創作小説屋

火曜・金曜の朝7時21分更新予定。BL・R18あるのでご注意を。

BL小説・風のゆくえには~その瞳に・裏話1

2018年03月02日 07時21分00秒 | BL小説・風のゆくえには~  その瞳に*R18

「その瞳に」の真木視点です。
本編・裏話、どちらを先に読んでも大丈夫、のつもりで書いております。


-------


2002年秋


【真木視点】


 幼い頃から、願いが叶わなかったことは、一度もない。

 裕福な家庭で育った上に、この完璧な容姿、人を魅了するオーラ、優れた記憶力・分析力、抜群の運動神経、手先の器用さ、等々、天が二物も三物も与えてくれたおかげで、求めて手に入らないものはなかったのだ。

 だから、彼を「欲しい」と思ったことは、いつものように「手に入る」に繋がるはずだった。絡めとる網を張って、自分の手に落ちてくるように仕掛けたはずだった。

 けれども……


***


 彼との出会いは9月の初め。さして興味のない勉強会に参加したときのことだった。

 開始ギリギリに会場に飛び込んできた彼を見て、思わず「へえ……」と感嘆の声を漏らしてしまった。

(綺麗な子だな……)

 綺麗なだけでなく、人目を引くオーラを放っている。俺と同じだ。

「ここ、空いてるよ」

 座る場所を探している様子の彼に手を挙げて教えてあげると、

「ありがとうございます!」
「………!」

 キラキラキラ………と光が舞ったような笑顔をこちらに向けてきた。息を飲んでしまう。まるで天使だ。

(これは………欲しい)

 こんな子、今まで見たことない。震えるような衝撃が走った。この出会いは運命だ。

 完璧な俺の隣には、彼のような子がふさわしい。
 



 彼……『渋谷慶』は、驚いたことに、卒後3年目の28歳だという。ずいぶん若くみえる。まあ、おれも若くみられるので、実年齢の6歳の差は見た目と合っているかもしれない。

 彼は非常に真面目な青年で、勉強会の最中は、メモを取ったり、資料に印をつけたり、と、ずっと熱心に話を聞いていた。
 中でも、小児アレルギーの小林先生の講義を食い入るように聞いていたので、

「もしかして、小林先生目当てで参加した?」

 終了後にたずねてみたら、彼は恥ずかしそうにうなずいて、

「実は先生の本、何冊も持ってて……」

 頬を赤らめたその様子………かわいすぎるじゃないか。

「……………。俺、小林先生と面識あるから、紹介してあげるよ?」
「え!?」
「おいで?」

 戸惑った様子の彼の肩に手を回す。

(へえ……結構鍛えてるな)

 華奢に見えるけれど、体はガッチリしている。そんなところも、好ましい。

「ご迷惑では……?」
「大丈夫だよ」

 微笑みかけると、彼は大きく瞬きをしてから、

「ありがとうございます。お言葉に甘えます!」

と、ニッコリとした。その物怖じしないところも気に入った。



 知れば知るほど、彼は俺にふさわしい理想的な青年だと思えた。

 医者としてはまだまだ未熟。でも、それを自覚して懸命に取り組んでいるところが良い。少々、空回っているところも微笑ましい。

 勉強会では常に隣に座るようにして、その後、飲みに行ったり、スポーツジムに行ったり……、と、計画通り、この一ヶ月ほどで着々と距離を縮めた。健康的で真っ直ぐな彼が俺に向けてくる視線は、すっかり『頼りになる先輩』だ。込み入った仕事上の悩みを打ち明けてくるくらい、俺に気を許している。


 そろそろ次の段階へ行こうかな………と思っていた矢先のことだった。


「今日は浩介のうちから直接来たので……」
「………そう」

 彼から発せられる『浩介』の言葉に、またか、と思う。一度何かの話題に出たのをキッカケに、彼はよく『浩介』の話をするようになった。高校時代からの『親友』だと言う。高校の社会科の教師をしているバスケ部顧問。その名前を口にするとき、彼の瞳は少し柔らかくなる。

(彼氏……とか?)

 以前、恋人はいるのかと聞いたら、少し間を空けてから「いません」と答えていた。あの間が、同性の恋人を隠すためのものだとしたら、彼も『こちら側』の人間ということになり………話が早くて好都合だ。恋人の有無なんて、俺にとっては何の問題にもならない。

 よし。決めた。

「ねえ、慶君」

 ポンッとその小さくて可愛らしい頭に手をのせる。

「俺、その親友君に会ってみたいなあ」
「え」
「今度一緒に食事でもどう?」
「いいんですか?!」

 ぱあっと目を輝かせ、キラキラ笑顔になった彼。眩し過ぎる。

「おれも是非、真木さんに会っていただきたいって思ってたんです!」
「………」
「わ~嬉しいなあ」

 無邪気な瞳。溢れでる真っ直ぐさ。触りたくなる白皙……

(ああ。欲しい……)

 今すぐ落としてしまいたい。……けれども、まだだ。ゆっくりと、着実に、俺のものにしてやる。




-------------------------------

お読みくださりありがとうございました!
「その瞳に」の1の真木さん視点でございました。
この調子で「その瞳に」の裏話を書き終えてから、あらためて!真木さん主役のお話を書こうと思っております。
なので、真木さんの詳細……家庭環境とかそういったことはその時に。今回は裏話に徹します。

次回もお時間ありましたらどうぞよろしくお願いいたします。
クリックしてくださった方、見に来てくださった方、いつも本当にありがとうございます!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村
BLランキング
↑↑
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
してくださった方、ありがとうございました!

