詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

嵯峨信之『詩集未収録詩篇』を読む(11)

2020-03-25 16:56:01 | 『嵯峨信之全詩集』を読む

老残

失つたものが心では無限に大きくなる

 この一行は、二通りの読み方ができる。
 一つは「失つたもの」が「心のなかでは」無限に大きくなる。「失つたもの」とは、たとえば「女の名」であり、「一つの善意」である。その結果「自分の姿はますます小さくなつて遠ざかる」ということが起きる。自分が小さく感じられる。
 たぶん、そう読むのが普通なのだと思うが。
 私は別の読み方をしたい。
 「失つたものが心では」とつづけて読む。「心を失ったので」、そのために、と読む。そのとき何が大きくなるのか。すべてのものが大きくなる。「女の名」とか「一つの善意」ではなく、私のまわりにあるものすべてが無限に大きくなる。それは圧迫するというよりも、むしろ稀薄になる。「もの」も大きくなるが、「場(世界/宇宙)」そのものが大きくなる。「もの」がどれだけ大きくなろうが、「充実」はやってこない。
 つまり、虚無になる。こころを失い、虚無の大きさを知る、と読みたい。


*

詩集『誤読』は、嵯峨信之の詩集『時刻表』を批評するという形式で書いたものです。
オンデマンドで販売しています。100ページ。1500円(送料250円)
『誤読』販売のページ
定価の下の「注文して製本する」のボタンを押すと購入の手続きが始まります。
私あてにメール(yachisyuso@gmail.com)でも受け付けています。(その場合は多少時間がかかります)

コメント   この記事についてブログを書く
« 感染者は急増している | トップ | 嵯峨信之『詩集未収録詩篇』... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

『嵯峨信之全詩集』を読む」カテゴリの最新記事