創作小説屋

創作小説置き場。BL・R18あるのでご注意を。

BL小説・風のゆくえには~80歳になっても・前編

2020年06月02日 07時21分00秒 | BL小説・風のゆくえには~ 短編読切
2020年お正月のお話です。

---


【浩介視点】

 父と和解(慶との関係を認める発言をしてくれたのを『和解』と思うことにしている)したのは、2015年11月3日。今から4年ほど前のことだ。
 それ以来、数ヶ月に一度は実家に顔を出すようにしている。でも、いまだにやっぱり、父に対する苦手意識は抜けない。根付いてしまった恐怖心の完全なる払拭はやはり無理なのだろう。
 父も父で、おれと話すときは何となくムッとしているし、無言になってしまうことが多い。

でも、慶と一緒の時の父は、全然違う。父ってこんなに喋る人なんだ、と驚くほど饒舌になる。慶が年上の人への対応が上手なせいもあるんだろうけど……

(慶みたいな息子だったら良かったのにね?)

 楽しそうな父を見ていると、そんな卑屈なことを思わないでもない。けれども、父の機嫌がいいのはひたすらに有り難い。
 だからついつい、実家に行くと、父の相手を慶に押し付けて、母の手伝いをしていたりする。

 そのことについて、慶には「おればっかり話してていいのか?お父さんもお前と話したがってるのに」なんてとんでもない大勘違いなことを言われたけれど、

「慶の実家だって、お婿さんである近藤さんと沢村さんはお父さんと飲んでるでしょ? それと一緒だよ。慶はお婿さんなんだから、父の相手してて」

と、慶のお姉さんと妹さんの旦那さんを引き合いに出していったら、「そういやそうだな。そんなもんか……」なんて一応納得してくれたみたいなのでホッとした。

 今さら父の相手なんて、緊張するだけだから、なるべく避けたい。

 一方、母とはほとんど普通に接することができるようになってきた。時々、何かの拍子にフラッシュバックがおきそうになることもあるので、まだまだ油断は禁物ではあるものの、慶が一緒に来てくれた日は、安心感が増して、無理をしなくても笑えることもある。すごい進歩だ。

 正直に言うと、いまだに積極的には「両親に会いたい」とは思えない。それでも会いにいくのは……

 理由の一つは「慶が喜ぶから」だ。慶は、おれが両親と交流を持つことを望んでいる。もちろん、それを強要するようなことは一切しないし、本人は内心を隠しているつもりみたいだけれども、慶は単純なので、喜んでいることがバレバレなのだ。

 あとは、「恩返し」だ。何だかんだ言っても、大学まで出してくれたことには感謝している。その教育資金を返す、と申し出たら、母に「時々会いに来ることが恩返し」と言われたのだ。
 将来のことを考えると、余計な出費はしたくないのが本音なので、それで済むなら安いものだ。……と、思うおれは、やっぱり親の財に頼った甘ったれた人間なのだろう。でも、母がそれがいいというのならいい、と、開き直っている。

 …………。

 …………。

 なんて、理由を上げてみるけれど……

 理由の一つに「期待」があることにも、ちゃんと気がついてはいる。

 それは……
 両親と「新たな関係」を築くこと。
 そうしたらおれは、昔のことを思い出しても大丈夫になるのではないか、という期待……

 昔の記憶を塗りかえることは出来ないけれど、少しずつ、違う記憶を追加していって、少しずつ、歩み寄っていって、そうして、昔の自分を受け入れる……

(それが出来たら、ラクになるだろうか……)

 そんなことを思いながら、毎回、実家を訪れている。


***

「来週、車出しをお願いしたいのよ」

 台所でお節を出す用意を一緒にしている最中、母が「お願いがあるの」と切り出してきた。
 慶と父は、リビングで新聞をみながら何だか盛り上がっている……

「車出し?」
「滝さんがね、うちに来るっておっしゃってて」
「え、イギリスからいらっしゃるんですか?」

 滝さん。
 おれの知る限り、父の唯一の友人で、大学時代からの付き合いだと聞いている。
 奥さんがお金持ちのイギリス人で、おれは子供の頃から中学生まで、その奥さんに英語の家庭教師をしてもらっていた。
 当時、滝さん夫妻は、スイスに別荘を持っていて、おれも何度か滞在させてもらったことがある。そこで滝さんの娘さんがスキーを教えてくれた。おれより15歳年上のその娘さんは、イギリスの大学に進学してそのままイギリスで就職していた。

