marshalのつぶやき

marshalの日々の出来事や趣味のマラソン・登山の事など色々つぶやいています。

百名山登頂が北日本新聞に

2011年10月25日 07時06分17秒 | Weblog
 先般、魚津の先輩と一緒に百名山登頂を記念登頂してきた。そのときの思い出に新聞に載せたら良いと思い、僕の新聞社の友達に電話したら快く引き受けてくれた。喜一さん、その節は本当に有難うございました。今度桜木で奢るからね!

 僕は普段その方とは別の付き合いで、一緒に登山したのは始めてであった。10数年前に、お互いに夫婦で立山に来ていたときにお会いしたこともあるが、中々一緒に行く機会がなかったのであった。

以下、昨日の新聞記事をそのままコピーいたしましので、興味ある方はお読み下さい。


 魚津市島尻、会社員、小坂幸博さん(61)と淑子さん(61)夫妻が今月、「日本百名山」全峰登頂を果たした。登山を夫婦共通の趣味としてから15年での達成で、夫妻は「2人でよく頑張った」と喜んでいる。

 淑子さんは職場の上司に勧められ、1985年ごろから趣味で登山を始めた。幸博さんは当初、登山には危険が伴うと反対していたが、やがて夫婦で共通の趣味を持とうと96年7月に2人で富士山に登頂。その後は一緒に日本百名山の踏破を目指した。休日に日帰りや泊まりがけで全国の山々を登り、多い年は10カ所を巡った。幸博さんは、淑子さんが既に登っていた11の山も単独や仲間と一緒に登り、追い付いた。

 最後に登ったのは、新潟と長野の県境にある高妻山(2353メートル)。淑子さんが先に登山を趣味にしたことにちなみ、幸博さんが「高妻」の名の山を最後に残したという。今月9日、2人は登山仲間と一緒に登頂を果たした。

 2人は「山頂からの景色を眺めるのが至福の時」と登山の魅力を語る。次の目標については「県内にまだ登っていない素晴らしい山があるので、登りたい」と話した。




最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (marshal)
2011-10-25 07:14:22
真ん中の夫婦の後ろにいるのが僕です。12名で挑戦したのですが、一人山ガールが途中でリタイヤしました。終始青空で過去最高の天気に恵まれたのです。帰りは真っ暗になり、懐中電気をつけての下山でしたが、それも初の経験でいい思い出になった。帰途に着く前に、目の前で蕎麦を手打ちしてもらいみんなで腹ごしらえしたのも良き思い出になっている。小坂さん、全員の分本当にご馳走様でした。(^^)

コメントを投稿