創作小説屋

創作小説置き場。BL・R18あるのでご注意を。

BL小説・風のゆくえには〜愛してる記念日2020(慶視点)

2020年11月10日 07時21分00秒 | BL小説・風のゆくえには~ 短編読切

★先週更新した【浩介視点】の裏話&続きです。


【慶視点】

 11月3日は『愛してる記念日』。
 おれが浩介に「愛してる」と初めて言った日を、浩介が記念日認定したのだ。

 こんな恥ずかしいセリフ、シラフで言えるわけがないのに、この日だけはシラフで言う、と約束してしまったのは一年前のこと……。

 11月2日の夜、明日言わなくちゃいけないんだと思ったら、寝付けなくなってしまった。なんであんな約束しちまったんだ……。

 寝付けないまま、水でも飲もうかと、ベッドを抜け出した。襖を開けた先、布団の上で寝ている浩介の横顔が見える。

(一緒に寝てえなあ……)

 ため息がでてしまう。感染症対策のために寝室を別にしてからもう半年以上たつ。いつになったらまた一緒のベッドで眠れるんだろう。いつになったら思う存分触れ合えるようになるのだろう。いつになったら……

(……なんて考えててもしょうがねえな)

 水とともにため息を飲みこむ。
 総合病院の医師という職業柄、感染のリスクは高い。そのため、家族と離れて暮らしている先生方もいる。一緒に住めているだけでも有り難いと思わなくては……

(…………浩介)

 良く寝ている横顔を見下ろす。

(いつもだったら、後ろからギューッて抱きついて、で、寝ぼけた浩介が抱きしめ返してくれて……)

 その流れの中でなら、「愛してる」の一言もいえそうなのになあ……

 なんて、妄想しててもしょうがないか……

(………って。あ。そうだ!)

 良い事思いついた!
 もう、12時過ぎている。もう3日だ。「愛してる記念日」だ。

(今言えばいいんじゃねーか。そうだ。そうしよう!)

 それで明日「夜中に言った」って言おう。よし。そうしよう。

 と、いうことで。
 よく眠っている愛しい耳元に、そっと囁いてやった。

「浩介、愛してるよ」

 って。


***


 翌朝起きたら、浩介はとっくに起きていて、何だか機嫌よく朝食を運んでいた。で、おれの顔をみるなり、ぱあっと目を輝かせて、

「おはよー♥ ちょうど良かった!今起こそうと思ってたんだー♥」

 オムレツ……ハートが書いてある……。

「おお。早いな……」
「うん!だって!」

 ニコニコの浩介。

「今日は『愛してる記念日』だよ! 慶が愛してるって言ってくれる日!」
「……………」

 ほう。そうか。やっぱりそうきたか。

「それだけどな……」

 コホン、とわざとらしく咳をしてやる。で、言えと言われる前に、「昨晩言った」と言ってやろうとしたら……

「ありがとね♥慶♥」
「は?」

 いきなりハート付きで礼を言われ、きょとんとなる。何がありがとう?

「何が?」
「夜、言ってくれたじゃーん! 愛してるって♥」

 …………。
 …………。
 …………。

 え?

「は?」
「すっごい嬉しかった!ありがとね♥」
「は?」

 え?
 え?
 え?

 えーーーーーー!!

「おま……っ! 起きて……?!」
「起きてたよー」

 ピースサインの浩介がヘラヘラと続ける。

「慶ってば、耳元であんな色っぽい声、もーたまんなかったよー。腰砕けるかと思った。いつもより低い声でさー、囁くみたいに……」
「わーーーーー!やめろ!」

 は、は、恥ずかしすぎるーーー!!

「起きてるなら起きてると言え!」
「えー、言う前に慶、さっさと部屋に入っていっちゃったんだもーん」
「それは……」
「だから一人で余韻に浸ってました♥慶の甘〜い愛してるの……」
「もういい!」

 勘弁してくれ………

 ヨレヨレとソファに倒れこんでしまった。朝から疲れた……。

 ぐったりしているおれには構わず、コトリ、と浩介が皿をテーブルに置いた。

「と、いうことで、お礼のオムレツです♥」
「あー………」

 それでハートなわけか……って、いつもハートか……

「うまそうだな……」
「食べて食べて!

 嬉しそうな浩介が可愛いから……まあ、いいか……

 起き上がると、浩介がスープカップも置いてくれながら、ニコニコと言った。

「来年は、ちゃんと起きてる時に言ってね?」
「あー……」
「それと今日は初キス記念日でもあるけど……」
「あー……」

 それもあったか……

 何を言われるかと身構えた。が、

「そのお祝いは、キスしても大丈夫になるまで我慢するね」

 ニコリと言われて、余計に愛おしさでギュッとなる。

「…………そうだな」
「うん」
「…………」
「…………」

 見つめ合い……そして……

 …………。
 …………。
 …………。

 なんて、ここでキスしたら元も子もない。

 ふっと二人で笑って、美味しそうな皿の並んだテーブルに向かう。

「じゃ、いただきます!」
「召し上がれ♥」

 フワフワのオムレツの上のハートのケチャップを、ぐるぐるとスプーンで伸ばして卵の黄色を赤で覆う。そして、さっそく一口!

