木曽路 しずも草子(道の駅賤母ブログ)

国道19号、木曽路の南玄関口からホットなメッセージをお届けします。

棚卸

2011-08-31 09:58:23 | 日記
きょうの賤母、臨時休業です。
中間決算棚卸です。
お店は、売店も、レストランも、軽食も、“お休み”。
スタッフが、総出で在庫商品を数えています。
この調子でいくと、午後の早い時間には終了。
でも、きょうは“休み”です。
今回は、棚卸が終わった後には
3日、4日のイベント準備が控えていますが、
来年は、棚卸が終わったら、店を開けようかと考えています。

ところで、棚卸の最中、入口にはその旨の張り紙をし、
カーテンを閉めて、入口ドアも自動ではなく手動にしていますが
それでも中に入ってくるお客さんが。
スタッフや手伝いに来てくれた業者さんが出入りするので
それを見て入ってくるのでしょうが、
張り紙とか、見ていないのでしょうか。
ま、ご不便・ご不自由はお掛けしているとは思うのですが…

水難事故

2011-08-29 11:13:48 | 日記
昨日…
木曽・大桑村の阿寺渓谷(あてらけいこく)で
水難事故発生。
橋から、川にダイブして遊んでいた30歳の男性が行方不明に。

阿寺渓谷は、木曽川の支流で、水がきれいなことで知られている渓谷です。
雨が降っても、濁りがなく、
水の色がコバルトブルー。

木曽川に注ぎ込むあたりは、少し下流にダムがあって、
水深も深く、そこにかかる阿寺橋からダイブする人の姿は
夏になるとよく見かけます。
数年前にもそこで水難事故が発生していたので、
今回もその場所かと思ったら、もっと上流。

上流にはいくつかの淵や滝があって、景観もよいのですが、
淵になっていないところは流れも急で、水温も低いため、
水遊びはしていても、ダイブする人はほとんど見かけませんでした。
そんなところでダイブ遊びをするなんて…
ジモティーから見たら、自殺行為ですよ。

つい先日も、付知川で遊んでいた女性が流されて水死するという事故もあり
“都会人よ、川を侮るな”です。
とくに最近はゲリラ豪雨も多く、その場所で降っていなくても
上流で雨が降って、増水するケースがよくありますからね。


今度の土・日
道の駅賤母では感謝祭があります。
東濃の道の駅や、木曽の道の駅から出張ってきて物販をしたり、
1000円以上のお買い物をしていただいたお客さんにはお楽しみ抽選会。
そして、バンド演奏や、大道芸、太鼓演奏のアトラクション。
紅白の祝い餅の配布など
楽しみが盛りだくさん。

ところが、いま、日本に向けて台風が接近中。
天気が心配です。

行列のできる●●●

2011-08-28 10:47:41 | 日記
“晴れ”らしい“晴れ”
夏休み最後の日曜日は“晴れ”
ここ数日間は陽射しがあっても、いつ降り出すか分からないような空模様の日々。
でも、今日の空は今のところそんな気配はありません。
(天気予報では、午後は雨になるようなことを言っていましたが…)
気温も上昇して、《かき氷&ソフトアイスコーナー》には
ごらんの人だかり。

順番ですよ~。順番ですからねぇ。
すぐできますから待ってくださいねぇ。


最後の週末

2011-08-27 12:16:15 | 日記
夏休みもあとわずか
海、山、川、湖、高原…
今年の夏休みは、どこにお出かけになりましたか?
きょう、あすは、夏休み最後のウイークエンド。
それをエンジョイしようと、きょうも朝からお客さんの姿が。
でも、ことしは気のせいか、お子様連れの姿が例年より少ないような。
そして、お盆の時期を除くと「夏休み」の人出にしては少ないような。
雨が降ったり、天候状態もあまりよくありませんでしたからねぇ。


きのうの「木曽路道の駅連絡会」
“木曽菜”の漬物を道の駅として開発して行こう。
ということで話はまとまったのですが、
生産者は?、加工は?、どれだけ生産するの?、と
まだまだ詰めていかなければならないようです。
もうすぐ今年の作付け時期。
とりあえず、ことしは試作の年にしようということでまとまりました。
製品になるのは11月終わり頃。
とりあえず数量限定での販売ですね。

ワタシは、木曽菜というものをよく知らないのですが、
野沢菜に似た野菜で、野沢菜よりも柔らかいのだそうです。
ただ、非常にデリケートな野菜で、
他の菜野菜の近くで栽培すると、交雑してしまうのだそうで
栽培も難しそうです。
それに、寒冷地でないと、これまた変質が起きてしまい
賤母のあたりでは暖かすぎて栽培不適地らしいのです。

情報交換

2011-08-25 12:36:25 | 日記
昨日の「東濃道の駅連合」の定例会。
会議終了後、BBQしながら懇親会。
10駅中9駅の駅長が集まって、
さまざまな情報交換が。
参加した各道の駅の状況のほか、
ちょうど土岐どんぶり会館の駅長が、
九州から帰ったばかりということで
最近、九州方面にできた新しい道の駅の情報も。
「道の駅」というのは、国土交通省が認定した施設で
トイレ、駐車場、情報設備を備えたもの。
特産品やら、農産物やらレストランやらの販売所は
その道の駅に地元自治体などが併設した施設。
だから、全国には、物販施設のない道の駅だって存在しています。
で、どんぶり会館の駅長が言うには、
物販施設が、スーパーだったり、コンビニだったりする道の駅が
最近、出現しているとか。
ま、お盆やお彼岸の時期に“線香置いてませんか”というお客さんや
“熨斗袋ありませんか”などというお客さんがたまにいますから、
それも一つの方向だとは思うのですが、
“その土地の特産品を求めて、道の駅めぐり”という観点からすれば
楽しみが損なわれてしまいます。


さて、あしたは“木曽路道の駅連絡会”の会議。
「木曽菜」という菜っ葉を使った商品開発を、
という話です。