墨象家 | 書家 | 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

世界の名画/エドヴァルド・ムンク(32)

2018年05月17日 19時33分38秒 | 世界の名画

キャベツ畑に立つ男

●1916年。カンヴァス・油彩。縦136X横181センチ。オスロ国立美術館蔵。


オスロ大学の講堂の壁面に着手した頃から、彼は自己の内的な世界に対応する外部の世界、自然の

生命や野生の力、また労働する人々に目を向けるようになっている。自然の中で労働に従事する人

々は、人間の本来の在り方を示していると考えることができる。自然の力の脅威の前で、人間は生

きるために自然の力に対抗し、あるいは自然の恵みを受ける。それは▶︎雪の中の労働者◀︎の姿であ

り、またこの▶︎キャベツ畑に立つ男◀︎の姿である。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 書道家・漢字530 | トップ | 伊豆新聞掲載=アサギマダラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界の名画」カテゴリの最新記事