漢方処方と漢方の証の相違

漢方的病理の把握の仕方により漢方処方が違ってきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

48.悪風

2008年10月21日 | Weblog
「悪風」には、陰・陽・表・裏・水氣の別があります。 「悪風」の症状の記載されている処方を傷寒論、金匱要略より取り出して見ますと . . . 本文を読む

47.往来寒熱

2008年10月19日 | Weblog
「往来寒熱」は邪が半表半裏にある時の症状であります。つまり、少陽に属します。 故に下しをかけてはなりません。 「瘧状の如し」の證と頗る似ています。 「往来寒熱」の症状の記載されている所を、傷寒論、金匱要略より取り出して見ますと . . . 本文を読む

46.潮熱

2008年10月15日 | Weblog
「潮熱」とは、實熱であります。 「潮熱」の症状の記載されている所を、傷寒論、金匱要略より取り出して見ますと . . . 本文を読む

45.煩熱

2008年10月03日 | Weblog
「煩熱」とは、熱の為に、苦煩することであります。 「煩熱」の症状の記載されている所を、傷寒論、金匱要略より取り出して見ますと . . . 本文を読む

44.大熱

2008年10月01日 | Weblog
「大熱」の大は、体表を指して、その熱を言います。全く熱が無いという事では有りません。 「大熱」の症状の記載されている所を、傷寒論、金匱要略より取り出して見ますと . . . 本文を読む