墨象家 | 書家 | 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

スペイン・マドリードのソローリャ美術館

2011年10月10日 17時21分30秒 | 世界の美術館

スペイン外交派の画家ホアキン・ソローリャの美術館、邸宅を公開しています。邸宅の1階には、

アトリエとともに彼の作品や家具、愛用品がそのままに展示され、2階には風景画を中心とした

小作品が展示されています。この土地を愛していた彼の風景を取り込んだ珠玉作品の数々を鮮や

かな花が咲き乱れる美しい庭園とともに鑑賞できます。



<主な収蔵作品>

ソローリャの「自画像」「シェスタ」「ザウラズ海岸、日除の下にて」など多数収蔵展示され

ています。






にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
コメント

イギリス・リバプールのウォーカー美術館

2011年08月11日 17時04分18秒 | 世界の美術館

「ザ・ウォーカー」の名で親しまれている1877年開館の美術館です。リパプールの元市長であり

ビール醸造者でもあったアンドリュー・バークレー・ウォーカー郷の寄贈コレクションが基となっ

ています。1350年から1550年のイタリア・オランダ美術1550年から1900年の外国美術、1830

年までのロンドン以外のイギリス美術、ヴィクトリア朝の時代のイギリス絵画、現代美術、水彩、

素描、版画、写真から構成されています。コレクションの質が高いことで知られておりイギリスの

有名な美術館の一つとなっています。


<主な収蔵作品>

シモーネ・マルティーニの「聖家族」レンブラントの「若き男の自画像」ミレーの「イザベラ」

その他多数収蔵展示されています。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント

日本・札幌の芸術の森美術館

2011年08月10日 17時12分47秒 | 世界の美術館

21世紀に向けた芸術・文化の創造の場を創るため、札幌市が昭和61年に札幌芸術の森を開設しま

した。その中心として芸術の森美術館が開館されました。野外美術館と屋内美術館の2館で構成

されています。野外美術館には現代彫刻家達がこの地を訪れた時に創作した作品が展示されており

中でもヴィーゲラン作品は貴重であります。屋内美術館は近現代の作品を所蔵・展示しており札幌

ゆかりの作家の作品なども観ることが出来ます。企画展・特別展も常時開催されております。



<主な収蔵作品>

萩原守衛の「文覚」オーギュスト・ロダンの「眠れる女」グスタフ・ヴィーゲランの「母と子」

ダニ・カラヴァンの「隠され庭への道」 など多数収蔵展示しています。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント

イタリア・ミラノのブレラ絵画館

2011年08月09日 17時49分23秒 | 世界の美術館

イタリアの数ある美術館のなかでも、所蔵品の数・質の高さでトップクラスに入る美術館です。

1615年、建築家リキニの設計で造られたイエズス会の美術学校や図書館が1822年に国立絵画

会館として開館されました。美術学校の教材として収集された作品とナポレオンがミラノ占領時

代に集めさせた作品が所蔵されています。13世紀から20世紀までのヴィネツィア派を中心とし

たイタリア・ルネサンス絵画の名作が400点以上展示されています。



<主な収蔵作品>

マンテーニャの「死せるキリスト」ジョバンニ・ベリーニの「聖母子」「ビエタ」カルバッチョ

の「マリアの神殿奉献」ティツィアーノの「アントニオ・ポルチア伯爵の肖像」ベロネーゼの

「キリストの洗礼」ラファエロの「マリアの結婚」カラヴァッジヨの「エマオの晩餐」アイエツ

の「接吻」       など多数所蔵展示してあります。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント

日本・千葉市の千葉県立美術館

2011年08月08日 15時53分52秒 | 世界の美術館

昭和49年に開館された美術館です。管理棟、県民アトリエ館が増設され、現在は3館で構成され

ています。地域と世界、歴史と現代に立脚した「みる・かたる・つくる」をモットーに総合的な

機能を備えた美術館です。コレクションは千葉県にゆかりのある作家や、国内外の名作など

2000点を所蔵しています。県民アトリエでは美術情報の提供、日本画・洋画・金工などの実技講

座など地域に密着した活動を行っています。


<主な収蔵作品>

安井曾太郎の「熱海付近」木村賢太郎の「立像」浜口陽三の「パリの屋根」松尾敏男の「歴程」

浅井忠の「漁婦」香取秀真の「霊獸文大花瓶」ブールデルの「聖母子」ミレーの「垣根に沿って

草を食む羊」コローの「ナポリ近郊の思い出」クールベの「雪の中の子鹿」フォンタネージの

「牛を追う農婦」 など多数収蔵展示しています。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ

コメント