blog

0913

2016-09-15 21:47:54 | 日記
2日経って

パートナーは
広げてみせる


あんなに酷いことを言った私に

いつものように


時間をおいて考えぬいた
答えのようなものを


私が投げたことへの答えのようなものを

それは細部がとりとめもなく広がり

夢物語に思えるとこまで広がっていくわりには

なんの解決もせんように思えるけど


長い長いお話を
途中から上の空で聞きながら


「もう…なんでもいいわ」と
思ってた

なんでも
どんな風でも

彼と一緒なら。


こんな男は他におらんだろうよ

私の男

優しさに胸をうたれる

真摯さに
不器用さに

ゆえの

弱さに

まいるわ


そして私は
また少し反省している






まさかの
「症状がおさまっちゃいました」宣言

急に明るさを増した彼女に

浮わついた軽さを感じ

身勝手を取り戻し
また短絡的なことを言い出すんじゃなかろうか
なんて


一瞬
不穏な不安を感じたが

これも
なんでもいい気がしてきた



まま

本気で引き受けたい
わけでもないよね



流れのままに
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 0912 | トップ | 0914 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