漢方処方と漢方の証の相違

漢方的病理の把握の仕方により漢方処方が違ってきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

14.冒眩

2007年09月28日 | Weblog
冒眩は頭がかぶさった様でめまいのするものであります。 . . . 本文を読む

13.眩冒

2007年09月28日 | Weblog
眩冒とは、めまいがして目が見えなくなることであります。 . . . 本文を読む

12.冒昧

2007年09月28日 | Weblog
冒昧の記載ある条文を金匱要略の中から探してみました。 . . . 本文を読む

11.冒

2007年09月27日 | Weblog
冒という証が記載されている条文を、傷寒論・金匱要略の中から探して見ますと次のようなものがあります。 . . . 本文を読む

10.癲眩

2007年09月27日 | Weblog
癲眩とは、たおれるように目がくらむこと、又は地の中へでも引き込まれる様な気がして目が見えなくなることであります。 . . . 本文を読む

9.頭眩

2007年09月26日 | Weblog
頭眩は、目眩の劇しきものを言います。頭がぐらぐらして目の先が真っ暗になることです。頭眩の証の記載されている条文を傷寒論、金匱要略の中から引用してみました。 . . . 本文を読む

8.目弦

2007年09月19日 | Weblog
目眩は、目がくらむ、めまいのことで傷寒論、金匱要略に記載されている条文を取り出してみますと次のようなものがあります。 . . . 本文を読む

7.眩

2007年09月16日 | Weblog
眩という証の出ている条文を傷寒論、金匱要略から引用してみますと . . . 本文を読む

6.目瞑

2007年09月15日 | Weblog
目瞑とは目がくらむ事であります。 傷寒論と金匱要略の中に目瞑と記載されています条文を取り出してみますと . . . 本文を読む