 おれが高校進学した頃に、滝さんと奥さんもイギリスに移住した。おれがまだ実家にいた頃に、来日した滝さんには何度かお会いしたけれど、社会人になってからは一度もないので、最後にお会いしたのは20年以上前のことになる。

「法事があって日本にいらっしゃるんですって。その帰りに寄るって」
「ああそういうこと……」
「お父さん、『これであいつに会うのも最後だな』なんておっしゃってて」
「それは……」

 そうかもしれない。
 滝さんも父と同じ歳だから、86歳だ。長旅は大変だろう……

 と、思いきや、

「とか言って」

 母は軽く肩をすくめて、言葉を継いだ。

「去年、お父さん、イギリスに行ったときも同じこと言ってたのよね。きっと来年も同じこと言いながらまた会うんでしょうね、あの二人」
「確かに」

 母の口ぶりに思わず笑ってしまう。
 滝さんも父もあいかわらず元気なようだ。そしてあいかわらず仲も良いんだな……

 と、リビングから、父と慶の笑い声が聞こえてきた。

(声上げて笑ってる……)

 不思議な気持ちでリビングの方を振り返っていたら、

「お父さん、渋谷君といると楽しそうよね」

 手際良く、お椀にお雑煮の具を入れながら、母が思わぬ言葉を続けた。

「渋谷君、滝さんと似てるものね」

 ………。

「え?」

 滝さんは、父と同じくらい背が高い。でも、貫禄のある父に比べて、ヒョロっとして身軽な感じ。大きな目がキョロキョロ動くひょうきんな印象の人だ。小柄で天使のような美貌の慶とは全く似ていない。
 それに性格も、明るいところは似てるけど、求められない限りは控え目に徹する慶と違って、にぎやかで目立ちたがりな感じの人だった。おれ達の周りだと、同級生の溝部とか、父の弁護士事務所を継いでくれた庄司さんとかと同じタイプだと思う。

「渋谷君と滝さん? 似てます?」

 思わず眉を寄せながら母に言うと、母は「似てるわ」と頷きながらも、

「あー、似てるっていうのは違うかしら。似てるっていうか……」
「………」
「滝さんと一緒にいるときのお父さんと、渋谷君と一緒にいるときのお父さんが似てるのよ」
「え」

 それも違う気がする。滝さんがいるといつも滝さんばかり話していて、父は頷いているだけで、こんな風に話すなんて……、と、おれが言うと、母は「あら、違うわよ」と、少し楽しそうに手を振った。

「確かにみんながいる時はそうだけど、滝さんと二人の時はお父さんもよく話すし、いつもああやって楽しそうに……」

 言っているそばから、また、リビングから笑い声。

「うん。あんな感じよ?」
「へえ……」

 知らなかった……

「お母さん、お父さんのことよく知ってるんですね…」

 思わず言うと、母はふふふと笑った。

「そりゃあ夫婦歴50年ですもの。お父さんのことはだいたいのことは知ってるわよ」

 得意そうな母。なんだか……不思議な感じ。

 昔は、父と母の関係を「夫に隷属している妻」と認識していた。父は絶対君主で、母もおれも、逆らうことは出来なかった。
 でも5年前に帰国して、再会してから、その印象が少し変わったのは、本人達が変わったからなのか、おれが大人になって、人間関係の奥まで見られるようになったからなのか……

「さ、もうご飯出来るって声かけてきてくれる?」
「はい」

 言われるまま、リビングに顔を出す。
 おれの姿に気がついて、話をやめてこちらを振り仰いだ父と慶。

 昔よりも小さく感じる父。昔よりも大人びた慶。

 おれ自身が昔と大きく違うのは……

「お話中すみません。そろそろご飯出来ます」

 ぎこちないながらも、父に向かって微笑みかけられるようになったこと。そして……

「分かった」

 あいかわらず仏頂面だけど、父の瞳が昔よりも柔らかいこと。「出来損ない」っておれを蔑んだ光は、みあたらない。

 そして。

「おー」

 キラキラ笑顔で手を上げた慶。
 慶が、いてくれる。おれにとって牢獄でしかなかったこの家に、慶がいてくれる。慶がいるだけで、空気が清涼になる。世界が、明るくなる。


後編に続く。


-----

お読みくださりありがとうございました!

