福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

緑区の良いところ

2018年03月06日 | オープンデータ


3月3日のIODDで、緑区チームがまとめた緑区の良いところとはどんなところなのか?
金賞の喜びだけ伝え、肝心な内容は報告していませんでした(^^;
プレゼンは2本。
「住まう」と「育てる」がテーマでした。

「住まう」について

まずは、千葉市が管理する公園の広さが緑区はナンバーワン!
さらにおゆみ野には、幅員12mから20mの遊歩道が、総延長9.5kmあります。

そして、安心安全ナンバーワン!
交通事故死傷者数も、人口1万人当たりの犯罪発生件数も、千葉市内では最少です。

そんな環境下で、子どもたちが参加できる市民による活動がたくさん続いています。
例えば、さくらさくさくウォークラリーは15年
四季の道駅伝大会は9年
おゆみ野カフェこどものまちCBTは3年目ですが、一日に500人の子どもたちが参加しています。
土気ロック祭は4年目になりますが、今や1万人を超える来場者数です。

このように、広々とした緑の安心安全な環境の中で、子どもたちはのびのびと遊ぶことができ、しかも、大人が関わる子どもが参加できる場がたくさん用意されている。
子育てしやすいまちナンバーワン!といえるでしょう。
その証拠に、この25年間で人口伸び率ナンバーワンで、平均年齢も6区の中で最も若い区なのであります。



「育てる」について

例えば、イチゴ農家数ナンバーワン!

牛の頭数ナンバーワン!(酪農家数ナンバーワン!)

標高ナンバーワン(緑区103.6m)により、寒暖差が必要なからし菜が美味しく育ちます。
トケカラちゃんも生まれました。

そしてなんと!遺跡の発掘数がナンバーワン!
集落跡、古墳、城館もナンバーワン!で、昔々から引き継がれた文化も大切に育てています♪

最後にちょっと・・・日本中の子どもたちを育てた「歌のお兄さん歴最長9年のよこやまだいすけさん」を掲げたのですが、出身地間違えてこけました(^^;
Wikipediaは参考程度にしましょう。

3分間のプレゼンタイムで緑区の良いところを言及できるのはここまででした。
探したデータも時間に限りがあって、十分ではありませんが、それでもまだまだ良いところがたくさんありました。

みなさんも、おそらく
「こんなところが緑区の良いところだと思うよ」
というところがあるのではないでしょうか。
もしあったら、お知らせください。
きっとどこかにそれを証明するようなデータがあるかもしれません。
そんなデータを探すことも面白い・・・と感じる「シビックパワーバトルinIODD2018」でした。

コメント

緑区が金賞をいただきました!

2018年03月03日 | オープンデータ


 きぼーるで開催された「シビックパワーバトルinIODD2018」において、緑区は他の5区を振り切って『金賞』をいただきました!
快挙快挙快挙です。
  

緑区チームが発足したのは2月9日。
初顔合わせの第1回目打ち合わせでは、メンバー同士がお互いの考え、こだわるところ、関心分野、などを理解し受け止めることに8割くらいの時間を費やしました。

その後、グループメールでのやりとりが活発になり、2回目の集まりは2月26日。
この日のために、議論をわかり易く図式化したり、データを探したり、思い思いに話し合った良いところをまとめたりと、見事な作業分担がされていました。

そして「緑区の良いところ」をアピールするストーリーが何となく出来て、あと4歩というところで本番を迎えました。

当日は4時間の中で、データを踏まえたうえで「住みやすさ感」を出すにはどうしたらいいだろうか?という議論にずいぶん時間を使いました。
 

当日初参加のメンバーが加わり、これまでの議論への問題提起やプレゼン資料の作成に携わり、前回のシビックパワーバトルのプレゼンターが駆けつけて場を和やかにしてくれたり・・・。 
緑区役所からも区長さんや室長さんが会場を覗いて応援してくださいました。

そしてプレゼンは他区のプレゼン内容も味方につけてしまう見事なものです!

