福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

防災実務研修を受けました

2017年11月11日 | 防災



福祉のまちづくり支援室「ふくろうや」を任され、1年が経過した昨年2月に防火管理講習を受けました。
その後、今年の10月に正式にふくろうやの防火管理者になり、現在は緑消防署誉田出張所と消防計画の作成や消防訓練の実施などについてやりとりしながら学んでいます。

ようやくその任務について道筋が見え始めたところに、今度は「防災」実務の研修です。
千葉市消防総合センターで、3時間の講習を受けました。

消火器や避難具の使い方、傷病者の運び方など一人一人の実践が伴う結義な研修です。
日頃在りながらなかなか開けることのない器具に、使用できる状態で接するのはピリリと引き締まります。
 

その中で、特に重要だと感じたのは想定外の事態が起きた時に、如何に冷静に情報を伝えるかという実践でした。
警報発報ー現場への第一報伝達と共に現地確認ー関係機関への通報と共に現場への避難指示
というほぼ同時に行わねばならないことを、関係者でいかに正確に共有するか。

消防への通報、利用者や職員への周知など、情報伝達の体制を繰り返し確認しておくことが大切なことをあらためて思います。

行うことを言葉に出すことは、自分自身への確認と相手への伝達との意味があるということを自分の中に落とし込み、ふくろうやの訓練は
複数のスタッフの情報伝達と共有と、まずしなければならないことの確認、ここからだと思った次第です。

コメント

避難所運営のHUGゲームをやってみました

2017年10月30日 | 防災


台風の進路を気にしながらの日曜日
青少年育成委員会主催の大人が学ぶおとな塾に出席しました。
テーマは、避難所に来るだけで本当に大丈夫?part2「HUGゲームで避難所で起こる問題を体験しよう」

区役所からお借りしたカードで、避難所に来る様々な人々にどのような対応をするか、グループに分かれて話し合いながら振り分けてみました。
  
熊本地震以来課題としてクローズアップされたペットの取り扱い、車で避難してくる人の車中泊に頭を悩ませます。
マスコミへの対応、ボランティアの受け入れも、避難者の割り振りのさなかにどこまで出来るのだろうか?と疑問が湧きます。
避難者からの要望、行政からの情報などさまざまなことが次々と起こり、想像力を振り絞りました。

避難者も、高齢者、病気や障害の有無、妊婦、幼い子どもなどひとりひとりの状況は異なります。
自宅の全壊と半壊はどのように判断するのか。
それらのことを、一つずつ話し合って判断をしていきますが、実は対応に正解は無いことに気づきます。
また、避難所である学校の校内配置もわかっていないことに気づかされます。
  

天候が悪くて起震車や煙体験は出来ませんでしたが、このHUGゲームだけで十分に面白い経験ができました。

数年前に横浜市立大学で、子どもたちと共に避難所運営を実践している取り組みを見たことがあります。
今日のような学びを重ねて、ここでもやってみたいと思いました。
なぜならば、こういった体験の積み重ねることで、避難所に居合わせた誰もが互いを思いやり、そして自分で助かる人を増やしていくと感じたからです。


コメント

避難所は全能というのは幻想!?

2016年09月19日 | 防災


当日のお誘いになってしまいました。
9月19日(月・祝)
午後1時から、おゆみ野南中学校区青少年育成委員会主催の「おとな塾」を開催します。
今年のテーマは、
「避難所に来るだけで本当に大丈夫? part1」
いや、本当は大丈夫ではないのです。
避難所にさえ行けば、何とかなるというのは幻想です。

私たちが描いている避難所への期待は果たして現実的なものなのでしょうか。

今回は、NPO法人神奈川災害ボランティアネットワークの塩沢祥子さんをお招きして、女性や子どもが遭遇する避難所の問題についても話していただきます。

タイトルの後ろにpart1とついているのは、ここからシリーズで考え続けていきたいという企画チームの意気込みの現れです。

地域防災に関心のある方ならば、どなたでも大歓迎。
直接会場までお越しください。

コメント

減災セミナーのお誘い

2015年01月10日 | 防災
減災セミナー
あなたの暮らしは大丈夫?


起きた災害に対し、いかに被害を減少することができるか?
近い将来に起きると予想されている首都圏の直下型地震。
そのとき、私たちはどのようにして家族を守り、地域を守ったら良いのでしょうか?
自然災害は避けて通ることが出来ないという現実を受け止め、
如何に被害を減少することが出来るかという「減災」の考え方について学びたいと思います。
皆様お誘い合わせてご参加ください。

タイトル 「減災」を学ぼう!
講  師  減災塾塾長 水島重光氏(防災アドバイザー)
日  時  平成27年1月24日(土) 午後2時~4時
場  所  鎌取コミュニティセンター2階 会議室
主  催  おゆみ野女性の会

参加希望の方は本ブログのコメント欄または下記までお知らせください。
Email: fukutani@cello.ocn.ne.jp

コメント

図上訓練 災害への備え 

2014年01月20日 | 防災

Img_81871

 

 1995年の1月17日は、阪神大震災が起きた日です。

想像をしたこともないような状況がテレビ画面に次々と映し出され、何も手につかずにいたことを思い出します。

19年後のその日に、千葉市では本庁舎全体で図上訓練を行いました。

 

 Img_81861この訓練は、九都県市合同防災訓練の一環で、広域防災プランの検証と、防災計画の課題発見、そして災害対策本部における情報収集・分析・判断の対応能力の養成を目指している、とのことでした。

特に災害時は情報が錯綜し、事実と間違った情報とが混在し、情報の嵐にまみれることになります。

情報をどう集め、どんな風に分析して処理をするか、その流れは想定通りスムーズにいくかどうかを試しておくことは、初期対応として非常に重要なことです。

 

 当日は、10時から3時まで本庁舎8階に各局ごとのデスクを配置し、付与された課題を職員が次々に捌くというもの。

想定は、前日の午後4時にさいたま市を震源とするマグニチュードード6.9の地震が起きたというもの。

その18時間後から次々と起きる事態を想定しています。

たとえば、外国人が避難してきたけれど言葉が通じない、どうしたら良いか。とか、テレビ局から○○に関する取材要請が来ているが、どのように対応するのか、とか、白地図上に寸断された道路を塗り分け周知するなど、総計336項目を10時から3時までの間に次々に捌くという訓練です。

私が対策本部をのぞいたのは3時直前で、あと1項目で全て終了するという段階でした。

 

  Img_81891実は、東日本大震災の際には、私たち議員もそれぞれに地域の状況を捉え、各所管課に伝える者もいました。

現場の声は大切ですが、そういう場合、伝え方の配慮を欠くと、復旧対応の手を止めることにもなりかねません。

 

 そこでこのたび、議会でも災害対応の指針を策定し、災害対策会議を設置して、情報の集約と速やかな伝達を、効率的組織的にしていこうということになりました。

果たして、実際に議会ではどんな取り組みが可能か、実践してみなければならないと考えています。

 

 最後に危機監理官から、常に災害時を想定し、繰り返し訓練をすることが大切というお話がありました。

職員のみなさんは、通常の業務の合間にも、こういった訓練や、災害発生を想定してその場から役所に駆けつける、という参集訓練なども行っています。

それぞれの立場で災害への備えをしているということを改めて知りました。

議会でも、次の定例会では避難訓練ですな。

 

 

コメント