本日6月2日は、二人が小学校3年生の時に「初めて出会って、バスケを一緒にした」記念日!……何十年前だー(^_^;)

こんな不定期更新の真面目な話にお付き合いくださり、本当にありがとうございます。

前々から書きたいと思っていた浩介父の話になります。

息子・浩介が男友達である慶とキスをしていたと聞いたときに、浩介父は、なぜ、「一過性のものだから放っておけ」と言った(『〜将来』)のか。なぜ、「お前のその感情は、錯覚だ」とか、慶と「友人関係を続けるのはかまわない」と言った(『〜自由への道』)のか。
浩介高校時代の話で、「父の友達の別荘のスキー場」だの「父の友達のイギリス人の奥さんに英語を習っていた」だの出てくるのを読んで、浩介父って友達いなそうなのに、友達いるんだ?という疑問を持たれた方(←なんてそんな有り難い方がいてくださったら、という希望的観測)へのアンサーで、そこら辺の裏設定の話を、文章化しようかな、と思いまして。 誰得だよ。いいの。私が読みたいからいいの……といういつもの自問自答をしつつ……

次回、滝さん登場。いつか滝さんに話して欲しいと思っていましたが、ついにその時がきました。

クリックしてくださった方、読みにきてくださった方、本当に本当に本当にありがとうございます!おかげさまで書きたい話、書く勇気をいただきました。ありがとうございます!
よろしければ次回後編もよろしくお願いいたします。
来週更新できればいいなあ……という感じです。

BLランキング

ランキングに参加しています。よろしければ上二つのバナーのクリックお願いいたします。してくださった方、ありがとうございました!

「風のゆくえには」シリーズ目次 → 
こちら

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« BL小説・風のゆくえには〜お... | トップ | BL小説・風のゆくえには~80歳になって... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
細かい設定があるんですね と感心するばかり (TAKA)
2020-06-02 20:33:27
尚さま、更新ありがとうございます♪

浩介くん、慶くんとの安定した仲の良さもですが 両親との仲も少しずつ修復されつつあり ますます幸せを感じるのではないでしょうか。
お互い年齢を重ねると、頑固になるところもあれば考え方が変わることもありますよねぇ、もちろん 慶くんがいてこそ ですが。

残念ながら、あとがきに書いていただいた 疑問を持ってはいませんでした。ただ 秘書の庄司さんにも確かやめられたくらいだから(間違っていたらすみません)、お付き合いは難しいお父さんなのだろうなぁ という想像はありました。
そして 6/2はそういう設定の日だったんですねぇ。自然な出会い いいですよねっ。

あとがきの最後の部分で 「来週更新できれば」を 「次回更新できれば」と勝手に読み替えておりました。「えっ あんなに次回予告しておいて 次回更新なしなんてあり?」と思い読み返したら自分の目がおかしいだけでした。よかった~

そして 職業病なのか 気になったことが一つ。これって 何回かに分けて書かれました? 途中で書体なのか何かが変わっているところがあって、そんな変なところが気になったりして・・・
私はまったく書けないので どうやって作品を生み出すのか気になっているんでしょう。
では 来週でなくても 是非次回更新をお願いしますっ
TAKA様! (尚)
2020-06-02 22:50:40
コメントありがとうございます!!

わー本当だ!!!書体変!!すっごい変!!
わーーなんでーーー!?
私のスマホだと変じゃないんです。
パソコンだと変!!
パソコンで初めてよみました!!
わー恥ずかしい!!
すみません。先に直させてくださいーー!!
後ほどお返事あらためます!!
ご指摘本当にありがとうございます!!!
TAKA様! (尚)
2020-06-03 07:14:06
うーん……うーん……
まだ変……
いや、これだけ見たら、合ってるからいいんだけど、前回までの投稿と違う……

今、パソコンを使える時間が全然ないため、ほぼスマホでして……
今回の話に関しては、今年の1月に題名だけで保存して、その後、4月末からこの一ヶ月ずっとチマチマと書き足したり、直したりしてまして^^;

【職業病】って、TAKAさん、校正のお仕事とかなさってたり?!

