墨象家 | 書家 | 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書道教室の生徒の作品326/一重りん

2018年09月06日 19時43分50秒 | 生徒の作品

これは生徒の小学5年生の一重りんちゃんの作品です。1年ほど教室に通っていますが、だいぶ上

手になりました。基本がしっかりできているので、もう初段になりました。ますますお稽古して、

さらなる上を目指してください。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント

伊豆新聞掲載=看板設置し産卵地PR

2018年09月06日 19時27分04秒 | 新聞

<記事の内容抜粋>

河津建設が寄贈

南伊豆町湊の弓ケ浜海岸がアカウミガメの産卵地であることをPRしようと、休暇村南伊豆前の休

息所に看板が設置された。下田市の河津建設(河津建設社長)が寄贈し町役場委員会が設置したも

ので、4日にしゅん工式が行われた。

式で河津社長は「私たちは海の恵みで生きている。恩返しをしていきたい」と話した。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント

世界の名画/フランシスコ・デ・ゴヤ(11)

2018年09月06日 19時10分37秒 | 世界の名画

マドリッド1808年5月2日:エジプト親衛隊との戦い

●1814年。カンヴァス・油彩。縦266X横345センチ。マドリッド、プラド美術館蔵。


1808年5月2日、ナポレオン軍の暴挙に怒りを爆発させたマドリッド民衆は素手で立ち上がり、6

年にわたる独立戦争の火ぶたが切って落とされた。この画面は、その日、マドリッド旧市街の中心プ

エルタ・デル・ソール広場で立ち上がったマドリッド市民とナポレオンのモロッコ傭兵との激戦の模

様。制作年は1814年だが、2枚の下絵があり、1枚はラフなスケッチ風のものなので、事件当時に

描かれたものと考えられる。バックの明確化を避け、作者の視点を下げることによって、壮絶な戦闘

場面に、すべてのエネルギーが結集されている。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント