福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

おゆみ野歴史愛好会でおゆみ野を語る

2017年03月21日 | 歴史愛好会


1か月ほど前に
「1時間半ほど時間があるので、何でもいいから語ってくれないか」
という依頼を、おゆみ野歴史愛好会から受け、とても困っておりました。

というのは、この会は発足して10年ほど経過していますが、その間、かなり詳細に地道に歴史に関する学びを続けています。
さらに、構成しているメンバーの人生の歴史も長い方々が多く、とても見識が高いのです。

そもそも専任講師がいて、それは元泉谷中学校の校長先生だった本保弘文さん。
その専門性の高さは、房総史譚というブログをご一読ください。

このように様々な観点で身近な歴史を学び続けている方々にお話しできることとは・・・?

悩んだ末に、学んでこられた歴史を踏まえて、今、まちづくりに踏ん張っている状況をできるだけ客観的にお話しし、未来に向けて意見交換をする場にしようと決心しました。
「歴史」に切り込むのではなく「住民自治」を柱に据えてはどうか、という入れ智恵をいただき、ピンとひらめいたのです。

泥縄ではありますが、おゆみ野を開発した事業者がまとめた報告書を読みあさり、10年以上前にまとめた研究紀要に使うために作成したおゆみ野の団体活動年表をリニューアルしてみました。

すると、昭和41年から昭和59年までの、公的機関が開発に関わりまちを作って来た時代と、昭和59年の街びらき以降の住民組織が上からや下からやと次々生まれて活動を展開してきたまちづくりの時代との対比が興味深い形で現れました。

おゆみ野は、縄文時代、平安初期、そして今という3回のニュータウン時代があった、ということも今回準備する中で知りました。

後半の意見交換も活発でした。

折しも、千葉市が産業誘致を発表した明大農場が当初のおゆみ野の開発計画に含まれていたことから、明大農場の今後のことが話題になり、
高齢者が一時的に飛び込める相談場所がどうあるべきかということに話題が移り、
最後まで活き活き暮らしたいと思っても、移動が出来ないので福祉的な輸送をなんとかしようではないか、
などと、議員時代にしばしばやっていた対話会のようになりました(^^;

歴史を語り、それをもとにして未来について考えるのは楽しい事だと実感します。

尊敬していた今は亡き考古学者が、「歴史を学ぶのは未来をよりよく生きていくため」と仰っていたのを思い出しました。

おゆみ野歴史愛好会で講演する機会をいただき、わが居住地おゆみ野の極めて近い現代について情報収集できたので、もう少し詳しく調べて見たいと思います。
良い機会をいただいたことに感謝しています。



コメント

長寿の秘訣

2012年04月23日 | 歴史愛好会

P1100946

      

 久しぶりに、歴史愛好会のご報告。

1年半ぶりです。

http://fukutani.blog.ocn.ne.jp/blog/cat6982573/

       

 ご推察の通り、最近はほとんど講義には出席できず、知識の差も歴然として、私にとっては日々敷居が高くなっているおゆみ野歴史愛好会です。

しかし、落ちこぼれている生徒を拾い上げる手立ては、さすがの年の功です。

       

P1100849  まずは、お花見にきませんか?

と、電話をいただき、ふらふらと出かけたのが4月8日、お釈迦さんのお誕生日でした。

そこで、責められもせず、すんなりと復帰に成功。

さらに新しいメンバーとも意気投合し、次の機会、初代会長さんの米寿のお祝いの会に誘っていただきました。

     

 米寿の祝いの日時は4月18日で、会場は学園駅前の結婚式場です。

シニアボランティアでフィリピンに旅立つという3代目会長さんの壮行会も兼ねています。

初代会長さんは88歳。

二代目は85歳。

三代目は75歳と、後期高齢者の揃い踏みです。

     

 ざっと見まわすと、それに近い年齢の方々も数多く、意気軒昂。

この日も口々に名言が飛び出しました。

         

P1100933 初代会長さんいわく

公民館慣れしていないこの地区に公民館ができても、みんな上手に使えなかったから、サークルを作るのにも苦労したね。

今では会員も増えたけれど、別に先生が良かったわけではないよ(先生を隣において)。

市議会議員もいるけれど、お金の援助はしてくれないし、途中で逃げちゃった(だって忙しいし・・・今日はいますけど(^_^;))。

私もなんにも勉強していないけれど、ここまで楽しくやってきたよ(好きなこと言いたい放題だもんね(^^ゞ・・・)。

      

 3代目会長さんいわく

75歳にして国際親善交流協会から、ボランティアとしてフィリピンに行きます。

フィリピンでは、医療関係のカレッジで、英語で日本語を教えます。

フィリピン社会と日本社会との接点になればいいなあ。

ワイフは置いていきます、というか、見捨てられました・・・。

     

長生きの秘訣、ここにありです。

好きなことを言い、好きなことをいつまでもやることです。

周囲の迷惑なんて、省みることはありません。それが高齢者の特権かもしれません。

     

 ちなみに、二代目は、家系を調べて何冊かの書物にまとめ上げています。

85歳ということは、あと3年生きなければ祝ってあげない・・・と、言われていました。

さあ、がんばろう♪

         

        