とか色々お返事書きたいことが山ほどあるので、今日の夜あらためさせていただきます💦
コメント&ご指摘本当にありがとうございます!!
恥ずかしいことになっていたので本当に助かりました💦
TAKA様! (尚)
2020-06-04 01:25:09
あらためまして!!
コメント&ご指摘本当にありがとうございます!!

たぶん、直ったかな……と。
直し方わからなかったため、結局、手作業で。今、直し終わりまして💦
あーなんでなんだろうーーー
寝ぼけながら布団の中で打ってた時に何かしちゃったのかしら……

何はともあれ、ご指摘本当にありがとうございます!!
最近、パソコンを開くタイミングがなかなかなくて、パソコンでの確認作業をまったくしてなかったもので……
教えていただかなかったら、あのまま意味不明な箇所がデカい字!とかメチャクチャなことになっておりました。
教えてくださって本当に本当にありがとうございます!!


>細かい設定があるんですね と感心するばかり

いやいや、もう、本当に、自己満足の世界でお恥ずかしいばかりです……
技量の問題で、私、一人称でしか書けないものですから、
表にでない裏設定がたくさんあったりしまして……
浩介父はその最たる人かもしれません。
浩介にとって、父は怖くて近寄れない人、だったので、
本当は何を考えてたのか、夫婦仲は本当はどうだったのかとか、
子供からみた両親って、分かってないこと多い気がします^^;

>尚さま、更新ありがとうございます♪

そ、そんな。ありがとうなんてとんでもないです!!
読んでくださってコメントまでくださって本当にありがとうございます!

> 浩介くん、慶くんとの安定した仲の良さもですが 両親との仲も少しずつ修復されつつあり ますます幸せを感じるのではないでしょうか。
お互い年齢を重ねると、頑固になるところもあれば考え方が変わることもありますよねぇ、もちろん 慶くんがいてこそ ですが。

ですです。ようやく少しずつ修復されてきました!
ご指摘の通り、慶がいてくれるからもあるし、お互い年齢を重ねたおかげで、良い意味で一歩引くことができるようになってきたのかなあ……って感じですよねえ。

>残念ながら、あとがきに書いていただいた 疑問を持ってはいませんでした。ただ 秘書の庄司さんにも確かやめられたくらいだから(間違っていたらすみません)、お付き合いは難しいお父さんなのだろうなぁ という想像はありました。

おおお!ありがとうございます!そうなんです。お付き合いは難しい人なのです!
庄司さんは、お父さんの弁護士事務所を継いでくれた方なんですが、浩介父が、引退した後も、庄司さんのやり方にあーだこーだ意見しすぎたために、仲違いしてしまったのでした……
浩介父にとって、庄司さんは息子みたいなもので。本当の息子の浩介とコミュニケーション取れなかった分、庄司さんに関わり過ぎてしまったというか……

>そして 6/2はそういう設定の日だったんですねぇ。自然な出会い いいですよねっ。

そうなんですそうなんです!実は小さい頃自然に出会っていた、という……。
で、今年の6月2日がせっかく火曜日だったので、なんとか前編だけでもこの日に更新をーー!と思っての更新だったのでした^^;

>あとがきの最後の部分で 「来週更新できれば」を 「次回更新できれば」と勝手に読み替えておりました。「えっ あんなに次回予告しておいて 次回更新なしなんてあり?」と思い読み返したら自分の目がおかしいだけでした。よかった~

(笑)(笑)よかった~だなんて有り難いお言葉ありがとうございます!!
確かに!あんなに滝さん滝さん書いてるくせに、しなかったら、なんなんだ?!って感じですよね(笑)

>そして 職業病なのか 気になったことが一つ。これって 何回かに分けて書かれました? 途中で書体なのか何かが変わっているところがあって、そんな変なところが気になったりして・・・

やー本当に本当にご指摘ありがとうございました!
本当に助かりましたっ。
職業病……校正とかなさるお仕事???