コーディネータとして私が果たした役割は、初めに呼びかけをして集まっていただいたこと。
直前になって、ビジュアル化のために牛さんに会いに行ったこと。
  

直前になって、埋蔵文化財調査センターに泣きついて遺跡データをいただいたこと。
 
 
前日会場設営を手伝ったこと。
当日、配線を手伝ったこと。
 

そして本番は、不足するデータを探したりプレゼン資料のぞき込んでオロオロしたこと。

まさにチーム力で「緑区の良いところ」を引き出したんだなあ・・・としみじみと感慨にふけり、心地よい疲れを味わっています。

ステキなご褒美をいただき、主催者のみなさま、他区のみなさま、ありがとうございました。
緑区チームのみなさん、お疲れさま、そしてありがとうございました。

コメント

IODDに向けてのキックオフ

2018年01月28日 | オープンデータ


そごうジュンヌのコワーキングスペースコトコトさんで、3月3日に開催されるIODDのキックオフ打ち合わせをしました。
IODDとはインターナショナルオープンデータデイの頭文字で、誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」を作ったり、 使ったり、考えたりするイベントを世界中の都市で同日開催するお祭りのことを言います。
2013年に始まりましたが、毎年、日本からも多くの地域でそれぞれイベントを開催しています。
千葉では第1回から取り組んでいますが、第1回目の準備はこんなことから始まりました。

その後、ちばレポが生まれたり、税金の使い方が可視化されたりと、さまざまな取り組みが生まれました。

今年の千葉市は6区それぞれにチームを立ち上げて、各区の良いところを自慢しようという事になりました。
良いところの根拠は、もちろん、データで示さなければなりません。

私は、軽薄にも緑区のコーディネーターを引き受けてしまったので、今日はオープンデータデイの事務局とデータ分析官とデザイナーと美浜区と緑区のコーディネーターが集まって、どんな感じで進めるのか打ち合わせをしました。

我が区の良いところ自慢がシビックプライドに結びついていくことが大切、というのが本日の結論です。

さて。
緑区が他区よりもこんなにいいんだよ!と胸を張れるものを探し求めねばなりません。
そしてそれを、誰もが納得出来るように証明しなければなりません。
さあ、大変!
良いところは、ざっと考えただけでもい~っぱい思いつくのですが、それはチームを結成した中で話し合っていきたいと思います。

そんなわけで、IODDに参加してみたい方は、お声かけくださいね。
面白いと思います。


コメント

動物公園でのインターナショナルオープンデータデイ

2017年03月07日 | オープンデータ


インターナショナルオープンデータデイ2017@千葉のフィナーレの集合写真です。
今年も楽しく、また例年とは違った雰囲気で過ごしました。

まずは石田園長のお話。
 

・千葉市動物公園の最も多い一般入園者は1歳。多摩動物園は2歳です。上野はもっと年齢が高くなりますがなぜでしょう?
・これからの動物園は動物の福祉(エンリッチメント)、子どもの遊び場、学校教育との関係を考えていくことが大切です。
・アスファルトの通路も楽しくしようと動物の足跡を描きました。
・千葉市動物公園のトレードマークはゴリラですが、ゴリラは今希少種です。
・中小動物はふれあいなどの役割を担っています。
・千葉市動物公園が大切にしている動物のエンリッチメントとは、動物をよく観察して、どうしたらより活発に動けるか、何を嫌がるかを察知して環境を整えることです。
・学校教育に動物園をどう活かす?ということも課題で、今は先生の研修もしています。工夫して教材にして欲しい。レクチャールームもワークショップができるよう改造しました。動物園をもっと開いていきたいと考えています。
・千葉市動物公園の地図は分かりにくいので、ランドマークをつくりそこを基点にして巡るなど、今いろいろ考えています。
というように、アイディアだしのヒントをたくさん語っていただきました。

次はライトニングトーク
コードフォーちば(Code for Chiba)でこれまでにオープンデータを活用して開発したアプリ「お祭りデータセンター」やマップ「千葉保育園マップ」について説明を聞きました。
  

そして午前中のクライマックスはイダセイコさんの演奏。
この日のために創ったという「千葉市動物公園の歌」をみんなで一緒に歌いました。
マンドリル~♪から始まり、次々と動物名が出てくるノリのいい歌です。
 

この後参加者はグループに分けられていよいよ動物公園内に解き放たれました。
昼食や散策をしながら妄想やアイディアを膨らませます。

2時ころに再集合し、グループごとに話しあい。
気づいたことを出し合って、こんな風にしたら良いという構想をまとめ上げます。
  
4つのグループで競い、最優秀賞は石田園長に選んでいただきました。
それぞれのアイディアの内容は・・・お楽しみにしてください。
後ほどお知らせします。

実は、私はアイディアソン(アイディアを出し合うマラソンのような作業なのでこう呼びます)も成果発表も会場から抜け出して、ふれあい動物公園で遊んでしまいました。

今までのオープンデータデイで戦線離脱したのは今回が始めてのことです。
それだけ、動物の魅力と引力は大きかったのです。
事前に数回訪れて、すっかり彼らの虜になっているのです。

