創作小説屋

火曜・金曜の朝7時21分更新予定。BL・R18あるのでご注意を。

BL小説・風のゆくえには~その瞳に・裏話3

2018年03月09日 07時21分00秒 | BL小説・風のゆくえには~  その瞳に*R18


「………痛っ」
 目覚めた途端、首の後ろのズキズキする痛み、腹のあたりの鈍い痛み、吐き気、床の固い感触……、とにかく、ありとあらゆる不快なものに襲われた。

「………なんだ?」
 ぼんやりと天井を見上げる。今、俺は床に転がっていて……ここは俺の滞在するホテルの一室で。ベッドルームとリビングルームの境目あたりで……

「………?」
 思考を遮るように、ピンポーンと呑気な感じのインターフォンが遠くから聞こえてきた。誰か来たのか……?
 壁に掴まりながら立ち上がり………、リビングルームのテレビに繋がれたビデオの線が視界に入って、ハッとした。

(そうだ。ビデオをみせてあげて、それで……)

 記憶を辿っていく。あの時、彼とソファに並んで座って、15分ほどの映像を一緒にみて、その話を少しして、それから……



「こっちがベッドルームになってるんだよ」

 そう言って誘導すると、彼は「へえ~~」と感心したような声を上げて、

「あ、この仕切りの先が寝室なんですね? すごいなあ。こんな大きなホテルの部屋、初めてきました」
「そうなんだ?」
「こんな風に部屋が分かれてるなんて……、わ!すっげー大きいベッド!」

 スライドドアの先の、通常のキングサイズよりもさらに大きめのベッドを見て、はしゃいだように言った彼。子供みたいで可愛い。

「ここで一人で寝るなんて、贅沢ですねえ」
「うん。だから今日は慶君も一緒に、ね?」
「あー、いやいやいや」

 あはは、と笑いながら手を振った彼。

「だから、そこまで甘えられませんって」
「甘えてよ」
「え」

 振っている手をギュッとつかむと、彼が、きょとん、とした表情をした。

「真木さん?」
「全部、俺にゆだねて?」
「え?」

 そのキレイな瞳が何度か瞬いた。
 期待してここに来たくせに……。そんな駆け引き、面倒くさいからいらないよ。

「君は本当に美しい。君こそ、俺の隣にふさわしい」
「え……と、あの?」

 彼が戸惑ったように、一歩後ろに退いた。空いた分の距離を即座に詰める。

「慶君……」
「……わっ」
「え」

 顔を寄せようとしたのに、しゃがみこまれて、空振ってしまった。おいおい……

「慶君?」
「え?! いや、あの……何を言われているのか……」

 頭を抱えている彼。そんなカマトトぶらなくても……同級生の親友君とやることやってんだろ?という言葉は胸にしまって、ニッコリと微笑みかけてやる。

「ねえ………、慶君って、ドライでイッたことある?」
「は?え?」

 彼はしゃがみこんで頭を抱えたままこちらを振り仰いだ。その上目遣い、そそられる。

「経験ない、よね?」
「…………」

 ジッと見かえしてくる瞳。少し開いた唇。ああ、おいしそう……

「君の知らない快楽、俺が教えてあげる」
「………」
「出さないでイかせて……」
「あのー……」

 彼はゆっくりと立ち上がると、はい、と手をあげた。

「真木さんって………、おれのことそういう対象としてみてたんですか?」
「そういうって?」
「性的……対象?」

 言いながら、上がっていた手が力なく下ろされた。
 今更、なんの確認だ?

「そうだよ? 君もそうだろ?」
「え?」
「隠さなくていいよ」

 そっとその白皙に触れる。………瑞々しい。吸い付くような肌……想像以上だ。見返してくる瞳も湖のように綺麗で………

「君は本当に美しい。俺だけの天使……」
「……………」
「慶……」
「!」

 ビクッと震えた手を掴み、そっとその愛らしい唇に……………



「……………。それから、何があった?」

 再び鳴らされたインターフォンの音に記憶の旅を邪魔された。けれども、何とか記憶を繋いでいく。それから……それから……

 ………思い出した。

「っざけんな!」

 彼の鋭い声。次の瞬間、鳩尾に痛みが走り、身を折ったところで、首の後ろにゴッと衝撃が………


 …………………。


 彼にやられた、ということか?
 ここまで的確に、人の急所を狙えるなんて、どんだけ喧嘩慣れしてるんだ。あんな可愛い顔して……

「………くそっ」

 痛みに顔が歪んでしまう。

「あのクソガキ……っ」

 この俺をコケにするとは良い度胸だ。どうしてくれよう……………

 そう思いながら、3度目のインターフォンの音に、ドアスコープから外をのぞいて………ハッとした。

(………慶!)