分けて書いたどころか、もうチマチマチマチマと……出勤の電車一駅だけでもチマチマと書き足すし、何回も何回も読み返しては直すので……
読み直し過ぎて、いいんだか悪いんだか分からなくなってくるし、しかもスマホだと画面小さいから、余計に……

でも、スマホの良いところは、どこにいても書ける!ってところですね!!
以前は、真面目なシーンとか、絶対にパソコンじゃないと書けなかったのですが(で、あとからスマホでチマチマ直す…)、
今はすっかりスマホでいけるようになりました。

>私はまったく書けないので どうやって作品を生み出すのか気になっているんでしょう。

わわわ。「作品を生み出す」なんて恐れ多いお言葉っっ。
私の場合は、登場人物が勝手に生活してるので、それを字に起こすだけなのですが、それがなかなかちゃんと表現できなくてもどかしくて……
あれですあれ。ドラえもんに出てきた、頭の中に浮かんできたことを文章に起こしてくれる道具があればいいのにっていつも思います……

毎回、違うなあ、違うなあと思いながら直してまして……
今回も、後編、浩介視点で書きかけてたのですが、どうもしつこくなりすぎるため、慶君視点に変えて書き直しております……

>では 来週でなくても 是非次回更新をお願いしますっ

ありがとうございますーー!
そういうわけで、書き直し真っ最中なのですが、上がりましたらまた更新させていただきます。
励ましのお言葉本当に本当にありがとうございます!!!

この度は嬉しいコメント&有り難いご指摘、本当にありがとうございました!!
私の職業 (TAKA)
2020-06-05 20:39:56
尚さま

忙しいだろうに、修正に時間をとらせてすみませんでした。
ちょっと気になったのですが、「そんな細かいこと気にしないで」と言われたらどうしようかと思ってました。そんなことなくてよかった~。逆に何度もコメントをいただいて 申し訳ないくらいでした。
スマホで見ると 違いはなかったんですねぇ。私 PC派なのです。こっそり教える方法がわからず、コメントに書いてしまいました。
確かに スマホはどこでも使える便利さはあります。だから読むだけならいいのですが、このように文字を入れる となったら断然 PCというかキーボードです。スマホで書いているなんてすごいですねぇ。

「何回も何回も読み返しては直す・・・」やはりそうでしょうね、私 理系なので ”これが正解”というのじゃないとダメなのです。だから 学生の時 国語の時間はイヤでした。先生に「この行間にある作者の思いとは」なんて聞かれても ”そんなん わかるわけないやん”と思いつつも 当然そのように答えれるわけではなく、自分の思ったことを言っても勿論当たりません。書いた本人も今 生きてないんやから その答えが当ってるかなんて どうやったらわかるん? でした。なので作品を作る時 「これでいく」ってどのタイミングで決めるのかなぁ~というのが私には永遠にわからないと思います。

次回は慶くん視点、ムフ これはまた楽しみです。

そして 私の職業はSEです、職業柄なんて大層なこと書いてすみません。元々は見た目を気にしない方なのですが、自分たちが開発したアプリケーションを使ってくれるユーザーさんに「センスよく」とリクエストされているからか 見た目が気になるようになりました。文字の間違いはあまり気づきません(笑)

TAKA様! (尚)
2020-06-06 01:31:38
お返事ありがとうございます!!

>忙しいだろうに、修正に時間をとらせてすみませんでした。

とんでもないーー!教えてくださって本当にありがとうございます!

>ちょっと気になったのですが、「そんな細かいこと気にしないで」と言われたらどうしようかと思ってました。そんなことなくてよかった~。逆に何度もコメントをいただいて 申し訳ないくらいでした。

いやいやいやいや。ホントにホントに助かりました!!
私、普段は大雑把O型そのものなのですが、文のレイアウトに関してはこだわる派なので、ご指摘本当に本当にありがたかったです。
しかも公開したその日に指摘してくださったので、あれをずっと晒しておくことにならずに本当に良かった……

>スマホで見ると 違いはなかったんですねぇ。

そうなんですよー(涙)
いや、ホントに……教えていただかなかったら、もうずっとずっと気が付かなかった……。今後はPCでも確認するようにしたい……

>私 PC派なのです。こっそり教える方法がわからず、コメントに書いてしまいました。

もー本当に本当にありがとうございました!教えていただかなかったら、ずっと後に気が付いて、顔から火吹いてたところでした。

>確かに スマホはどこでも使える便利さはあります。だから読むだけならいいのですが、このように文字を入れる となったら断然 PCというかキーボードです。スマホで書いているなんてすごいですねぇ。

