夢空間塾 書・遊ing 『 なんでもありの句の会 』

ア-ト書・・『 創作書の世界 』を・・・『 愉しい書の世界 』を・・・そして『 なんでもありの句 』を・・・

2017年7月 『何でもありの句の会』

2017年07月12日 | ブログ展

 

 

 

2017年7月

『何でもありの句の会』

 

 

 

 

夏の空

あなたのこころ

胸に沁み  (賀子)

 

 

 

アリガトウ

心で変換

サヨウナラ  (みなみ)

 

 

こころ弾む

勝負パンツ

洗車雨   (Ranko)

 

 

 

 

 

 

梅雨晴れ間

みどり黄みどり

青みどり  (歩々)

 

 

 

初恋に

今  何 思う

古希の君   (姫)

 

 

 

 

かざりつけ

駅員さんに拓し

帰路急ぐ  (ウィルバ-)

 

 

 

ほととぎす

きくならきかせて

もう一度  (賀子)

 

 

 

 

夕立に

大きな傘を

差しかける  (みなみ)

 

 

 

母の笑み

見たくて見たくて

日々通い  (Ranko) 

 

 

 

 

 

冷奴

たのみに思う

きのうけふ  (歩々)

 

 

 

夕立ちに

人生のうそ

流そうか  (姫)

 

 

 

 

 

 

超超人

生命の昇華

パラリンピアン  (さとし) 

 

 

 

 

青緑の

まばゆき仏

中尊寺  (ひろ)

 

 

 

 

 

 

駅員さん

ほっこりタイムと

ホ-ムの上  (ウィルバ-)

 

 

 

雨光る

宇宙艦隊

あじさい号  (さとし)

 

 

 

 

 

 

愛 無言

あなたの背中

大輪の花火   (賀子)

 

 

 

緑陰に

ドットの木漏れ日

探す朝  (みなみ) 

 

 

 

 

 

 

 

君想い

越えて行きたし

天の川  (ひろ)

 

 

 

 

遠まわり

熟愛の女

深き谷  (昌暘)

 

 

 

 

 

 

剛速球

受けてみたい

父のこころ  (Ranko)

 

 

 

ひたすらに

夏ねぎきざむ

女あり  (歩々)

 

 

 

 

 

 

思い馳せ

いのち重ねて

天の川  (ひろ)

 

 

 

マクロンも

板挟みの

マカロンか  (昌暘)

 

 

 

 

 

 

 

あじさいを

色 いろ イロと

楽しんで   (姫)

 

 

 

作品に

びくびく蛙と

名付けられ  (ウィルバ-) 

 

 

 

 

権力は

理想ある

人格者が持て (昌暘)

 

 

 

 

 

 

美を競い

静黙し姿

花菖蒲  (ひろ)

 

 

 

鏡の前

着せ替え 着せ替え

モンロ-ウォ-ク (Ranko) 

 

 

 

 

 

 

夏服を

風と一緒に

まとう朝  (歩々)

 

 

 

暴言議員

主治医もハゲて

違うだろ       (さとし)

 

 

 

 

遊ぼうか

ヒアリヒアリと

女王蟻  (昌暘)

 

 

 

 

 

 

 

衣捨て

ありのまま

只ありのまま  (賀子)

 

 

 

入道雲

大泣きすれば

跡形もなく  (みなみ)

 

 

 

 

 

 

俳聖の姿

揺らめく

平泉  (さとし)

 

 

 

仲 裂かれ

ICBM

天の川  (昌暘)

 

 

 

 

雷の

ゴロゴロの音も

耳になれ  (姫)

 

 

 

 

 

師 曰く

筆はつえとちがう

ごもっとも  (ウィルバ-)

 

 

 

 

びくびく蛙

集音マイクに

要注意  (昌暘)

 

 

 

 

 

 

品のある

ないは

どこにある

立場ではなく

すべてに

品と

威厳は

自負して

生きたい

 

2017.7.12

今 川 昌 暘

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月の 『何でもありの... | トップ | 2017年8月『何でもありの句... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ展」カテゴリの最新記事