まほろば俳句日記

毎日見たこと聞いたこと感じたことを俳句にします。JーPOP論にチャレンジ。その他評論・エッセー、学習ノート。競馬も。

【篠原鳳作忌】33度に戻る・・今とは違うあの時代の新興俳句の凄み*深夜カフェ付/新俳句入門

2020-09-18 04:17:35 | 新俳句入門
メランコリーことさら強む鳳作忌(9月17日) まほろば  最新作 即興
今日は33度まで上がるようです。昨日は30度には達しませんでしたが、かなり蒸れる一日でした。出来れば久し振りにラジオ体操に出て、その足で上野辺りに出向きたいところです。9月17日は新興俳句の【篠原鳳作忌】でした。 しんしんと肺碧きまで海の旅 という代表作があります。無季かつ心象(イメージ)表現の激烈なまでに極まった17音短詩と言えます。現在まで継承された《俳句》の本質的な一面をことさらに強調している記念碑的な一句です。さて、そろそろ夜明けが近づいています。翌日の9月19日は【彼岸の入】です。好天に恵まれる週末の一日を楽しみたいと思います。・・・《続く》

THURSDAY JAZZ




この記事についてブログを書く
« 【秋高】また30度に近づく... | トップ | 【頑張れ!大谷翔平】残り1... »

新俳句入門」カテゴリの最新記事