福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

地域の歩みと生活の変化を学ぶ

2018年03月08日 | 歴史


おゆみ野は1984年に街びらきをしましたが、開発の計画は1966年ごろからありました。
当初計画1000ha、最終的に605haの大開発によって生まれたのがおゆみ野です。

1校の学校も無かった台地や谷が、あっという間に今のような街になりました。

開発前にもおゆみ野には二つの集落がありました。
開発以前の人々の生活はどんな様子だったのでしょうか。
駅までの道は?
学校にはどうやって通ったの?
子どもたちの日常は?
どんな習慣や風俗がこの街にはあったの?
そんな疑問が次々と湧きます。

そこで、開発前からおゆみ野に住み、これまでの様子をつぶさに見て書物にされた、鈴木毅さんにお願いして、おゆみ野の歴史について生活者の視点でお話をしていただくことになりました。

おゆみ野は、縄文時代から息づいている地です。
1度のお話しで全てが聞けるわけではありません。
そこで、来年度に向けて連続歴史講座を予定しています。

今回は、アートタウンおゆみ野主催で開催しますが、共催の仲間が増えるといいなと考えています。
一緒に企画してくださる方も募集中です。

まずは、3月10日(土)午後3時から5時まで。
鎌取コミュニティセンター2階の会議室にお越しください。

コメント

キンッキンに冷えた日 走ったよ~!

2018年02月19日 | 歴史


おゆみ野四季の道駅伝大会が無事に終了し、我に返ったらまるっと一日が経過していました。
当日の結果は、既に四季の道駅伝のホームページにアップされています。

みんな頑張ったんだね。
大人のみなさんも40人近く走ってくださったのですね。

日曜日は好天。風はないけれど冷たい空気に心底身体が冷えるような日でした。

そんな中で主催者のみなさん、そしてトン汁隊は早朝から準備をしていました。
100食の大鍋を10個作るのですから、この寒さの中、お湯が沸くのにも時間がかかります。

大きな五徳と、カセットコンロを総動員しててきぱき!
ところが、私は体調を崩していて段取りと前日準備で力尽きていました。
   

トン汁準備がうまく回っていることを確認すると、もう帰った方がいいよ!
と言われたにも関わらず、生け垣に座って様子を眺めていました。

実行委員のみなさんが集まり、選手たちも集まり、ウォーミングアップが始まり・・・そして開会式へ。
 

この光景を眺めているのが好きなのです。

案の定、冷え切った身体は効かなくなり、早々に帰宅して
「ほら!だから言わんこっちゃない!」
と、米寿に好き放題言われる人になりました。

そしてようやく少し元気になり、パソコンに立ち向かう気力が出ました。

そうだ、トン汁足りたかな?

コメント

「消費生活の安定と向上に向けた県民提案事業」 受託団体勉強会

2018年01月16日 | 歴史


みんなの広場は、2017年9月から表題の事業を受託しています。
毎週のすいようカフェでの「身近な問題を話し合える関係づくり」や、連続消費生活講座、消費生活に関する意見交換会などを開催することで、学びながらまちづくりを進めています。

今日は、千葉県主催で受託団体の勉強会が船橋市内の千葉県消費者センターで行われたので、参加しました。

前半は勉強会です。
テーマは、消費者活動は何を目指すのか
消費生活に関する話が中心と思いきやそうではなくて、大部分の時間は団体運営と組織論についてでした。

その中で膝を打ったのは、組織の拡大か活動団体の拡がりか、という課題認識です。

これからの社会課題の解決の手法は、組織を大きくして取り組んでいくよりも、組織外の活動団体を増やしていくことのほうが有効だと感じていましたから。

また、組織内に問題がないと言うリーダーは一番危険、という指摘にも納得です。
問題がないと思うのは、潜在化している問題に気づかないだけ、問題を観ようとしていないのだと。
運営上の問題、財政上の問題、利用者との関係、メンバー同士の問題。
どれもが毎日のように降りかかり気がかりなことばかりですが、それで良いのだということが、ひとまずわかりました。

それをどうしたらスッキリ解決できるのか、ということは、さしあたってわかりませんでした。
試行錯誤するしかないですね。

帰路、幕張PAに立ち寄り、夕陽を受けてオレンジ色に染まる建物の中でスウィーツタイム。
  

千葉県の事業は、これからも続きます。
今月末1月29日には、消費生活講座の最終回です。
タイトルは、「家と人生のしまい方 一人で悩まない身辺整理」です。


開催場所は、千葉駅弁天口の千葉市消費生活センターです。
どうぞ、お越しください。
コメント

想像を膨らませ、語り合える場になるといいね♪

2017年12月19日 | 歴史


加曽利貝塚にまたしても行ってしまいました。
初めは行かねばならなくて行ったのですが、その魅力に引き込まれて11月中旬から3度目です。

今日は暖かくて、お散歩日和です。
12月も下旬に差しかかろうとしてるのに、ボランティアガイドさんに誘われて歩いているグループが複数ありました。

私も時間があったので2施設を見学しました。
いずれも北貝塚ですが、住居跡を発掘してそのまま残した施設と貝層の断面をそのまま残した施設です。
  

あらためて眺めると、こうして残されているのは凄いことなのだと思います。

縄文時代の人たちがどのような生活をしていたか、どのような文化を持っていたのかなど誰にも確かなことはわかりません。
わずか7%の発掘調査の結果や、近隣地区の発掘調査結果からの推論やこれまでの研究成果などを総動員して、
「加曽利ではこうだった、のではないか」
という壮大な議論が始まっています。

加曽利貝塚は広大な地形が現存し、遺跡もそのままの形で保存され、市民の手で守られて来ました。
ボランティアガイドさんも活躍しています。

知識を学びに来るだけではなく、現地を感じてボランティアガイドさんとともに当時に思いを馳せ、あれこれ語り合ってみるのが面白そうです。
身体中で感じ体験が出来る場として、千葉市民のアイデンティティを揺さぶる場としてあってほしいと思います。



コメント