marshalのつぶやき

marshalの日々の出来事や趣味のマラソン・登山の事など色々つぶやいています。

新湊のカニを食べた

2011年10月26日 06時32分02秒 | Weblog
百名山登頂達成を北日本新聞に載せてもらったが、読売新聞はどうなのだろうと販売店の社長に電話したら、快く引き受けてくれた。しばらくすると、本社の記者の方から電話が来た。詳細とデータを送ってほしいというので、メールで済ませた。

便利な時代で、一々会わなくてもきちんと仕事や用事が出来るのである。でも、昔ならばお会いして話をして盛り上がるのかどうかは分からないが、「始めまして」と挨拶があるのだが、昨今そんなことはしなくてもいいから淋しいですね。

新聞社もネタ探しで必死だから、皆様方も何か載せてほしいようなことがあれば、勇気を持って電話してください。きっと載せれもらえますから。

さて、先般カニが食べたくなったので家内と出かけた。たまにはドライブもいいものだ!でも、生憎の小雨模様だったが仕方が無い。自然にはどうあがいても勝てないのだ。一路新湊へ、仕事で年がら年中行っている地元みたいなところでもある。

30年間も新湊へ通っていると、地元の人も僕が新湊の人だと思っている方も実はいるのである。そんな人は数人だけだろうが・・・・。僕もあえて否定していない!

その店によって、多少の違いはあるのだろうか?全く分からないが、売人の顔が違うし話し方や性格が違う、どこで買うかはカニの良し悪しよりも売人の良し悪しかもしれない。二人であの店もこの店も全部回ったが、安いのを買えばいいのか、思い切って高級品を買えばいいのか決断がつかない。

  

1袋に3匹入っていて2000円のもあれば、1匹1000円のものや5000円のものもあるのだ。脚が細くて身が少ないようなものでも結構なお値段であった。人気があるのは、3匹2000円のものだ。僕らは五人家族だから1袋じゃ足りないが、他のものもあわせて分け合って食べようと、それを購入することにした。

しかしカニの脚って8本のことなのですかね?前に大きな2本が手なのでしょうかね。だとしたら僕はその手を食べるのが好きなのでした。身がぎっしりと詰まり食べ応えがありますよね。

僕はカニを丸ごと一匹、豪快に全部食べるのが好きなのだが・・・・とにかく並ばないといけないのである。もの凄い勢いで3匹2000円のものがどんどん売れていく。大きな駕篭にあふれんばかりのものが、僕の目の前でなくなった。でも、すぐとなりにあるのだが、それはちょっと高級な1匹2000円のものである。

僕の後ろにはまだ沢山の方々が並んでいる。あまり待たせるのも悪いと思ったのか、そのおじ様の売人は僕に隣りの駕篭からこっそりと、「待たせてごめんね、1匹2000円のものだが3匹入れて2000円にする。とこっそり耳打ちしてくれた。

僕は正直、他の方に悪いなーと思いながらも心が弾んだ!後ろの方がくっつくほど迫っていたのだが、聞いていなかったようだ。今日はきっと晩酌が旨いと思いながら、車の中でその話しで多少盛り上がったのである。

あれだけ売れていれば、大儲けだろう。そうでもないかな?奉仕の精神でお客様にお出ししているのかもしれない。なにはともあれ、僕はラッキーだったのである。いやー、新湊はいい所だ。息子も社員もよく釣りに来るところでもある。

新湊大橋がもの凄く高くてびっくりであった。いつ完成するのか知らないが、そろそろじゃや無いだろうか?是非マイカーで渡って見たいところでもある。まさか有料じゃないだろうね。富山県もいいところが沢山ありますが、カニが旬の今ぜひ新湊へどうぞ。
(^^)



最新の画像もっと見る

コメントを投稿