Shoes select shop Infinity∞ スタッフBlog

お店でお取り扱い中のお靴を中心にご紹介中。
秋田駅前のHOTな話題もたまにお届けしております。

足に合った靴選び・・・とは。

2012-03-08 17:20:46 | 靴についてのQ&A(お手入れGoodsのご紹介等)

クイーンサイズも充実の秋田駅ビルアルス2階シューズセレクトショップインフィニティ∞
の朝倉です

先日、BILKENSTOCKのカタログから
Foot Healthのお話」をご紹介しましたが

今日は「足に合った靴選び」についてお話し致します

まず、足との関係から見た「良い靴」は・・・というと
次の3点を兼ね備えている物が良い靴と言えます。

1.適合性
 靴を履いて立っている時に、足が靴が良く合っている状態で
 靴の形やサイズ(寸法)が足にピッタリとフィットしている事がまずは重要です。

2.適応性
 靴の機能が、足の運動に適応するように出来ている事が大切。
 歩いた時の足の動きの様々な変化に
 靴もうまく「適応」していなければなりません。

3.順応性
 厚さ、寒さなど、気候の変化によって
 靴の素材・形・作りなどがうまく応じている事が大切。
 また、汗などの生理現象に対して順応してくれる物も重要です。

この中でも、特に大切な「適合性」
靴を履いた時のフィッティングのポイントが7つあります。

●土踏まずが靴のアーチラインに合って(Fit)しているか。

●踵の重心位置がしっかり合っているか。

●つま先が靴の甲部分や前部にあたっていないか。

●巾がきつくないか、ゆるくないか。

●足の甲が上から圧迫されたり、靴に食い込んだりしていないか。

●踵まわりが余っていないか、あるいは足に食い込んでいないか。

●トップラインが開かないか。


土踏まずが浮いた様な状態では
ヒールの高いパンプス等は特に疲れやすくなりますし

踵の重心位置があっていないと
履いているうちに靴の形状を損なう原因にもなります

また、最近は外反母趾等を気にされて
サイズの大きめの靴をお求めになり
結果、履きにくくお足を痛めている方も多くなってきています。

「サイズの大きい靴は巾がゆっくりで・・・

確かに店頭であまり歩かずに試し履きをされると
そうお感じになるかもしれません。

しかし外で実際歩くにつれ、お足に対して大きすぎる靴は
本来足が収まるべきポジションが前にずれ込み
結果、巾の狭くなる部分に足を詰め込み
つま先などが圧迫され、ハンマー趾や巻き爪を引き起こす
原因を作ってしまいます。

ちょっと緩すぎたかな?
もしくはデザインがとても気に入っているのに
微妙に足に合わないという場合は
グッズも多様化していますので
合わせてご利用になられるのもオススメですが
まずは、自分に合う靴を見つけに
専門のスタッフにご相談されるのがよろしいかと・・・

しっかりとご自分に合った靴選びで
快適な毎日をお過ごしください







ジャンル:
ヘルス・ビューティ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【Timberland】 Bell Island ... | トップ | 【absolute】NO.7525 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

靴についてのQ&A(お手入れGoodsのご紹介等)」カテゴリの最新記事