墨象家 | 書家 | 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

スイス・ウィンタートゥールのヴィラフローラ

2011年08月07日 18時38分05秒 | 世界の美術館

眼科医アルトール・ハーンローザは富豪ビューラー家の娘ヘディートの結婚を期に、スイスとフ

ランスの後期印象派のコレクションを始めました。夫婦の死後に開催された展覧会が評判を呼び、

1955年に財団化され1995年に邸宅が美術館として開館されました。夫婦と親交のあったナビ派、

フヲーヴの画家達や後期印象派の作品が展示されています。



<主な収蔵作品>

ボナールの「カンヌの桟橋」ゴッホの「夜のカフェ」マイヨールの「横たわる夫人」ヴァロットン

の「白と黒」 など多数所蔵展示されています。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント

フランス・コルマールのウンターリンデン美術館

2011年08月06日 21時34分55秒 | 世界の美術館

13世紀に建てられたドミニコ派修道院が19世紀半ばから美術館として一般公開されるようになり

ました。修道院らしく有名な祭壇画が多数あります。中でもこの武術館を有名にしたグリューネ

ヴァルトの「イーゼンハイムの祭壇画」は、祈りが込められ信仰心のこもった作風に圧倒されます。

祭壇画の他にも中世末期からルネサンス期にかけての北ヨーロッパの絵画コレクションや20世紀

美術コレクション、アルザス地方の民具が展示されています。



<主な収蔵作品>

グリューネヴァルトの「キリストの復活」クラーハナの「メランコリー」ションガウアーの「バラ

垣の聖母子」 など多数所蔵展示してます。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント

日本・東京の世田谷美術館

2011年08月05日 19時24分23秒 | 世界の美術館

昭和61年砧公園の一角に開館された美術館です。コレクションはフランスの素朴派から現代美術

まで、芸術の原点を問う作品を1万点所蔵しています。また、世田谷ゆかりの作家高山辰雄、向井

潤吉、船越保武などの作品や北大路魯山人の作品157点の塩田コレクションも充実しています。

収蔵品展や企画展ほか、創作室での講座、講演会、公開制作、パフォーマンス、小中学生のための

鑑賞教室など、様々な活動が行われています。生活に根ざした親しみやすい美術館となっています。



<主な収蔵作品>

北大路魯山人の「雲錦鉢」高山辰雄の「室内」向井潤吉の「雨後千曲川」船越保武の「杏」アン

リ・ルソーの「フリュマンス・ビッシュの肖像」オルネオーレ・メテルリの「楽師と猫」キーフ

ァーの「東から西へ向かう波」など多数収蔵展示されています。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント

アメリカ・シカゴのシカゴ美術館

2011年08月04日 16時46分05秒 | 世界の美術館

メトロポリタン美術館、ボストン美術館と並んでアメリカ3大美術館のひとつです。1866年に

シカゴ・アカデミー・オブ・デザインという美術学校が創設され、1882年にアート・インスティ

ュート・オブ・シカゴという現在の総合美術学校となりました。1893年付属美術館が一般公開さ

れるようになりました。現在は10部門から構成され、30万点以上の収蔵数を誇り2000点が展

示されています。収蔵数の90パーセント以上が地元シカゴの人達による寄贈品で、中でも4人

のコレクター、ポッター・パーマー夫人、マーティン・ライヤソン、アニー・スワン・ゴバーン、

フレデリック・バートレットによって印象派の充実、「優れた印象作品で有名な美術館」と称

される美術館の基礎を築きました。建築家フレデリック・バートレットがスーラの大作「グ

ランド・ジャット島の日曜日の午後」を門外不出の条件で寄付しており必見です。この美術学

校の卒業生であるジョージア・オキーフら、20世紀アメリカ美術・写真も充実しています。

シャガールがアメリカ建国200年を記念して制作したステンドグラス「アメリカの窓」の青い

光が美術館を彩っています。



<主な収蔵作品>

エル・グレコの「聖母被昇天」スーラの「グランド・ジャッド島の日曜日の午後」ルノワール

の「二人のサーカス少女」モネの「積みわら」セザンヌの「黄色い肘掛け椅子のセザンヌ夫人」

ゴーギャンの「なぜお前は怒るのか?」デルヴォーの「セイレン達の村」ホッパーの「ナイ

トフォーフス」グランド・ウッドの「アメリカのゴシック」など多数所蔵展示しています。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント

イギリス・ロンドンのナショナル・ポートレイト・ギャラリー

2011年08月03日 20時08分46秒 | 世界の美術館

1856年設立の肖像画作品のみを扱った美術館です。エドワード4世の時代から現代に至るまで

イギリス歴代国王、芸術・文化・科学・政治などあらゆる分野で活躍した人の絵画・写真・彫刻

作品による肖像コレクションが展示されています。



<主な収蔵作品>

ジョン・テイラーの「ウィリアム・シェイクスピア」ジョージ・フレデリック・ワッツの「選択

(女優エレン・テリーの肖像)」など多数収蔵展示されています。






にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
コメント