墨象家 | 書家 | 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書道家・漢字488

2017年06月30日 19時44分57秒 | 漢字

<読み> がまふかくやなぎみつなり

<意味> がまの葉が深々と茂り、柳の葉が隙間なく茂っている。

という意味です。


盛夏、蒲柳の葉の匂いがむせびかえるような風情です。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント

伊豆新聞掲載=しまなみ海道に続け

2017年06月30日 19時30分54秒 | 新聞

<記事の内容抜粋>

五輪に向け動き活発化

2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技が伊豆市で開かれることを契機に伊豆半島を「サイ

クリングの聖地」にしようとする活動が活発化している。各種団体がサイクリストの誘致、一般観光

客への自転車普及などを目指し、様々な取り組みに力を入れる。一方、道路整備や受け入れ態勢強化、

住民の意識改革などハード、ソフト両面で課題も多い。

自らもサイクリストの板垣さんは「ガイド体制の確立」を課題にあげる。「コースはスマホで知るこ

とができるが地元の人がガイドすることにより付加価値が上がる」と語る。美伊豆サイクリング事業

担当の小泉達也さんは「一度だけではなく、何度も訪れて伊豆のファンになってほしい。そのための

ホスピタリティ(おもてなし)を育てるためにも、自転車に乗る文化を根付かせることが大切」と力

説する。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント

世界の名画/岡鹿之助(1)

2017年06月30日 19時16分48秒 | 世界の名画

自画像

●1924(大正13)年。縦60.7X横45.7センチ。東京芸術大学蔵。


岡鹿之助は東京美術学校西洋画科を卒業した。その卒業制作として描かれたのがこの「自画像」であ

る。当時26歳。眼差しと口元にはやや憂鬱な気分が表れている。筆遣いは、印象派風にかなり粗く、

後年の彼の作品の連想させるものではない。色調の明るさは、折衷派アカデミズム=伝統的画法に印

象主義の明るい色彩を取り入れた流派=の日本における代表者であった。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント

書道教室の生徒の作品260/小池大嶺

2017年06月29日 19時50分39秒 | 生徒の作品

<読み> りゅうたいかぜをうけてもとむすばず かばんつゆをうけついにてんずるなし

<意味> 揚柳の糸のごとき長い枝に吹かれても決してもつれぬ、蓮の葉の上には梅雨の玉を宿して

も、ころころとこぼれる。

という意味です。


これは生徒の小池大嶺さんの作品です。今日は早々と7月25日締め切りの作品を持ってみえたのでブ

ログに載せました。入塾してからこれまで、たいへん努力してとても立派な字を書かれるようになり

ました。昇級・昇段試験に合格し、次は2段になると思います。さらなる高みを目指して、頑張って

良い文字を書いてください。期待しています。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント

伊豆新聞掲載=7月25日から世界加盟審査

2017年06月29日 19時33分21秒 | ジオパーク

<記事の内容抜粋>


子浦でカヤック紹介

伊豆半島ジオパーク推進協議会(会長=菊池豊・伊豆市長)は28日、総会を伊豆市の修善寺綜合開

館で開いた。7月下旬に行われる国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界ジオパーク加盟に向けた現

地審査の行程案を報告。同市から伊豆半島を反時計回りに巡り、ジオサイト11カ所を含む16カ所を

訪れるコースを示した。

審議では、前年度の事業・収支決算を紹認。町長交代に伴い、岡部克仁・南伊豆町町長が副会長に就

く役員変更も承認した。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント