墨象家 | 書家 | 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書道家・漢字160

2012年03月31日 17時39分54秒 | 漢字

<読み> こうげつ よふけにたかし

<意味> 川での月は夜の更けるに従って高くのぼった。

という意味です。






にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
コメント

南伊豆町役場竣工式にて感謝状を頂いた彫刻家

2012年03月31日 17時08分51秒 | 日記

南伊豆町町長(向かって右)と私と同じ感謝状を頂いた彫刻家の山田進先生(向かって左)です。

山田先生は、京都のご出身で、日展委嘱作家として、日展21回入選、特選は2度輝きました。近

所にこんなすごい方がいたなんて分からなかったです。今後も良い作品を作り続けてください。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント (1)

伊豆の大地の物語175 小山真人著

2012年03月31日 16時25分18秒 | 伊豆の大地の物語
活断層の周囲での地層のたまりかた。1.活断層が動いてA層をずらし、地表に段差ができる。
2.段差の両側で厚さの異なるB層がたまる。3.段差が埋まった後にC層がたまる。この後、
時間をおいて再び活断層が動いて破線の位置に段差が生じ、C層がずれて1の状態に戻る。



105. 丹那断層(4) 発掘調査

1930年北伊豆地震によって丹那断層がずれ、丹那断層をまたいで建設中だった丹那トンネルに

2メートル以上のくいちがいが生じた。この事実は当時の鉄道省に少なからず衝撃を与えたらしい。

なぜならたまたま工事中でよかったものの、実際に列車が走り始めていたら、大惨事の可能性も

あったからである。しかし、当時の知識からも活断層のずれはめったに起きないことがだいたい

予想できたため、トンネル工事は続行され、後に併設された新幹線の新丹那トンネルとともに、

今では日本の東西を結ぶ大動脈の一部となっている。






にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
コメント

「希望」の作品に頂いた感謝状

2012年03月30日 21時38分10秒 | 日記

<感謝状の内容>

貴殿は南伊豆町新庁舎建設に際し町民の皆様に愛される庁舎にふさわしい書をご寄贈くださいまし

た。ここに、このご厚意に対して心より感謝の意を表します。


平成24年3月30日

南伊豆町長 鈴木史鶴哉



町長様はじめ町民のみなさま方に私の拙い書を掲示して頂き有り難う御座いました。心より御礼申

し上げます。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント

南伊豆町役場エントランスに飾られた「希望」

2012年03月30日 19時43分36秒 | 日記

希望とは望みを叶えることです。ある事象が実現すること。未来は美しい夢を信じる人のために

あります。太陽が輝く限り、希望もまた輝きます。希望さえあれば、どんな逆境にもたえられます。

希望は勇気であり新たな意志であります。希望を失わずに生きていけば、精神が集中して様々な

福音が生まれてきます。希望とは何事にも前向きに考えて行動するものです。希望は永久に人間

の胸に湧くものです。希望を持って生きていきましょう






にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
コメント