福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

蛍のみちしるべ 竹切り物語

2018年05月27日 | 子どもまちづくりクラブ


竹を節ごとに斜めに切って、竹のキャンドルを作りました。
総数600個ですが、そのうちの12個は私が作りました。

のこぎりの使い方が相変わらず下手くそです。
どうやら、前に押す時に力がはいっているのが間違いで、
「日本ののこぎりは引くときに切れるから押す時には力を入れなくていいよ」
と教えていただき、少し上手になりました。
60の手習いです(^^;

今年は近隣の四つの小学校(泉谷小、小谷小、金沢小、おゆみ野南小)の運動会と重なり、子どもたちの参加が無く大人だけの竹切作り作業です。
2台の機会を導入し、2時間ほどで終了しました。
  

ところで、蛍のみちしるべは6月の2日と3日ですが、その1週間前の5月26日と27日の夜にも蛍観賞がしやすいように「みちしるべ」が設置されています。
昭和の森協力会のご配慮です。
 

地域住民が取り組んできた活動にプロの視点が加わることで、訪れる人が鑑賞しやすい配慮や準備の手際が良くなることに気づきました。

泉谷公園の蛍観賞は、以前開催されていた賑わいを目指した派手な「ほたる祭り」の印象を持つ方々が多いと思いますが、今は蛍観賞をすることを大切に、という住民の思いが込められたイベントになっています。
いや、イベントというよりおもてなしの心を持った環境づくり、かもしれません。

コメント

蛍のみちしるべ竹取物語

2018年05月20日 | 子どもまちづくりクラブ


蛍のみちしるべの準備が始まりました。
まずはキャンドルスタンドにする竹の伐り出し作業です。
毎年使わせていただいている知人の竹林に今年も分け入って、30本ほどの竹をいただきます。

昨年までは、竹用ののこぎりでゴシゴシ伐っていたので時間も労力もずいぶんかかり、大汗をかいてヘトヘトになっていましたが、今年からは少々様子が異なります。
泉谷公園のほたる生態園を管理することとなった昭和の森協力会が、竹の伐り出し作業から当日まで協力してくださることになり、私たち素人には持ち合わせない道具と人力が登場しました。
電動のこぎりと、ストックと運搬を兼ねたトラックです。


おかげで、最も大変な竹の伐り出し作業はいつもの半分の時間で終了し、お茶休憩をしながら今後の段取りを打ち合わせたり、今の泉谷公園の蛍の様子などを聞くことが出来ました。
 

蛍のメスは500個くらいの卵を産むそうですが、その中で成虫になるのは1%なのだそうです。
そして寿命は1週間。
だから鑑賞する際には採ったりしないで心配りをしてね・・・とのこと。

そして今年は、ほたる観賞の機会も増えました。
蛍のみちしるべの1週間前、5月26日と27日の夜にも蛍観賞がしやすいように雰囲気づくりがされるようです。


その5月26日は伐り出した竹をキャンドルスタンドにするための切断作業日となっています。
キャンドルスタンドづくりは、どなたでも参加できます。
午後1時から、ほたる生態園横にある小屋にお集まりください。


泉谷公園の蛍は既にチラホラと舞い始めたそうです。
どうぞ、静かに闇の世界へお出かけください。
コメント

ほっとひと息 予算議会を終えて

2012年03月17日 | 子どもまちづくりクラブ

 3月16日に千葉市議会の第一回定例会は、市長提出の全ての議案を可決、または同意し、終了しました。

http://www.city.chiba.jp/shigikai/download/giketsu240316.pdf

      

 今回の議会は、2月20日に始まり、約1カ月という長い議会でしたが、その間に予算審査特別委員会が含まれ、追加議案が2件あり、さらに議員報酬の5%カットの継続に関する議論があり、最終日には特別委員会の委員長さんのうっかり遅刻があって、開会中の幹事長会議が、いつになく多くなりました。

加えて、会派通信の発行が重なり、タイトな中での編集に関するコーディネートがあり、自らは1年ぶりの一般質問です。

多くの関係者に支えられて、何とか乗り切りました。

   