そうなんですよねー。便利は便利で、読むだけならいいんですよねえ。
今、PCでお返事書いていて「ああやっぱりキーボードが楽…」としみじみ思っているところです。

でも、うち、パソコンがリビングにあるもので、このステイホーム週間で家に一人でいる時間が皆無になってしまったため、今も誰かリビングに入って来るんじゃないかと、ドキドキしながら書いているところでして……。

前も書いている最中に入ってこられて、咄嗟にバッテンをクリックして全部消してしまったことがあり……^^;


>「何回も何回も読み返しては直す・・・」やはりそうでしょうね、私 理系なので ”これが正解”というのじゃないとダメなのです。だから 学生の時 国語の時間はイヤでした。先生に「この行間にある作者の思いとは」なんて聞かれても ”そんなん わかるわけないやん”と思いつつも 当然そのように答えれるわけではなく、自分の思ったことを言っても勿論当たりません。書いた本人も今 生きてないんやから その答えが当ってるかなんて どうやったらわかるん? でした。

(笑)(笑)!!
前に、どなたか小説家の方が、センター試験に自分の小説を使われて、自分でも解いてみたらすごく点数悪かったって話していたことを思い出しました(笑)
ホント、その答えがあってるかどうかなんて、どうやったらわかるん?ですよね(笑)

私は妄想逞しすぎて、行間に妄想ぶちこみすぎてる生徒でございました……
高校時代、夏目漱石の「こころ」の「先生」の親友「K」は、絶対に「先生」のことが好きだったに違いないって思って、BL二次小説書きましたもの~~。

>なので作品を作る時 「これでいく」ってどのタイミングで決めるのかなぁ~というのが私には永遠にわからないと思います。

それ!それですよね!
私の場合は、セリフに関しては、登場人物が勝手に話すので、セリフを直すということはほとんどなくて、セリフの直しは、どこで切るかとか、「え」なのか「………え」なのか「え……」なのか、そういうところなのですが、
行動の表現に関しては、もうこれ、技量不足のせいで、これじゃ分かりにくいよなあとか、どうやったらうまく伝わるのかなあ、とか、その悩みで……
なので「これでいく」ってどのタイミングで決めるのかというと、私は「締め切りが来たら諦める」という感じです^^;
なので、今回の前編は、6月2日の朝にあげたい!と思っていたので、締め切り前に、もうこれでいいか……と諦めて……
そうじゃないと、私、もうずっとずっと、チマチマと見直し続けちゃうんですよねー^^;

その弊害なのか?なんか途中で、設定がおかしなことに……
ご指摘くださり本当にありがとうございます!!
後編もやっぱりおかしなことになっていたので、
手で直そうかどうしようかと思ったのですが、
昨日、コピーしてWordに貼り付けてそこで直して、ブログに貼り付けたらたぶん大丈夫になった……ような……

>次回は慶くん視点、ムフ これはまた楽しみです。

わわ。楽しみ、なんて恐れ多いお言葉ありがとうございますっ。
いつもながらの普通過ぎるお話で大変恐縮なのですがっ
読んでくださり本当に本当にありがとうございます!!

>そして 私の職業はSEです、職業柄なんて大層なこと書いてすみません。元々は見た目を気にしない方なのですが、自分たちが開発したアプリケーションを使ってくれるユーザーさんに「センスよく」とリクエストされているからか 見た目が気になるようになりました。

SEさん!!かーーーーーっこいいーーーーー!!
わーすごいなーーー!!憧れます!!
「センスよく」!わーーー大変ーーーー!!

>文字の間違いはあまり気づきません(笑)

(笑)(笑)!!
実は今日の日中、急に溝部らのでてくる話が読みたくなって、いくつか短編を読み返していたら、誤字を発見して!
うわ~~なんで今まで気が付かなかったんだー!と凹みつつ、後で直そう……と思ったんですけど、どこだか分かんなくなっちゃいまして^^;今から探しにいってきます……

なんて、後編書き終わっていないくせに、遠回りしております……
遅くとも来週の金曜日にはお届けしたいなあと思いつつ……

嬉しいコメント本当に本当にありがとうございました!!

コメントを投稿

BL小説・風のゆくえには~ 短編読切」カテゴリの最新記事