木曽路 しずも草子(道の駅賤母ブログ)

国道19号、木曽路の南玄関口からホットなメッセージをお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台風接近にもめげず

2012-09-30 14:19:49 | 日記
きょうからの新商品紹介です。
まず、トップバッターは
飛騨・高山にある飛騨牛ステーキ専門店「キッチン飛騨」の
《飛騨牛カレー》と《リブロースカレー》。

2~3人前のカレーが入った缶スタイルです。
先日、飛騨美濃すぐれものということで試食させていただいたのですが、
めちゃうまで、我が家ではネット通販でお取り寄せしました。

もう一つは
奥美濃古地鶏の骨付手羽元唐揚。


生肉を仕入れ、賤母で味付け調理した
揚げたての唐揚です。
軽食コーナーで、1ピース50円で販売しています。
ぜひ味わってみてください。


さて、台風17号 接近ということで、きょうのお客さん
引けが早いようです。
外売りのお店も
花、おやき、農産物直売、ピザ、ごへーもち とも先ほどから片づけをはじめ
早々と閉店です。(フランクはきょうは休業しました)
道の駅も、きょうは午後7時までの営業日ですが、
状況によっては早仕舞いの可能性もあります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

予定変更

2012-09-29 17:44:49 | 日記
台風17号の影響で
予定変更を余儀なくされるイベントが出ています。
中津川市で開催されるぎふ清流国体レスリング競技。
競技自体は行われるようですが、それに伴うイベントが中止になり
輪が、木曽ごへー本舗でも会場外でごへーもちを販売する予定でしたが、
あすは中止になりました。
坂下・椛の湖のそばの花祭りも中止のようです。
南木曾町・与川の観月会もおそらく中止でしょう。
台風には勝てません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きょう 開幕

2012-09-29 14:21:53 | 日記
“ぎふ清流国体”
が、きょうから県内各地で始まりました。
そのPRのため、マスコットキャラクターの「ミナモ」が
午後早い時間に賤母にやってきました。
朝から各地を回り始め、賤母のあとにもあちらこちらに
顔出しするそうです。
  

  

「ミナモ」を見つけたちびっ子たちは、
握手をしたり、記念撮影をしたりと大喜びでした。
(ま、中には泣き出す子もいましたけどね)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きょうの電話

2012-09-27 17:44:42 | 日記
某テレビ番組の制作担当者から電話がありました
“秋に向けて、新商品とか、何か話題はありませんか?”
“栗きんとん大福はおかげさまでことしも相変わらず好調ですが、新しい商品ですか…
う~ん、これといって思い浮かばないですねぇ”

“外のごへーもちはどうです?
木曽ごへー本舗で売りに来てますか?”

“ええ、毎週土・日・祝日には来て焼いていますよ。
そうだ、10月28日の日曜日に「ふるさと馬籠ごへー祭り」というのが開催されますけど。
今年25回目です。”

その後、ごへー祭りの話し、
外売りのフランクフルトの話し、
なぎそねこの話と、いろいろこちらの様子をお話して、
“じゃ、検討して、また電話させていただきます”
ということで、電話を終了しました。
何か、番組で取り上げてもらえるような話題があったのか…
またの電話を心待ちにしています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飛騨・美濃すぐれもの

2012-09-26 14:42:45 | 日記
岐阜県が認定した…
岐阜県の看板商品があります。
岐阜県ならではの豊かな自然やものづくりの伝統を活かし
物語性、オリジナリティ、高品質、安全安心などの観点から
厳選されたものだそうです。
まもなく始まる《ぎふ清流国体》にあわせて、
これらの商品の販売に力を入れようと
ステッカーやのぼり旗などの販促グッズが届きました。

数あるすぐれものの中で、現在賤母で販売しているのは
「奥美濃古地鶏のハム」


「山岡の細寒天」


そして、
「女城主の特別純米酒」(現在、在庫完売で写真がありません)

の3種類。

もちろん、こうした公機関の認定を受けていなくても、
飛騨・美濃や信州/木曽・伊那には、いいものすぐれものがたくさんあります。
賤母では、こうした地域の“隠れた逸品”を発掘し、
皆さんに紹介してまいります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする