墨象家 | 書家 | 木村松峯(木村峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

調和体・近代詩文9

2011年10月31日 19時14分41秒 | 調和体・近代詩文

<読み> はなのかに つずくみずのか しょうぶみる

<説明> 菖蒲は水中または湿地に栽培されますが、庭でも育ちます。

6月頃大きな花が咲きます。色は紫・濃紫・白・絞りなどがあります。

江戸花菖蒲、肥後花菖蒲、伊勢花菖蒲の3系統が有り、1000種以上の品種が有りますが、

いずれ劣らず美しいです。花の翼、菖蒲田を絵巻物、

蛙、錦鯉などいろいろ想像すると楽しい俳句になるでしょう。

<意味> きちんと整備された菖蒲園だろうか、入園するとまず菖蒲の花の

香りがあった。歩いて行くうちに、水の香りがしてきた。

という意味です。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント

クリスチャン・ビエ「己が支配者だ」

2011年10月31日 18時55分03秒 | アート

クリスチャン・ビエ氏はフランス芸術家協会(ル・サロン)会長、フランス政府

シュバリエ教育功労勲章(パルム・アカデミック)叙勲。

フランス政府<シュバリエ(国家功労勲章)>、

テーラー財団グランプリ受賞、フランス軍隊公式画家。


9年程前に手に入れたクリスチャン・ビエの「己が支配者だ」

この絵を欲しいという人が現れて、泣く泣く手放しました。

買って頂いた方に愛着を持って飾られてもらえるよう願ってます。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント

書家・読売新聞その1

2011年10月31日 18時30分49秒 | 新聞

1989年3月21日火曜日   読売新聞の記事です。

<記事の内容>

柳川のご当地ソング立花さん故郷で発表会

「柳しだれる恋の街 粋な出会いの川下り.......」

柳川市出身の歌手で立花薫さん(本名・木村峯子さん)が

ご当地ソング「柳川の女」をビクターレコードから4月1日発売することになり、

20日同市内で発表を兼ねたチャリティーコンサートを開いた。

立花さんは、同市昭代中出身、県立伝習館高校を卒業市役所に一時

勤務した後結婚して上京した。

子供の頃から歌が好きで上京後「柳川の女」作曲家橋本一郎さんに師事して、

歌を勉強、伝習館時代の同級生で作曲家の故・古賀政男の甥に当たる

古賀譲次さんの紹介もあって昨年7月、ビクターレコードから

デビュー盤を発売した。

20日同級生の新開義喜三橋町長や柳川市役所を訪れてPRした。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント

書道教室の生徒の作品39

2011年10月30日 22時12分33秒 | 生徒の作品

5年生の山田真由ちゃんの作品です。この生徒は、6歳になった頃から

書道教室に通っています。書道も上手になって、特待生になりました。

なにごとも努力をすれば上手くなるものです。

4人兄弟の末っ子ですけど、とてもがんばり屋さんです。

教室へは自転車に乗って来て、夕方薄暗くなっても怖くないといって、

平気で帰ります。

とても感心な子です。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント

ハワイにて在りし日の義妹と

2011年10月30日 21時04分32秒 | 日記
 
↑左側が私で右側が義妹です

義妹の家の別荘がハワイにありました。ハワイといってもオアフ島ではなくカウワイ島です。

義妹に招待されたときの写真です。右の写真は、ハナレイの海だと思います。

12年前のことでした。プリンスヴィル空港に着いたら

妹夫妻が迎えに来ていました。なんと南伊豆に似てると思いました。

真冬でしたが気温が暖かく、服装のギャップで戸惑いました。

朝の光を浴びるワイアレアレ西側のアラカイ・スワンプは、

世界一雨量が多い所で年中雨が降っている所です。

そのすぐ西に広がるワイメア・キャニオンは乾燥しすぎるほど乾燥しています。

ワイメア・キャニオンを右手に見下ろしながらずっと登った先に

コケエ州立公園のセンターがあります。

ロッジがあり、小さいながら博物館があり、気の利いたレストランもあります。

このカウアイ島の海岸で「南太平洋」という映画が撮影された場所が

あるそうですが、時の経つのも忘れるような、素敵な場所ですね。

ここで過ごした12年前のお正月は想い出となり忘れられません。

義妹は今頃天国で亡夫と楽しかったハワイの話でもしてることでしょう。

どうかご冥福をお祈りいたします。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント