猫の日暮らし

大阪南河内でTNR、保護啓発活動しています。
不幸な命をうみださない社会をめざして。

猫ともクラブ開催のお知らせ〜10/31大阪狭山市11/14富田林市

2021-10-23 22:50:24 | Cat'sdaylife.物販、啓発活動、猫ともクラブ
2015年より管理してる現場がゼロになって
4ヶ月目
とうとう新入りがやってきました。
早い〜

子猫らしく1週間見かけるので
餌やりさんが娘さんに相談したところ
飼ってた犬も亡くなり、もう1匹くらい飼えるよ
と保護することになったそうです。

去年になつこくなった黒猫くまモンくんも
動物好きな娘さん家族のお宅で
幸せに暮らしています。

麦わらちゃんは捕獲したら外では触れないものの
威嚇もなく大人しくあきらかに人馴れしています。
それが同じような猫が付近にもう2匹いたらしく
他の見守りの方が手掴みで保護できたので
それぞれに連れて帰ってくれたそうです。

このように毎日の見守りがないと
また新しい猫が来て、すぐに元通りになるのです。
餌だけ与えてればまたこの子猫から繁殖がはじまります。
春には10匹くらいになってたかも。
生後5か月くらい 雌 かわいい!

人と猫が共生するために
TNRそのものは目的ではなく手段です。
その後の日々の適切な見守り管理がとても大切です。
それを担うのが地域の餌やりさん。
未不妊の猫に餌をあげっぱなしにするのではなく
適切な管理のできる地域を増やしていきたいです。
また現場はゼロに戻りました〜
よかった笑!

とはいっても、その見守り活動は
時間もお金も体力もいる
とても大変なものです。
個人的に一番大変だなと思います。
毎日餌やり、掃除、片付け
周りの啓発やコミュニケーションをとり
猫の健康チェック、何かあればお薬を投与したり
怪我をすれば病院に行ったり、年中休みなし
雨の日も風の日もハードな活動です。
猫への大きな愛がないと
できない活動だなと思います。

迷惑な餌やりさんもいるけど
適切な活動をする餌やりさんも
たくさんおられることを知って欲しいです。
まだまだ餌をやるな!と言われることもあります。
説明をすると理解してくれる人も多いです。

円滑に活動するために地域の理解と協力が必要です。
地域にこのように活動をしてることを
知ってもらわないとなりません。
また見守りメンバーが増えるといいな。

そのようなお話を
10/31猫ともクラブイン大阪狭山市できけます。
富田林市は来月14日開催します。

猫のことでひとりで
悩んでおられる方おられませんか?
猫の活動って大変そうって思われがちですが
自分にできることだけでいいんです。
無理はしなくていいです。
でも不幸な猫が身近にいるなら
勇気を出して
手を差し伸べてみてはもらえませんか?
保護はできずともTNRだけでもいいのです。

それに周りに猫ともさんがいたら
どれだけ救われるでしょう。
1人の人間がたくさんの命は救えません。
地域で助けあうことが必要です。
大変な活動ではありますが
今ある命を大事にする大切な活動です。

そんな堅苦しい会ではありません笑。
参加費無料
何かしないといけないわけでもありません。
まずは知ってもらうこと!

身近な猫に困ってる方にTNRやその意義を
伝えてもらうことでいいと思うのです。
どうぞお気軽にお集まりくださいませ〜
富田林市
所有者のいない猫対策事業
人と猫が共に生きるまちをめざして
ふるさと納税を利用した
ガバメントクラウドファンディング
で寄付金募集中〜
12/29まで
ご協力お願いいたします!

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« マロンプリン、幸せはどこま... | トップ | 10/30(土)キャットソシオン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。