章魚庵つれづれ通信

日ぐらし硯に向かひて、遊墨三昧、遊印三昧??

謹賀新年です

2021年01月04日 | イラストと墨彩画

明けましておめでとうございます。
仕事始めの今日からボチボチと章魚庵開展です
さて永年パソコンと付き合っておりますと
雑多な絵やイラストのホルダが一杯になっている訳です
年賀状も保存ブツをごそごそ捜して組み合わせれば
出来るとの不届きな考えで手抜きを計るのです。
年末UPした牛飼童の下書きも書き直すのもメンドクサイと
余計な線を消して色も付けずそのまま使用です。
あと右上にヨゲンノトリ左上にアマビエ
牛飼童のバックの山は令和元年の山です。

ついでに24年前の丑年の年賀状
廓庵禅師の「十牛図」より「騎牛帰家之図」を描いてます。
十牛図というのは「禅の教えで、悟りに至るまでを10段階の
プロセスで表現したもの」らしいです。
詳しく知りたい方は検索を。

60年前の丑年の年賀状はゴム版に彫った牛。

確か小学校の5年生だったか?こんな感じだったと思う

12年前の丑年はというと喪中だったようでネズミから
トラに飛んでますなぜか寅年は2種類。

それではまた今年もよろしくです。

 

コメント (14)

2020年もあと少し

2020年12月25日 | 切り絵とイラスト

今年もあとわずかになりました。
この暮れにこんなモノを作ってます。

秋にアトリエの改修も終わり、窓が壁になったので
付けてみました。そば屋と間違われる?

まだ空きがあるのでこんなものも付けるか?と思ってます。
元はハンコなので超拡大してます。

ふと年賀状が気になりました
来年は丑年だそうです。牛捜してみました
牛をいっぱい描いてあります。暇だったのでしょう。

こんな牛らしきモノのイラストもありました。
パソコンで絵が描けるの~と言っていた時代に
試しにMacで描いたイラストの牛。

で年賀状の下書き(?)どうなることやら。

そんなこんなでコロナ元年もあとわずか
今日はクリスマス。メリークリスマス!
しかしこのトナカイは…

 

 

 

コメント (14)

外郎売り第十五 ういろうはいらっしゃりませぬか

2020年11月30日 | 切り絵

★下に追加写真あります

ぼうぼう眉に、臼、杵、擂鉢、ばちばち、ぐゎ
らぐゎらぐゎら(がらがらがら)と、羽目を外して今日
御出の何も様に、上ねば成らぬ、売らねば
成らぬと息せい引っぱり、東方世界の薬
の元締、薬師如来も上覧あれと、ホホ
敬って、ういろうはいらっしゃりませぬか。

と言う訳で「外郎売り」完走(時々チョンボ)です。
と言ってもただ切っただけで仕上げもままならず。
ま、一応終わったと言うことです。
始めたのが去年で、途中挫折しておりました。
ところがコロナでステイホームとか……
やることがないのでまた「外郎売り」と言う次第。

見直すと最初は闇雲に切っておったので
何とも読みづらいのですがだんだん慣れてきて
文字もこなれて読みやすくなったかな。と自画自賛。

15枚並べて見るとなかなか壮観では有ります。
クリックすると大きくなります

さて次は何しよう?

パタパタ折り本(ミニ版)作りました。

コメント (18)

外郎売り第14の段 這う子は育つか?

2020年11月17日 | 写真と切り絵

七つ起きして、早天そうそう、相州
小田原透頂香。隠れござらぬ、
貴賤群衆の花のお江戸の
花ういろう。あれ、あの花を
見て、お心をお和らぎゃっと
いう。産子、這子に至る
まで、此のういろうの
御評判、御存知ないとは申さ
れまいまいつぶり、角出せ、棒出せ

花のお江戸と産子、這子とまいまいつぶりと言うことで
桜と這子とまいまいつぶりを描いてみました。

気がつくともう12月年賀状はどうしましょう
来年は丑年とか人生6回目の丑年なのです…ア~ア。

バッハ会長はオリンピックやる気満々のようだけど
コロナが減りません……って言うか激増してない?

