日が沈む前に飲む酒はウマい

朝昼晩、時間を問わず飲んで喰って面白おかしく過ごす、そんな人生を歩みたいです。

本場博多の味を学べる 東大和市『大学ラーメン』

2018年01月21日 | ラーメン、つけ麺など
先週末は、大学入試センター試験があったそうで。
私が高3だったのは、もうずいぶん前だけど、連日徹夜で大変だった記憶しかないなあ…
あ、そういえばボクちゃん、センター試験受けてなかった。 ※徹夜の理由は麻雀
ナニ? センター試験どころか、大学にも入ってないんだろうって? 
バカ言っちゃいけない。こう見えても、大学はちゃんと行ったぜ。それも2校も。 
ひとつが、府中市の分倍河原駅近くにある焼肉店『ホルモン大学』、


そしてもうひとつが、今回紹介する『大学ラーメン』


正式な店名は『元祖長浜 大学ラーメン』という、博多豚骨ラーメンのお店だ。


なお、上記の写真3枚、いつも以上にひどい画像で申し訳ない。夜間の撮影、できないんだよ。

初めて大学ラーメンに入学…じゃなく訪問したのは、以前紹介した東大和市駅近くの串カツ店『串寅』さんの帰り。
  串カツだけでなく、煮込みも絶品の良店だよ。
こちらが当該記事http://blog.goo.ne.jp/shiyoudayuuji/e/ebd9c763a02a300621a36da91f8f2c36
※クリックしても、こちらの記事には飛べないのであしからず

飲み食いしたあとなのに、ラーメンでシメたくなってね。なお、串寅から大学ラーメンへの移動は、徒歩だと結構かかるし、
そもそも東大和市駅からは遠ざかることになるので推奨はできない。
店内はカウンター席のみで、通路には昔懐かしいストーブが置いてあった。
結構酔っていたので、酒類は頼まず「ラーメン」650円と「焼ギョーザ」の半(ハーフ)200円を注文。

接客担当は若い女性店員だったが、彼女が女子大生なのかは不明。
しばらくすると、さっきのお姉さんが、ラーメンと半餃子を運んできてくれた。


丼周辺のアブクが、いかにもスープをじっくり煮込んでいるようで、期待が高まる。


こちらが半餃子。1人前が6個で400円なのに、3個200円なのはありがたい。

さっそくラーメンを食べてみたところ、スープに臭みはほとんどないものの、味はなかなか濃厚。
濃いと言ってもしょっぱいわけではなく、豚骨から出たと思われる旨味も豊富で、本場・博多長浜のよりイケる。
長浜のラーメン、屋台で1度だけ喰ったけど、意外とあっさりしてたんだよね。
麺は福岡から粉を仕入れて作る自家製の細麺。注文通り「ばりかた」に茹でられていた。
驚いたのが、大中2枚入ったチャーシューが、柔らかいけど味がしっかりしていて、スープに負けないこと。
餃子もなかなか秀逸で、パリパリに焼かれた皮の中には、やや甘味を感じるアンが詰まっており、
かじるとエキスがほとばしり、つけダレ用の小皿にこぼれた汁を、なめたくなるほどおいしい。
スープと麺だけでなく、具もサイドメニューもウマいとは!
今度、空腹のときに改めて来よう…と思った数秒後、やっぱり我慢できず、「替玉」を追加オーダー。


さっきは「ばりかた」だったが、今度は「柔らかめ」にしたので、小麦粉の旨味をほどよく感じる。
ラーメンの麺って、個人的には柔らかめの方がウマいと思うのだがどうかな?
ちなみに茹で時間は、ばりかた12秒、硬め30秒、普通50秒、柔らかめが確か1分以上、粉落としが2秒だったかな。
こちらのお店は、小麦粉が高騰する以前から、替玉は150円とちょっと高め。
ただし、高校生以下は1玉無料と、屋号通り将来大学を目指す若者にはやさしいようだ。
卓上のゴマ、紅生姜、にんにくなどを駆使して麺をたいらげ、スープもすべて飲み干したところで、今度こそ退店。

数日後、空腹&シラフで再訪。びん「ビール」500円と、「焼ギョーザ」に「水ギョーザ」の半人前を注文。


ビールはサッポロラガーの中びんで、メンマとネギをごま油で和えた小皿が付いてくる。
焼餃子は相変わらずウマく、1人前(6個)頼んで正解。すぐにビールお替り。
下記写真は、水ギョーザ3個。値段は「焼」と同額で、半人前は200円。


ネギが散りばめられた餃子に、酸っぱいダレをつけて食べる。茹でた分、皮がモチっとしてるね。
おつまみはこの他、「チャーシュー」「明太玉子」、そしてこの日は売り切れだった「たこバター」がある。
次回はたこバターとチャーシューで一杯やるかな。
この日のシメは、「チャーシューつけ麺」の並1000円。前回、チャーシューが気に入ったのでね。


麺はラーメンとは異なる中太麺。つけダレは、酸味と辛味が加わっているけど、ちゃんと豚骨臭も残っている。
5枚並べられた期待のチャーシューは、この日はどうもイマイチ。こんなはずでは…。
途中で、ラーメンのように加熱しようと気付き、温かいつけダレに沈めたところ、やっぱり美味しくなった。


つけ麺も悪くはないけど、このお店ではやはり、ラーメンの方が圧倒的におススメだね。
私の知る限り、多摩地区では屈指の豚骨ラーメン店だと思うよ。

大学を出たのかどうかも忘れてしまい、まっとうな人生からはドロップアウト=落第した私だが、
こちらの『大学ラーメン』には、今後も熱心に通学し、豚骨ラーメンのウマさを学ばせてもらう。
冒頭で触れた『ホルモン大学』も、そのうちこのブログで紹介するのでよろしく。


元祖長浜 大学ラーメン
東京都東大和市清原4-10-10
西武線東大和市駅から徒歩約13分
営業時間 火~金11時半~15時 18時~22時 土日祝11時半~22時
定休日 月曜(祝日の場合は営業し、翌日が休み)
※売り切れ次第早じまい
コメント   この記事についてブログを書く
« やっぱり安い姉妹店 大森『... | トップ | その後の『天下一品』煮込み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラーメン、つけ麺など」カテゴリの最新記事