「おー、美味い!」

 浩介の気持ちのこもったオムレツを食べる今年の「愛してる記念日」。

 来年の今頃、世の中がどうなっているのかは分からないけれど……

(……愛してるよ、浩介)

 その気持ちに変わりがないことだけは、分かっている。




---

お読みくださりありがとうございました!
前回、次は初チュー記念日?とのコメントをいただき、我慢できなくなって、結局、慶視点で続きを書いてしまいました。
「言って」と言うより「聞いてたよ」の方が慶が照れるだろうな〜と思いついて内心ニヤニヤしてた浩介さん。なんだかんだ言って、こういうところは浩介の方が一枚上手な気がします。

ランキングクリックしてくださった方、読みにきてくださった方、本当に本当にありがとうございます!


BLランキング
ランキングに参加しています。よろしければ上二つのバナーのクリックお願いいたします。してくださった方、ありがとうございました!

「風のゆくえには」シリーズ目次1(1989年~2014年) → こちら
「風のゆくえには」シリーズ目次2(2015年~) → こちら

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« BL小説・風のゆくえには〜愛... | トップ | BL小説・風のゆくえには〜同... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (れい)
2020-11-10 10:44:27
初チュー記念日ありがとうございます。
さすが浩介キッチリ入れてきましたねw

慶くんのほうが顔もいいし、男らしいし
お医者様だし絶対モテるんだろうけど
やっぱり私は浩介推しなんですよね~
顔は普通で女子力高くても
自称「尽くしたい病」の浩介のスパダリぶりはハンパないもん。
家事ができるからとか
尽くしてくれるからスパダリではなく
慶のことが大好きだから、
慶に喜んでもらいたいから
慶の為に何かをせずにはいられない
慶の為にはなんでもする
慶至上主義のスパダリなんですよね!!
(力説ww)

慶がいることによって
浩介のスパダリが作り上げられたんだと
思うんですよね。

そんな人この世にいるの?笑
だから妄想ってすばらしいwwww
れい様!! (尚)
2020-11-11 06:31:05
先日は初チューへのつっこみありがとうございました!
れいさんのおかげで今回書けました~!!
書けてめっちゃ楽しかったです~~本当にありがとうございます!!

今回へのコメントもありがとうございます!
お返事遅くなって申し訳ありません!!

浩介推し!!
わーーー嬉しいお言葉ありがとうございます♥

慶至上主義のスパダリ!!(笑)
それは間違いない!!

もれなく、うるさいお義母さんと気難しいお義父さんが付いてきますが^^;
彼自身がスパダリなことは間違いない~~!

しかもすごい省エネカーかもしれん。
一年に一度の「愛してるよ」の言葉だけでもメチャメチャ喜びます。
でも、そうそう、慶の為に何かをせずにはいられない、なんですよね~~♥

元々、一人暮らしを始めたばかりのころなんて、
慶の方がお料理できたのに、
あっという間にそれを抜き、スパダリスキルがあがり……

浩介スパダリへの道を妄想してたら楽しくなってきました。
ホント、妄想ってすばらしい(笑)

次は付き合いはじめ記念日ですね~^^
お時間ありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

嬉しいコメント本当に本当にありがとうございました!!
オムレツのように (TAKA)
2021-01-04 13:22:06
尚さま

思いついた時の慶くん、思わずニヤリとしたに違いありません。
それが次の朝にアタフタすることになるとは知らず、ムッフッフ。
浩介くんへの気持ちはめっちゃあるんですけどねぇ~、言葉にするのが恥ずかしい 典型的な日本男子。

いつもこの二人は オムレツのようにフワフワの気持ちにさせてくれます♪
TAKA様! (尚)
2021-01-04 15:56:27
コメントありがとうございますー!

>思いついた時の慶くん、思わずニヤリとしたに違いありません。

ですよねですよね!めっちゃニヤリとしてますよね!
勝ったって思ってますよね!!
でも残念ながら……

>それが次の朝にアタフタすることになるとは知らず、ムッフッフ。

そうそう(笑)(笑)!!アタフタアタフタっっ

>浩介くんへの気持ちはめっちゃあるんですけどねぇ~、言葉にするのが恥ずかしい典型的な日本男子。

そうなんですよね~~なんでそんなに恥ずかしいんでしょう。
慶君、実は、カラオケも苦手。
スピーチは得意なのに……

……あ!!!!今気が付いた!!!!
もしや、カラオケの、恋愛の歌詞とかが苦手??
もともと、音楽好きじゃないってのもあると思ってたけど……

どうも、慶と浩介が音楽聴いたりするイメージってなくて。
お笑い番組を観るってイメージもなくて。
年末は、慶がボクシング観てて、浩介はボクシング観てる慶をみてたと思われます。

>いつもこの二人は オムレツのようにフワフワの気持ちにさせてくれます♪

わ~ありがとうございます(涙)
浩介のお母さん直伝のフワフワオムレツ♥
あーこんな朝食を作ってくれる嫁、羨ましい~~。

嬉しいコメント本当にありがとうございます!!
冬休み終わりにテンション上がりました。
これで明日から頑張れます!
本当にありがとうございました!!

コメントを投稿

BL小説・風のゆくえには~ 短編読切」カテゴリの最新記事