墨象家 | 書家 | 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

自然災害危機の対策56 アークコミニュケーションズ編集

2013年06月17日 17時52分35秒 | 自然災害危機の対策
提供:共同通信社。曲がった東京タワーの頂上部。


東日本大震災 続き  
首都圏にも激震が走った 「帰宅難民」は推計で約515万人

東日本大震災は、首都圏にも大きな衝撃を与えた。東京23区においてほぼすべての区で震度5弱以

上を記録し葛飾区内で送電線の鉄塔が倒壊するなどの被害が発生した。都心では鉄道各社は一斉に

運行をストップし、東京メトロと都営地下鉄は比較的早期に運転を再開したが、その後に地上の私

鉄各線が続き復旧が最後となったのはJRだった。これによって都心部から一斉に徒歩で帰宅を始め

た人々は日付が変わっても歩き続けることになり、首都圏にいわゆる「帰宅難民」が溢れた。


(出典:なるほど地図帳 日本の自然災害危機の対策 昭文社刊)






にほんブログ村 美術ブログ 今日の作品へ
コメント

自然災害危機の対策55 アークコミニュケーションズ編集

2013年06月16日 16時01分22秒 | 自然災害危機の対策
提供:共同通信社。ダム決壊で溢れた濁流が、ふもとの集落を襲った。福島県須賀川市にて2011(平成23)年4月19日撮影。

東日本大震災 続き
農業用ダムの決壊で集落がのみこまれた 内陸地でも「水」が牙をむいた

この地震では沿岸地域が津波によって甚大な被害を受けたが、実は内陸部でも「水」が猛威を奮っ

ていた。福島県須賀川市長沼地区にある農業用ダム「藤沼湖」の決壊である。藤沼湖は堤高18.5

m堤頂長133.2mの土を重ねて造られたアークダムだ。ところが地震直後にダムは決壊。流出した

大量の水が下流にある滝、北町両集落を襲い、死者7名、行方不明者1名の惨事を引き起こした。


(出典:なるほど地図帳 日本の自然災害危機の対策 昭文社刊)






にほんブログ村 美術ブログ 今日の作品へ
コメント

自然災害危機の対策54 アークコミニュケーションズ編集

2013年06月15日 18時58分23秒 | 自然災害危機の対策
資料提供:帝国データバンク



東日本大震災 震災による倒産が激増した 続き

岩手・宮城・福島の3県合計が、全体の1割を超える倒産件数を記録。震災後急速に冷え込んだ消

費のあおりを受けるなど、間接的な被害でダメージを受けて倒産するケースがほとんどだった。


(出典:なるほど地図帳 日本の自然災害危機の対策 昭文社刊)






にほんブログ村 美術ブログ 今日の作品へ
コメント

自然災害危機の対策53 アークコミニュケーションズ編集

2013年06月14日 19時32分18秒 | 自然災害危機の対策
廃墟となった釜石市の様子。提供:311まるごとアーカイブス/撮影:藤枝宏。


東日本大震災 続き
震災による倒産が激増した  間接被害型の倒産が大半

震災はすでに減速傾向にあった日本経済を直撃する結果となった。帝国データバンクの調査によれ

ば、東日本大震災による直接、間接の影響を受けた倒産は、震災からちょうど1年間で656件にも

上る。これは阪神・淡路大震災の発生から1年間の倒産数197件の3倍以上の数字だ。さらに、こ

れら倒産企業の従業員数は合計で10000人を超えた。都道府県別では岩手県17件(2.5%)、宮城

県29件(4.4%)、福島県33件(5%)と東北三県合計が全国合計の1割以上を占める結果となっ

ている。


(出典:なるほど地図帳 日本の自然災害危機の対策 昭文社刊)






にほんブログ村 美術ブログ 今日の作品へ
コメント

自然災害危機の対策52 アークコミニュケーションズ編集

2013年06月13日 21時23分54秒 | 自然災害危機の対策
提供:キリンビール株式会社。


東日本大震災 続き
被災したキリンビール仙台工場(左)とその操業再開(右)

屋外設置のビールタンク15本のうち4本が倒れるなどの被害を受けたが、2011(平成23)年9月

26日には再生造を開始、同年11月2日は出荷を再開した。


(出典:なるほど地図帳 日本の自然災害危機の対策 昭文社刊)






にほんブログ村 美術ブログ 今日の作品へ
コメント