湘南つばさの家 ブログ

神奈川県茅ケ崎市にある自立援助ホーム。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

働くということ

2013年06月24日 | 日記
つばさの家に入居するためには、「働くこと」が前提となる。

生活していくために、働かなければならない。
この事を納得することが求められる。

世間の多くの十代は親元で暮らしているのに
親と暮らせず、働くという選択肢を選ばざるを得なかったことを
彼らは無理やり納得しなければならない。

「仕方ない・・。」 そう心の奥で思っているだろう。

それでも仕事内容が楽しかったり、周りから必要とされれば意欲的にもなれる。
自分の力で働いて、給料を得て、初めて欲しいものを買えたときは、こう思うかもしれない。

「自分で稼ぐことができたんだ」

その喜びを素直につばさの大人に伝える子もいれば、言葉に出さず噛みしめる子、別のストレスに心奪われ実感がない子もいる。


眠い目をこすって、それでも自主起床して出勤する少年たち。
昨日の疲れが回復せず、それでも休まず行こうとする少年たち。
職場に着けば、自分の出来る限りで精一杯頑張る少年たち。

「まじ、やってらんねー。」
そう呟きながら、それでも働いて月日を過ごす少年たち。


働くということが、自身の自己実現につながるには、ずいぶん長い道のりがあるかもしれない。
でも、縁あって出会った職場や人や仕事内容を通し、
自分を高めるチャンスは沢山埋まっている。


日々の想いを聴かせてくれているとき、こう思っている。

「頑張ってる姿を側で見ているよ。 想っているよ。」

彼らの未来が、少しでも幸せなものになりますように・・。



この記事についてブログを書く
« つばさの歩み | トップ | 年末年始 »