思い出すと今年は1回しか電車に乗ってない
Suicaが減りません……。

コメント (8)

外郎売り13 駄犬赤褌に吠える

2020年11月10日 | 切り絵

蕎麦切り、素麺、饂飩か、愚鈍な、
こ新発知。小棚のこ下に、小桶にこ味噌
がこ有あるぞ、こ杓子こ持って、こ
掬てこ寄せ。おっと合点
だ、心得たんぼの、川崎、
神奈川、程ヶ谷、戸塚
は走って行けば、灸を
擦りむく、三里ばかりか、
藤沢、平塚、大磯がしや、小磯の宿を

「川崎、神奈川、保土ヶ谷、戸塚は走って」
とありますので走らせてみました。飛脚です。
飛脚と言えばS川急便のマーク(?)!
今は飛脚の赤褌も消えてなにやら味気ない
トラックに成りました。
走ると言えば箱根駅伝はどうなるのでしょうか?
ここに来てなにやらコロナも不穏な動きです。
日々各々注意を怠らず……しか方法がないようです。

コロナ用心 火の用心……みたいな

コメント (12)

外郎売り11~12

2020年10月23日 | 切り絵とイラスト

外郎売り11

向の胡麻殻は荏(え)の胡麻殻か真
胡麻殻か、あれこそ本の真胡麻
殻。がらぴいがらぴい風車。
おきゃがれ小法師、おきゃ
がれ小法師。昨夜もこ
ぼして、又こぼした。
たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、
ちりから、ちりから、つったっぽ。たぽ
たぽ、干蛸落たら煮て食を。

外郎売り12

煮ても焼いても食わ
れぬ物は、五徳、
鉄弓、金熊童子に、
石熊、石持、虎熊、虎鱚。
中にも東寺の羅生門には、
茨木童子が、うで栗五
合、掴んでおむしゃる。かの
頼光の膝元去らず。鮒、
金柑、椎茸、定めて後段な、

気がつけば2020年もあと2ヶ月と少し。
外郎売り作り始めたのが去年の7月でした。
こればかりやってた訳じゃ無いけど。
この2枚を含めてあと5枚です。
文字だけでは飽きて続かないと思ったので
イラスト付けましたがこれが意外と面倒で……。
11は干蛸と言う文字からそのまま干しタコを
12は源頼光と茨木童子(酒呑童子の子分)。

コロナにも負けずインフルにも負けず
GO TOトラベルもGO TOイートにも行かず
いつもだらだらと過ごしている
そういうモノにワタシハ………。(T_T)
そんな感じで2020年も過ぎていくのです。

45年前バンコクのスケッチから。
運河のあたりをぶらぶらして描いた記憶が。

コメント (8)

外郎売り第9と第10

2020年10月07日 | 写真と切り絵

外郎売り9

一寸のお小仏に蹴躓(けつまず)きゃるな。
細溝に泥鰌(どじょ)にょろり。京の生鱈、
奈良、生学(まな)鰹、ちょと四五貫目。
お茶立ちょ、茶立ちょ、ちゃっ
と立ちょ、茶立ちょ。青竹
茶筅(ちゃせん)でお茶ちゃと立ちゃ。
来るわ来るわ何が来る、高野の
山のおこけら小僧、狸百疋、箸
百膳、天目百杯、棒八百本。

外郎売り10

武具馬具、武具馬具、
三武具馬具、合わせて
武具馬具六武具馬具。
菊栗、菊栗、三菊栗、合
わせて菊栗六菊栗。麦ごみ、麦ご
み、三麦ごみ、合わせて麦ごみ
六麦ごみ。あの長押(なげし)の
長薙刀は、誰が長薙刀なた
ぞ。

★外郎売りも第9第10というところまで来ました
ここまで来るとあと5枚ぐらいで収まるかな?
といったところです
このあたり早口言葉の言葉遊びになってます
そう言えばブグバグブグバグというのはこんな字であったかと
チョット感心してしまいました

大体一行彫るのが約30分と言ったところです。漢字が多いとイヤです
だとすると約4時間半で1枚完成するはずですが、そんなに根性続きません

ところで世の中脱ハンコだそうです。
ハンコ好きの章魚庵としてはどうもそんなに
嫌わなくともとか思ってしまうのですが……

はんこ屋さんも困ってます。
ハンコ文化までは否定しませんがとか言うけど
文化じゃメシは食えん!という
はんこ屋さんの言い分もよく分かります

ハンコと言えば最近お辞儀ハンコというのをききました。
くっだらねぇ!こんなこと真面目にやってる?とか思いましたが
こんな感じでしょうか?

