがり、食後に早速試食です。
ごちそうさまです。

端午の節句の頃に作るのだそうですが、地方の珍しい食文化に触れるのは楽しいですね。

コメント

お正月の買い出しに千葉市地方卸売市場へ

2016年12月30日 | 食育


お正月の食料調達に、千葉市地方卸売市場に行きました。
ほぼ毎年、29日か30日に行っていますが、今年は昨年より大勢の人出だったように感じました。
 

東京都の豊洲市場が何かと話題になったので、その影響かな?などと勘ぐったりもしますが、この機会に市場の役割について確認することも大切かもしれません。
千葉市のホームページに詳しく載っていますので、関心のある方は市場とはをどうぞ。
 

本日私が年末年始用に購入したのは、
水産棟で、マグロの柵(中トロと赤身)、ズワイガニ、イクラ、トラフグ(鍋にする予定)
関連棟に移動して、野菜(人参、ほうれん草、泥ネギ、せり、ミョウガ、サニーレタス)
肉類は、ステーキ用和牛モモ肉、シチュー用牛スネ肉、合いびき肉
以上です。

水産物は種類も豊富ですが、野菜類は早く売れてしまうのか私がたどり着いた頃には既に品薄でした。
とはいっても、これらで三が日まで冬ごもり完璧です。
孫でも何でもどんと来い(*^^)v

千葉市の地方卸売市場は毎月2回、土曜日に市民感謝デーを開催していて、誰もが買い物をすることができます。
詳しくは、千葉市水産物仲卸協同組合のホームページもご覧ください。

なお、千葉市の市場が中央卸売市場から地方卸売市場へ移行する際の経緯については、中央卸売市場から地方卸売市場へとして2013年12月31日のブログに記しています。

コメント

夏から秋への端境期もまた楽し

2016年10月01日 | 食育


朝夕涼しくなりました。
夏野菜も旬が終わり、今は野菜の端境期でしょうか。
ふくろうやの店頭の野菜も入れ替わりの時期です。
次はどんな野菜が育っているのだろうか?と、管理者会議の前にしいのみ農園をのぞいてみました。
 

もう終わり!と思っていた冬瓜は、まだまだ花も実もあるお年ごろです(^^)
白っぽくなったら採り頃食べ頃なのだそうです。
出荷を待って畑でゴロンゴロンしています。 
  

その隣のヤーコン畑は、葉がたわわです。
葉脈がちょっと面白い。
 

この葉を乾燥させて、ヤーコン茶としてふくろう屋で販売しています。
苦みばしったシブい奴です。お試しください。

そして今後の野菜は、お馴染みなものから珍しいものまで生育中です。
お楽しみに♪

さて、私は冬瓜、熟して赤くなった還暦ピーマン、そして成田の野菜屋さんから仕入れたバターナッツ(カボチャです)をキッチンに並べて、ニンマリしています。

しいのみ農園で冬瓜の調理法をいろいろ聞いたので、新たに試してみたくなりました。
農作業中のしいのみ園の利用者さんから、元気に声をかけられて気持ちも明るくなりました。
これから涼しくなるので、作業も少しはラクになるかな。


コメント

大地のエネルギーは偉大だ!

2016年07月01日 | 食育


1週間も最終日となると疲れてしまい、今朝は目覚めても体が重くて(体重が急激に増えたのではない)動き出す気になれません。
ゆっくりリビングに降り、ソファで政見放送を聴いているうちに再び眠ってしまいました。

こんなにやる気も食欲も体力もない時は、何を刺激したら良いのでしょう。
具合が悪いわけではないので、美味しそうに見えるものでも作ってみるか・・・と、冷蔵庫の残り物をお弁当箱に詰めてみました。
  

なんか、ちょっと良い気分。
これを抱えてどこかに行ってみようかな♪
そんな気持ちにようやくなりました。

そんなわけで、今日はスローペースで新しい仕事は増やさず、次に続くことをちょっとだけして、一日を過ごしました。

夕方になると、もう少し気力が出て、大地の子どもたちと戯れてみたくなりました。
昨日、友人が畑から掘り出してくれたビーツ、歩きながらポキポキ折ってくれた淡竹(はちく)、背丈ほど伸びた畑から刈り取ってくれたフキ。
 

土にまみれて、アクの強いやつらなので、口に入れるには手間がかかります。
洗って、刻んで、茹でて下ごしらえを進めるうちに、どんな風に料理しようかと、前向き思考が加速します。
  

結局、淡竹はシイタケと竹輪と和風に煮ました。
ビーツは根菜類とともにスープに変身です。
  

結局、自ら食べることで心も体も回復していく比較的単純な造りなのです。
それにしても、大地が発するエネルギーは偉大です。

さらに加えれば、孫たちの動画と写真をママが送ってくれたのと、アニキとテレビ電話でお話ししたのも大きな回復要因です(*^^)v
子どものエネルギーも偉大だ!

コメント