季節の朝ご飯とお昼ご飯&午後のスィーツ

あなたの心に届くよう
あなたの身体に届くよう
まじめにコツコツお料理します。

長い長~い 空豆

2018-05-12 17:08:01 | Weblog





『うまみ長莢空豆』と言うのだそう・・・

今が旬の空豆を買おうと 産直に行ったてん主。

そこで目にしたもの・・・
写真の 長い長~い 空豆だった。

普段の空豆は この半分。
長くても3分の2位の長さ。
さすがに こんな長いのは見たことなかったので、 てん主のいつもの癖?で 買っちゃいました(笑)

ひと莢に 6~7粒の実が入っている。
普通のよく見る空豆は ひと莢に3粒~4粒
短い莢の品種になると実は大きいけど2粒~3粒

なので、この品種の粒の多さ 莢の長さが 際立っていることがわかる。

初めて見たこの空豆
調べたら四国地方では昔からあった品種のよう・・・
知らなかったけど 今年初、面白い発見をした気分~



まあ・・・どちらにしても空豆は中の豆をいただくために 棄てる莢の量は半端なくて(苦笑)
ゆで豆にするときは 莢から出しながら ゴミがかさばるなあ~💨と 思ったりするのも事実。。。


最近は莢ごと 丸ごと焼き空豆にすることが多い
ほっこりして 豆の味がしっかり味わえて大好きだ♥
そうすると棄てる莢のかさが減るので 一石二鳥だったりするんだけれど・・・(笑)

いずれにしても
今が旬~~🎵の空豆

赤空豆、うまみ長狭空豆、一寸大空豆・・・
しっかりいただいています🎵
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしい風景

2018-05-12 00:03:46 | Weblog



ゴールデンウィークの 1コマ

成羽に よもぎを収穫に行ってきたときの 別の風景


タンポポの綿毛の・・・
飛び立つ前の まん丸が あちこちに あり
ちょっと飛ぶかな?と思い 摘んでみたてん主

風がほとんど無かったからか 微動だにしない綿毛

子供の頃みたいに ふわふわ飛び立つのをみたかったんだけれど・・・(苦笑)


それでも やはり 懐かしいような ・・・
なんとも言えないようなノスタルジックな感じだった


成羽の母の実家である伯父の家は
てん主が子供の頃と何ら変わらない
もちろん道路は増えたし、広くもなった
伯父の家の目の前に道路が出来たから 車も行き交うようになった

けれど・・・山の色、風の音、木々の匂い、鳥の声 変わらないものも沢山ある


いつになっても、てん主にとっては原点とも言える場所なのだ


よもぎを収穫に行くといっても、犬・猫が辺りにいるわけではないから、安心して摘んでいる

イノシシや狸は絶対にいるけれど(苦笑)

祖母の作る蓬餅(餡無し)が大好きだったてん主
懐かしい味を どこか伝えたくて(自分が忘れたくなくて)作っているのだと思う
大好きな 蓬餅

今回は蓬餅に餡を入れるけれど、蓬の新芽を贅沢に摘み取って作ったピューレの香りは秀逸だと自負しているてん主なのだ~♥
コメント
この記事をはてなブックマークに追加