 

 

コメント (23)

外郎売り 8

2020年09月22日 | 切り絵とイラスト

衛親嘉兵衛。古栗の木の古切口。
雨合羽が番合羽か。貴様の脚絆
も皮脚絆、我等が脚絆も皮脚絆。
尻皮(しっかわ)袴のしっ綻(ぽころび)を、三針針長
にちょと縫て、縫てちょとぶ
ん出せ。河原撫子
野石竹。野良如来野良如来、
三野良如来に
六野良如来。

暑い暑いと騒いでいたのに世の中すっかり秋めきました!
うかうかすると風邪ひきそうです。

と、言う訳で今年は台風もこちらに来ないで
良いあんばいだと思っていたら
ありゃこんなところに台風がみたいな感じで12号が現れて
去年の15号19号と同じようなコースで、すこしヤナ感じ。
あまり騒がれ無いこんな台風が結構やばかったりするのです。
ナントかおとなしく過ぎて欲しいもんです。

外郎売りも8枚目、切っても切っても今どこを走ってるのか分らない
ようなランナーの感じですが、下書きを並べてみると
折り返しを過ぎたあたりか?……下書き13枚目まで。まだ先はある
あ~あ……いつ完成するのでしょうか?

 

最近どこにも行ってないので昔の京都のスケッチブックから
河井寛次郎記念館で。相当前です。

コメント (6)

外郎売り7

2020年09月14日 | 写真と切り絵

おこそとの、ほもよろを。一っぺぎへ
ぎに、へぎほし、はじかみ。盆豆、盆米、
盆牛蒡。摘蓼、摘豆、摘
山椒。書写山の社僧正。
小米の生噛、小
米の生噛、こん小米
のこ生噛。繻子緋繻子、
繻子繻珍。親も嘉兵衛、子も嘉兵
衛、親嘉兵衛子嘉兵衛、子嘉兵

久しぶりに「外郎売り」第7の段みたいなことです。
第1~6の段はこちらです。
ここいら辺まで来るともうほとんど意味なく
早口言葉の羅列になってます。
「書写山の社僧正」ショシャザンノシャソウジョウ
言いにくいです。言ってみてください苛つきます。マジ

最も私の場合は語るのではなく切り文字ですので
後の二行繻子繻珍。親も嘉兵衛~あたりが画数多くてヤナ感じ
時間がかかり飽きました。ヤレヤレ!

昨日あたりから急に涼しくて風邪ひきそう……
涼しくなったので「お目出鯛」の額を作りました。

コメント (7)

秋の野の

2020年09月02日 | 墨彩画とハンコ

秋の野の尾花が末(うれ)を押しなべて
来(こ)しくも著(しる)く逢へる君かも

阿倍朝臣蟲麻呂 万葉集 第八巻1577

秋の野原に咲いているススキの穂先を
押し倒して来た甲斐あって
あなたにお逢いできました


昨日今日のお天気はもう秋なのですが…
残残残暑が又々ぶり返すのでしょうか
そろそろ台風も本格的に来るのでしょうか?
というわけで秋の夜長万葉集でも開いて(嘘ですが)
阿倍朝臣蟲麻呂さんの秋の唄を捜し出してみた訳です
蟲麻呂……なんかスゴくないですかこの名前。
さかなくん、カマキリ先生の上をいくでしょうか?

 

そんなことで私はというと
法隆寺経所印を真似して彫ってみました。
上部には左右唐草的な模様があったのですが
失敗したので削り取りました。

空いたところに章魚印と鯛印を押してみました。

 

迦楼羅王のガラス絵の額を塗りました。
チョット古びた感じに………?

 

コメント (12)