 彼が、立ってる。謝りにきたのか? そうだよな。驚いて条件反射的にあんなことしたんだよな? そうか、そうか………

 内心、安心しつつも、怒っている風に顔を作って、ドアをあけ………


 ……………。

 ……………。

 ……………。


「……………なんだ」

 そこに佇んでいる人物を見て、盛大にため息をついてしまった。

 ドアの先にいたのは、天使のような彼ではなく………

「何か用? チヒロ君」

 ビー玉みたいな目をしたチヒロだった。




------------------------------

お読みくださりありがとうございました!
「その瞳に」の3の真木さん視点。

慶君、人懐っこいのも大概にしないと勘違いされちゃうよ~?というお話でした(ん?そうなの?)。

次回裏話最終話になります。
それをあげたら、諸事情により2週間ほどお休みをいただこうと思っております。

クリックしてくださった方、見に来てくださった方、いつもありがとうございます!本当に本当に有り難いです。よろしければ今後ともよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村
BLランキング
↑↑
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
してくださった方、ありがとうございました!

「風のゆくえには」シリーズ目次 → こちら
「その瞳に*R18」目次 → こちら

ジャンル:
小説
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BL小説・風のゆくえには~そ... | トップ | BL小説・風のゆくえには~そ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誤字 発見 (ΦωΦ) (にしっぺ。)
2018-03-12 21:08:25
「君の知らない快楽、俺が教えてあげる」
「………」
「出さないでイクかせて……」


金曜に 途中まで書いてたんですけど…
そのまんま放置(笑)

カイロ後
筋肉痛が2日後にやってきて、
あちこちが なんかヘン… ( ̄ω ̄;)
でも
ヨガ とか やった感じが 今までと違う 気がする~ ♪
まだ一度しかしてないので、徐々に 元に戻ってく
んでしょうね (*´・ω・。)σィヂィヂ


慶の一撃必殺が見事に決まり ゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o パーーーンチ!!
なかなか 現実(正気)に戻れない真木サン

キョトン顔が 目に浮かびマス (* ̄m ̄)プッ!!




3月は忙しいですね ε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ
入学準備も 色々あるし
買い揃えるモノも… ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ  
にしっぺ。様!! (尚)
2018-03-12 22:03:22
コメントありがとうございますーー!!
わわ!!よりにもよってこんな恥ずかしいセリフで誤字!!
なんてこった!!ありがとうございますー!!
早々に直させていただきましたっ

今回も20回くらい読み返してるというのに、どうして気が付かないかなあ~~
ご指摘本当にありがとうございます!!
本当に本当に助かりましたーー!!
ああ恥ずかしい……っっ!!

カイロ、いい感じですねっ
何回も通って正常な位置に……って感じですよね、きっと。
しかもヨガとかやってると、正常な位置に定着しやすくなりそうですよね!!

うちの最寄り駅近くにもホットヨガのスタジオができて、広告が入ってくるのを見る度、やったらいいんだろうなあとは思うけれど、運動系はどうしても食指が動かず……
それこそフィットネスも、私も入会して旦那と一緒に行くようにすれば、奴も少しは通うようになると思うんですけどねえ……

そうそう、真木サン、キョトンとしながら天井眺めてました(笑)
今までされたことのない仕打ちに脳が拒否反応起こしたのかも^^;

今、チヒロ役キャスティング思案中です。
顔は慶に少し似てて、背は慶よりは高くて、体は貧弱な子。
誰かいますかねえ……


そうそう、にしっぺ。さん良くご存知で!!
そうなのです。入学準備もありまして……
今、次男の部屋はゴミ屋敷のようになっているので(彼だけのせいでなく、私達の荷物もあるので^^;)、入学までなんとかしないと……
あ!その前に卒業式の準備!何もしてない!!(←今週末、小学校卒業式です)

その上、トイレの調子が悪いため、今見積もり取ったりしてて…
それから、マンションのテレビ端子の交換作業があるから、テレビ端子の前を50cm開けろとかいう通知がきまして……。
テレビの端子のある部屋4部屋中、2部屋はベッドで塞がれてるし……。
マジ無理なんですけど……

もー頭が痛い事ばかりです……

なので、どうにかこの2週間でケリを付けて、キレイになったお部屋ですっきりとした気持ちで新作に取りかかりたい!と思っておりますっ。

嬉しいコメント、有り難いご指摘、本当に本当にありがとうございました!!

コメントを投稿

BL小説・風のゆくえには~  その瞳に*R18」カテゴリの最新記事