木曽路 しずも草子(道の駅賤母ブログ)

国道19号、木曽路の南玄関口からホットなメッセージをお届けします。

スッキリ !

2013-01-30 14:18:43 | 日記
自販機コーナーを移設しました。
これまで農産物の直売場だったところに
自動販売機を移設しました。

(もう1台移設する自販機がありますが、そちらは2/1に移設します)

で、今まで自販機コーナーだったところは…

2月に入ったら工事を始じめ、
3月いっぱいの完成予定で
農産物販売場を建てることになっています。
これで、賤母の外通路がかなりスッキリし、
歩きやすくなるはずです。
乞う、ご期待です。

あした(31日)の道の駅賤母
決算棚卸しのため
臨時休業させていただきます。

道路距離表

2013-01-28 16:08:39 | 日記
賤母の内外に設置しました。

お客さまへの情報提供の一環として
「道路距離表」なるものを作り、館の内外に取り付けました。
R19号の道筋、中津川ICから松本市まで。
賤母を起点として、主要地点までの距離を表示しています。
R19号から枝分かれする主だった観光ポイントも記載していますから、
どこから入っていくのかがお判りいただけると思います。
ぜひご利用ください。
当初は時刻表にしようかとも考えたのですが、
所要時間というのは道路状況によって変化しますから、
あえて距離表にしました。
所要時間はこれを利用するお客様がご自身で計算してください。
ただ、途中信号があったりしますから、
クルマで走る時速を元に単純計算するよりもかかります。

因みにこの表示板、
道の駅かわうえの駅長さんのご子息が
看板屋さんをやっていて、
その彼に製作を依頼しました。
彼、こんなローカルなところに拠点を置いていても
結構メジャーな仕事もこなしていて、
所ジョージの「世田谷ベース」(でしたっけ)
とも関わりがあるみたいですョ。


氷雪の灯祭り

2013-01-27 13:19:21 | 日記
きのうから始まりました。
きのうの帰り道、国道から村道に入ると
道の両側に点々と灯りが。
そうか、きょうから始まったんだ。
「木曽路 氷雪の灯祭り」。
きのうの初日から、2月16日の最終日まで
週末の木曽路は各地で順番にこの催しが。
氷で作った雪洞に明かりをともし、道路わきに並べた様は
夜の闇の中で、なんとも風情があります。
とくに、きのうは雪が降ったあとで、
雪洞が半ば雪に埋もれるような形で置かれていたため
周囲の雪がローソクの灯に照らされ、ことさら幻想的でした。
残念ながら、カメラを賤母に置いたままの帰宅でしたので
写真は撮ることができませんでした。
ワタシの住んでいる地区は、宿場ではありませんが、
妻籠宿(2/16)や馬籠宿(2/9)、奈良井宿(2/9)といった
昔の面影を残したところでは、さぞかしムードが漂うことだろうなぁ。

フォトコンテストも開かれるようですので、参加されてみてはいかがでしょう。
※「木曽路 氷雪の灯り祭り」について、詳しくは
木曽観光連盟ホームページ http://www.kisoji.com/ で紹介しています。

雪・雪・雪・雪

2013-01-26 17:08:30 | 日記
本日の木曽地方
雪でした。
昨夜から降り始め、
今朝のワタシの自宅付近、約30cm、
賤母も、約10cmの積雪。
賤母周辺では、今シーズン最高の積雪です。
今朝方、R256号、妻籠の先で事故があり、
救急車が走り回っていました。
一方、幹線道路のR19号の方は事故もなく流れています。
ただ、夕方になって雪が上がり、
空にはうっすらと青空が。
今夜は凍結が心配です。
スピードは控えめに、車間は十分に。
急ブレーキ、急ハンドルはゼッタイにダメッ!

行ってきました。

2013-01-24 12:49:25 | 日記
2日間、ご不便をおかけしました。
山口特産開発の研修旅行。
無事行って参りました。
研修先の道の駅「富士川楽座」では、
スケールの大きさに圧倒され、
東名高速のSAと併設されているという立地には
ただただ羨ましさを感じるのみ。
上を見たらキリがないので、
自分たちの置かれた状況の中で如何に工夫を凝らして、
魅力的な道の駅にしていくかだなぁ、
というのが実感でした。

さて、宿泊地の箱根。
芦ノ湖周辺はすごい霧につつまれ、
遊覧船もロープウェイもパスして、
箱根駅伝ミュージアムと美術館に予定変更。

帰路の2日目は、
まず、三島大社へ。
三島大社といえば
山森農産の守護神、大山祇命[おおやまつみのみこと]と、
俗に恵比寿様と呼ばれ、福徳の神として
商・工・漁業者の厚い崇敬をうける積羽八重事代主神[つみはやえことしろぬしのかみ]、
の御二柱の神が奉られ、道の駅にとってもまんざら無縁ではありません。
しっかりお参りしてきました。