詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

嵯峨信之『詩集未収録詩篇』を読む(12)

2020-03-26 10:13:03 | 『嵯峨信之全詩集』を読む
* (ぼくは海へ向う旅びとであつた)

ごうごうと鳴る松林がどこまでもつづいていた
そのなかへ消える遠い道があつた

 「ぼくは海へ向かった」ではなく「ぼくは海へ向う旅びとであつた」と嵯峨は書く。「ぼく」の「動詞(動き)」を書くというよりも、「ぼく」を「旅びと」と虚構化することを優先している。そのとき「ぼく」だけが虚構化されるのではなく、「海」もまた虚構化されていると考えるべきだろう。
 それは「道」にも影響する。「道」はほんらいなら「海」へつづくはずだが、「海」はつづかず「松林」のなかに消える。あるいは「松林」の「ごうごうと鳴る音」のなかに消える。しかし、それは実際には「消えない」。
 それらはすべて「遠い」という認識を明確にするためのことばなのだ。
 「遠い」何か、それは「虚構」のなかで浮かび上がる「真実」のようなものだ。そんなものは存在しない。けれど虚構によって存在するように見えてしまう。「ぼく」を「旅びと」であると言い聞かせる(自分に嘘をつく)ときに、虚構ははじまる。

*

詩集『誤読』は、嵯峨信之の詩集『時刻表』を批評するという形式で書いたものです。
オンデマンドで販売しています。100ページ。1500円(送料250円)
『誤読』販売のページ
定価の下の「注文して製本する」のボタンを押すと購入の手続きが始まります。
私あてにメール(yachisyuso@gmail.com)でも受け付けています。(その場合は多少時間がかかります)

コメント   この記事についてブログを書く
« 嵯峨信之『詩集未収録詩篇』... | トップ | もう一度、書いておこう。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

『嵯峨信之全詩集』を読む」カテゴリの最新記事