「風のゆくえには」シリーズ目次 → こちら
「その瞳に*R18」目次 → こちら

ジャンル:
小説
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BL小説・風のゆくえには~バ... | トップ | BL小説・風のゆくえには~そ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです!! (なおこ)
2018-03-02 09:07:08
作者さん、ついにまき先生始めるんですね
個性的なキャラクターなので、書きやすいのかな〜と思ったり
自慢の彼氏とバレンタインデート読ませていただきました。
浩介母相変わらずですね〜そして、慶、浩介を思いやれてる!!
ついつい医者なりたてのわがまま慶くんと比べちゃいました。

山崎さんのところ、子供産まれるんですね。慶と浩介は、もやもやしないのかな??そんな時期は乗り越えたのかな??まあ、例え男女でも、子供ができるとは限らないし、子供が産まれても、その子供がまっすぐ育つとは限らないし。

ところで、ヨーロッパのとある首相、男性なんですけど、なんと、生徒のとき、教師の女性に惚れて、その女性は結婚してたのに別れてその生徒と結婚してるんですよ!その女性、すごく熱心に教育してて生徒は、ほだされたみたいで。それをみて、思わず浩介大丈夫??と思ってしまった私。人の痛みがわかるからこそ、深入りすると危険ですね。

なかなかコメント出来ず、すいません。
なんか、プライベートで、子供の学校選びで、家から近い、すごい偏差値高い学校に、行ってもついていけないリスクあるし、
割と簡単な学校だと、受験勉強1年もったいないし。何よりうちから遠い、、、なんてなやんでしまって。子供にとって何が最善か難しいですね。そして、今年に入って自転車の交通事故にインフルエンザ。すべて私で。そして、次は花粉症!!しんどい季節ですね。

作者さんの物語はすごく気分転換になってます。また、楽しみにしてますね!!
なおこ様!! (尚)
2018-03-02 23:21:38
コメントありがとうございますー!!

>作者さん、ついにまき先生始めるんですね

そうなのです。ついに(笑)始めるのですっ

>個性的なキャラクターなので、書きやすいのかな〜と思ったり

ご明察でございます!!ぶれてない人間はとっても書きやすい~
今でこそ慣れましたが、浩介ははじめのうちは苦労しました。彼は内面と外面が違いすぎるので^^;

>自慢の彼氏とバレンタインデート読ませていただきました。

ありがとうございますーー!!

>浩介母相変わらずですね〜そして、慶、浩介を思いやれてる!!
>ついつい医者なりたてのわがまま慶くんと比べちゃいました。

そうそう。母相変わらず(笑)
まーこの歳だし、そうそう性格変わんないですよねえ……^^;

そうそう。対して慶君は、医者なりたて自分のことでいっぱいいっぱい時代に比べて、なんて成長したのかしら!!

でも、今回の真木さんの話は「わがまま慶くん」時代でございます^^;

>山崎さんのところ、子供産まれるんですね。慶と浩介は、もやもやしないのかな??そんな時期は乗り越えたのかな??まあ、例え男女でも、子供ができるとは限らないし、子供が産まれても、その子供がまっすぐ育つとは限らないし。

そうですよねえ……
「もやもや」は慶はしないけど、浩介はすると思います。
この二人が「子供をもたない選択」をしているのは、浩介の「自分の親のようになるのが怖いから、子供は欲しくない」というのが大きなところなので、
浩介の中では、どうしても「自分のせいで子供を持てない」意識はあるので……
慶はそれでいいって言ってるけど、でも……、みたいな……

まあ、ホント、子供がうまれたらうまれたで大変だし……
山崎さんのところも、なにげに奥さんの菜美子さんは冷静なようでテンパる人なので、色々大変だと思います^^;

>ところで、ヨーロッパのとある首相、男性なんですけど、なんと、生徒のとき、教師の女性に惚れて、その女性は結婚してたのに別れてその生徒と結婚してるんですよ!その女性、すごく熱心に教育してて生徒は、ほだされたみたいで。それをみて、思わず浩介大丈夫??と思ってしまった私。人の痛みがわかるからこそ、深入りすると危険ですね。

えーーー!!離婚して結婚って!!うわ~~すごいですねえ。
ホント、生徒と教師って密接な人は密接だから、さもありなんというか……
浩介さんも適度に距離を持って!!ですね^^;

>なかなかコメント出来ず、すいません。
>なんか、プライベートで、子供の学校選びで、家から近い、すごい偏差値高い学校に、行ってもついていけないリスクあるし、
>割と簡単な学校だと、受験勉強1年もったいないし。何よりうちから遠い、、、なんてなやんでしまって。子供にとって何が最善か難しいですね。そして、今年に入って自転車の交通事故にインフルエンザ。すべて私で。そして、次は花粉症!!しんどい季節ですね。


わわわ。交通事故にインフルエンザ?!えーー!!それは大変でしたね……
そして受験も……。それは学校悩みますねえ……
うーん。せっかく1年頑張るんだから納得のいく学校受験したいですものねえ……
うちの息子、今、中2で今度中3なので、同じく学校選びに悩んでいます。
ホント子供にとって何が最善か。難しい……

>作者さんの物語はすごく気分転換になってます。また、楽しみにしてますね!!

わあそんなこと言っていただけるなんてとってもとっても嬉しいです!!
ありがとうございますっ。

花粉症……明日飛散量多いらしいです。くれぐれもお大事になさってくださいー(><)
お忙しい中コメントくださって本当に本当にありがとうございましたっ。

コメントを投稿

BL小説・風のゆくえには~  その瞳に*R18」カテゴリの最新記事