  昨日(3月17日)は、午前中に残務整理(といっても、リビングのテーブルに散乱した書類を寄せて積み上げた程度です)に取り掛かりました。

      

 P1100497午後は、久しぶりの子どもまちづくりクラブ。

6年生が3人いますが、4月からはいよいい中学生。

お祝いを兼ねて、毎年恒例のお別れピザパーティーです。

生地をこね、トッピング用の材料を切り、思い思いに好きな材料を乗せてオーブンで焼きますが、子どもたちは手慣れたものです。

フルーツポンチも作りました。

     

 P1100506卒業のお祝いは、オリジナルカレンダー。

2012年4月から1年間ですが、中学校の入学式、子どもまちづくりクラブのお友だちのお誕生日があらかじめ書き込まれています。

今までの活動の写真も入れて、毎年事務局が心をこめて作っています。

どんな中学時代を送るのか、応援していきたいと思います。

     

 その後は、みんなの広場に立ち寄りました。

みんなの広場では、毎月第3土曜日に音楽会を開催しています。

      

P1100508  今回は、ハンドベルの演奏です。

比較的高齢な方々が集っていましたが、お茶を飲みながら、演奏の合間には話を交えて、ざっくばらんな音楽会です。

誰もが集いやすい、足を運びやすい居場所はどんな風に作っていけるのだろうか。

という、実験的取り組みですが、地道に果敢にチャレンジしていく地域の皆さんに、拍手喝采です。

     

 夜は、某イベントの新年度に向けての決起懇親会で、大いに楽しみ、久しぶりに緊張感から開放されました。

結局、残務処理を放り出し、議会終了直後のリラックスした休日を過ごしました。

         

        

コメント

火のないところでも煙だけは立つ

2010年12月05日 | 子どもまちづくりクラブ

P1050917

          

 毎年この季節に、おゆみ野の森で古代生活体験をします。

今年は昨日の土曜日に行いました。

嬉しいことに、泉谷中学校の先生や、赤米と黒米を提供して下さった農家の吉川さんも参加して下さいました。

        

 経験を重ねるのは素晴らしいことです。

最も困難な火起こしですが、昨年は煙は立つけれど炎がつくところまでは誰も届かなかったのが、今年はほとんどの子どもたちが火起こしに成功をしました。

マイギリという道具での火起こしは、煙がたってからが勝負なのです。

煙を見るとほっとして力を抜いてしまいますが、ここからさらにひと踏ん張りして、ようやく炎となります。

    

 P1050944今年は、そのあたりのコツを、子どもたちはしっかり学びとったようです。

古代米とアサリスープとおかずとしての塩を堪能した後も居残って、厭きることなく火起こしにチャレンジしていました。

      

 火のないところに煙は立たない・・・と言いますが、煙が立っていても実は燃えていない・・・ということもあるんですね。

よくよく注意深く見なければ、わかりません。

コメント

オレンジリボンを手作りで

2010年10月15日 | 子どもまちづくりクラブ

10月9日(土)

 オレンジリボンキャンペーン。

そもそもは2005年に栃木県の小山での事件がきっかけとなって取り組みが始まったものですが、千葉市では昨年から、児童虐待防止に向けての全市的な啓発を始めています。

子どもまちづくりクラブでも、地域に理解が広まって欲しいと千葉市の取り組みに歩調を合わせて、昨年からキャンペーンに参加しています。

そして今年も、11月のこみこん祭りの会場で、子どもたちと共にリボンとメッセージカードを配ることにしました。

      

 そこで、この日は、子どもたちとともに児童虐待について考え、メッセージを思い思いのカードに書き、リボンを作りました。

P1050315 子どもたちに虐待について話すのはとても難しく、「虐待」という言葉すら、使うことが果たして良いのかどうか、悩みました。

しかし、子どもたちは子どもたちなりの感性で受け止めて考えた末、優しいメッセージを考えてくれました。

●何もかもいやにならないで

●自分の気持ちに負けないで

●世の中はつらいことがいっぱいあるけれど、子どもたちに八つ当たりしないでね

  子どもたちからのメッセージ、きっと受け止めていただけると思います。

            

コメント