今回は、ふれあい動物公園をじっくり探検しました。
山羊にエサをあげたり、モルモットのお雛様を眺めたり(そういえば長男の幼稚園でも園児が生き雛さまを演じていました)、アルパカの首の毛並みにそっと指を入れてみたり、たそがれているペッパー君に思わず同情したり・・・。
    

  

  

そこでいろいろ感じたのですが、やはり生身の動物の影響力はとてもとても大きく迫力があり温かなものでした。
ゴリラのまなざし、キリンの高い位置のお尻の筋肉の動き、ゾウの皮膚のいかにも堅そうなシワ、面倒くさそうな表情のハシビロコウ。

こういったリアルに伝わる情報が、IT技術を使うことによってもっと面白くなっていくにはどうしたらいいんだろうな~。
アプリの中と現実の動物との間を行ったり来たりするうちに、どんどん動物たちが好きになっていく、動物園が面白くなっていくような、教育に結びつくようなものが出来るのではないかと感じました。

思い出しましたが昨秋、ある小学校の発表会に行ったら、1年生の子どもたちが動物公園を探検して動物クイズを作っていました。
一生懸命観察したんだろうな、そして一生懸命図書館で調べたんだろうな、と思えるような大人も答えられない質問がありました。

さて。
IODD2017@千葉の続きは、秋ころまでに何らかのアプリを完成させると、今回参加された皆さんは(主催者は?)意気込んでいます。
小学校1年生に負けない大人なアプリを、乞うご期待!!

コメント

オープンデータは次のステップで真価を発揮

2017年03月03日 | オープンデータ


今日は朝早くからパソコンの前で四苦八苦をしています。
みんなの広場で開催しているすいようカフェについてお話しする機会をいただいたので、どんな風にお話をしようかな?と考えています。
「なぜこんな取り組みをしているの?」
という問いに対して、社会的な背景を「一目瞭然!」とまではいかなくても、「何となく傾向はわかるね~」というレベルで説明したいと思ったわけです。

やはり大前提は人口構成を理解しておくことかな・・・と、千葉市のデータポータルから小学校区別の人口統計を引っ張り出して、わが地域の中学校区ごとの人口構成を円グラフにしてみました。

初心者としてはここまでが精いっぱいですが、傾向はわかります。
この三つのきわめて単純な円グラフだけでは言えることは少ないのですが、地域の現状を知っている「経験知」と合わせればさまざまなことが考えられるのです。
よし!これで与えられた30分はお話しできそうだ♪と、胸をなでおろしています。

さて。
千葉市ではこのような千葉市データポータルを開設して、市の情報を誰もが使えるように公開しています。
事業者やデータを扱える人たちにとっては宝の山なのですが、一方で私のような市民にはうまく使いこなせないというジレンマがあります。

また、地域社会は日々変化していて、市が持っている公共のデータだけでは不十分だなあ・・・と感じることもあります。
市民がデータを集めていくというアプローチも面白いと思います。

申し出て行政情報を公開させる段階から、そもそも公共データは誰にでも公開され利活用自在にするというオープンデータとなり、飛躍的に透明度は高まっています。
次のステップは、「それを市民はどう使えるの?」ということだと感じています。

そんな状況を打開するのにちょうど良いイベントがあります。

『インターナショナルオープンデータデイ』というものです。
今年の千葉市は千葉市動物公園で開催です。
親しみやすく、遊び心たっぷりで参加できますが、オープンデータを活用してこれまでどんなことが実現してきたか、という事例もいくつか聞くことができます。

メイン会場は千葉市動物公園内の動物科学館レクチャールームで10時半から午後4時半まで開催していますが、出入りは自由。
動物公園内を巡って回答するアンケートもあり、お子様と一緒でも大丈夫です。
明日3月4日の開催ですが、まだまだ参加者募集中ですから、奮ってお越しください。

ところで、千葉市動物公園といえば先日訪問して、雛段設置中のことをこのブログ「春一番に動物たちは」でお知らせしました。
その後雛壇は完成し、こんな風に勢ぞろいしたようです。


三人官女はウサギさん。
右大臣と左大臣は、マンドリルとハシビロコウが抜擢されています♪


最後に、冒頭の私の悩みに戻ります。
目の前にたくさんのデータが並んでいて居ながらにしていろいろなことがわかる時代になりました。
それを、手の届かない宝、絵に描いた餅にすることなく、生活に活かしていく手法を学んでいきたいと思っています。

コメント