手助けサークル。家造りを自力でやりたい。 ちょっとしたアドバイスと助力を得て、 自分の家を持つ。

ミッドセンチュリーに生まれた世代が、次のステップを
見据えて“終の棲家”を作る。ミステリアスな家が
できるか?

北側立面・・・建物の裏側になるが、隣家への影響は?

2013-10-12 | 家造り
北側の立面は、裏側隣家から見れば正面になる。
正面に見える景色が不細工なら、お隣さんに迷惑。

        
        20131012
もう一つ、配慮しなければならないのは、隣家へのプライバシー。
裏の家は、南側に向かって、思いっきり開口を確保したい。
陽光も取り込みたいし・・・屋外景色も楽しみたい。
都心に建つ住宅で、すばらしい景色を確保することは難しいにしても、
気持ちよく窓を開けて生活できるよう、見られるプライバシーには
十分配慮した、開口計画を心がけよう。

一つが600角の連窓で計画した。
横に連なる連窓・・・竪に連なる連窓
形態が統一されていれば、整然と見えて、不快を催すことは少ないだろう。
開けることのできる窓も、最小限にしたい。
どうしても通気の必要な水廻り・・・そして、通風を確保したい居室。
他は音が漏れないように、そして、開かない安心感を与えるように、
嵌め殺し窓にする。
ガラス面は、全てフィルム張りにする。
カーテンでは安心感に欠ける。

コメント   この記事についてブログを書く
« 西側立面・・・隣地側の壁作り | トップ | 東側立面・・・隣地側 »

コメントを投稿

家造り」カテゴリの最新記事