コメント

野点で人生について聴く

2010年11月04日 | 歴史愛好会

 11月2日に、久しぶりにおゆみ野歴史愛好会に出席をしました。

といっても研修旅行です。

この会は定期的にバスで遠出をし、現地で学んでいます。

今回の行先は、房総のむら博物館と佐倉にある国立歴史民俗博物館です。

こんな時だけ出ていって良いのだろうか・・・と、最近欠席続きの身としてはちょっと敷居が高いのですが、

「今回は、メンバー限定の研修にしたところ参加者に欠員が出たので、お願い出て!」

と、事務局長さんの上手な助け舟です。

さすがに年の功!と、ちゃっかり乗りました。

     

P1050685  さて、ここでは、何を学ぶというよりも、この会のみなさんの考え方や生きざまに触れて、おおいに感化され示唆をいただくことが、楽しいのです。

この日も早々と休憩をとりながら、初代会長さんと現会長さんとの含蓄のある会話に耳を傾けました。

      

「最近、耳が遠くなってしまってね。聞こえにくくて困っているんですよ。」

「いやあ、それはいいことですな。耳が聞こえなくなるということは、都合の悪いことは聴かんでもいいですからな。幸せなことですよ。」

    

 そうか・・・。

私は雑音に振り回されて、大切なことが見えなくなっているのかもしれません。

日々追われて立ちどまって考える余裕が無く、こんなことでいいのかなあ・・・と、心の内をつぶやいてみたら、初代会長さんは言いました。

         

「貴女は激職ですからね。40代50代は一番頑張れる時ですから、走りっぱなしでいいんですよ。何とかなっていくもんですよ。」

続いて現会長さんが言いました。

「この会があって良かったですよ。これが無かったら、地域の歴史を知ろうとも思わなかったし、だいいち、こうして地域の人たちとつながることも無かったですよ。作ってくれて感謝していますよ。」

      

ああ、立ち上げておいて放り投げている身としては泣ける!来て良かった。

でも・・・あれ? ちゃんと聞こえてるし・・・。

    

コメント (2)

行ってらっしゃい!

2009年05月12日 | 歴史愛好会

P5120006  おゆみ野歴史愛好会主催の、歴史の匂いを嗅ぐ旅に出かける総勢36名のお見送りをしてまいりました。

8時過ぎから三々五々集まってきた皆さんから参加費を徴収するという大役と、走り去るバスに手を振るというチョイ役が、本日の私の愛好会との関わりの全てです。

最高齢88歳で、もしも私が参加していれば、私が最若輩者(?)になるはずだったのです。

P5120003 第1回目は銚子ツアー、第2回目は佐倉ツアー、そして今回の天津小湊ツアーと、3回目ともなると顔見知りも増え雰囲気も和やかです。

みなさん背筋をピンと伸ばしてバスに乗り込み、いざ、日蓮聖人の誕生寺へ!

P5120004_2 毎回、欲張り過ぎて運転手さんを怒らせている御一行様なので、今回はどうだったかなぁ・・・と、ちょっと心配ですが、きっと楽しい旅になったことでしょう。    

ところで千葉市ですが、今日は特に動きはなくて、午後4時45分に幹事長禁足令は解除になりました。

あ~あ、これなら一緒に行って平均年齢引き下げに貢献できたのに・・・。

コメント (2)

歴史愛好会の平安時代考察

2008年11月04日 | 歴史愛好会

イベント三昧の3連休が終了し、きょうからまた通常の日々が始まりました。

『福谷章子の街づくり通信』が出来上がり、ただいま、事務所をあげて緑区内に配布中です。

ボランティアのみなさんによる手配りですから、行き渡るまでに少々時間がかかりますが、実に多くのみなさんにお世話になっています。

今日は早速、区民の方から街づくり通信の内容について、事務所に電話で問い合わせがありました。私が使用した言葉の意味についての確認のお電話でした。

細かく丁寧に読んでくださったことがありがたく、とても嬉しく思いました。

緑区ネットのページには、過去の通信も掲載していますので、是非ともご一読下さい。

http://www.chibanet.jp/midori/kouhou.html

最新号の掲載については、ただいま準備中。今しばらくお時間をいただければと存じます。

さて本日、午前中は「おゆみ野歴史愛好会」に参加してお勉強。

午後は、泉谷中学校に出向いて、土曜日に開催する泉谷中学校区青少年育成委員会理事会の打合せ、事務局会議でした。

おゆみ野歴史愛好会は、さくらツアーの余韻を楽しみつつ、本日のテーマは「おゆみ野の平安時代」です。

前半1時間は、みなさん、先生の講義に聞き入っていますが、後半は各自の思いのたけや質問の連発で、先生が発言する間はほとんどありません。参加者主体です。

「何故だろう・・・?」という謎解きのリレーで、聞いていてもワクワクします。しかも、謎解きが楽しめるほどの豊富な知識と経験を持っているところが、なんとも凄いのです。

私は相変わらず聞き入るばかりです。

本日、印象に残ったのは、

  • 教科書の歴史は中央の歴史であり、その財力を支えるために米を送っていた人たちの歴史ではない。
  • 武士のおこりは荘園を守るために武装した農民であった。
  • 今話題の、論文を書いて定年退職をすることになった自衛隊航空幕僚長と類似思想の持ち主は、フランスで言えばナポレオン、ドイツではビスマルクであろう。

・・・・などという事柄ですが、はてさて、おゆみ野の平安時代はどこにいったのでしょう・・・?

コメント (2)