手助けサークル。家造りを自力でやりたい。 ちょっとしたアドバイスと助力を得て、 自分の家を持つ。

ミッドセンチュリーに生まれた世代が、次のステップを
見据えて“終の棲家”を作る。ミステリアスな家が
できるか?

国産ヒノキ科では最後の樹種・・ネズコ

2018-03-18 | 建材
ネズコ・・鼠子
こんな字を書く。
別名クロベ・黒檜・黒部、クロベスギ

ヒノキ科の木で、
昔から使われてきたが、
その割に知名度は低い。

成長が遅いうえ、
植林に向かなかったため。

木目は密で通直、
辺材の幅はわずかで、
加工性もよい。

材は軽軟で切削性は良いが、
檜のような表面の光沢はない。



辺材の色は黄白色
心材はその名の通り、
鼠色がかった黄褐色。
その色は、時間とともに濃さを増す。

表面の光沢に乏しいため、
きわめて地味な表情。

建具材としては、
落ち着いて、
渋みのある表情を生かしたい。

耐水耐湿性に優れ、
外部建具にも使われ、
控えめな味わいのある
外観が期待できる。

産地は本州、四国の山岳地域。
主に中部山岳地帯だが、
全て天然木だから、
出材料は少ない。

比  重 0.33
耐水耐湿 優
切削性  優
仕上げ  良
着  色 良
入  手 難
コスト  0.5

コメント   この記事についてブログを書く
« 檜の仲間の檜葉(ヒバ) | トップ | ついに出てきた・・スギ。国... »

コメントを投稿

建材」カテゴリの最新記事